シュピール'17:日本からの出展

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ・エッセンで10月26日から4日間にわたって行われているボードゲームメッセ「シュピール」には、51カ国が出展者として参加している。その多くはヨーロッパか北米からの出展だが、その中で日本からの出展もいくつか存在する。

日本からの出展は、外国語での出展手続き、会場への販売物の搬送、英語やドイツ語でゲーム説明する人の手配など困難が多い。さらに今年は、本部がCEマーク(日本のJISマークのようなもの)の取得を義務付けたため、箱にシールを貼ったりするなどたいへんだったようである。そんな困難を乗り越えて出展している諸団体を誇りに思う。

オインクゲームズは、遠くからでも分かるブルーを基調としたブースで出展。通常の2倍サイズでR.クニツィアの『モダンアート』を発売した。残念ながらライセンスの関係で日本では販売できないということで、日本人も買い求めていた。
spiel17-oink.jpg

11回目の出展となるヤポンブランドは、『キャプテンダイス』『化石鉱脈』『パーフェクトホテル』『侍鳥』など17タイトルを出展。木曜日は恒例の行列ができた。
spiel17-japon.jpg

itten/一年中未来は『TOKYO HIGHWAY』『ハツデン』『TRIBE』『ぽんこつファクトリー』を展示販売。会場の一番奥にある8番ホールでも、海外のレビューなどで気になった人が訪れていた。
spiel17-itten.jpg

同じく8番ホールで出展していたリトルフューチャーは『キティズ』と『フルーツパティスリー』を展示販売。安価なカードゲームということもあって手に取ってもらいやすいようだ。
spiel17-lf.jpg

『シェフィ』『ゴリティア』を出展している冒険企画局と、『ソラシノビ』『ドワスレ』『アニマルマインド』などを出展しているグループSNEの合同ブース。こちらは1番ホールと、人通りの多い立地にある。
spiel17-bksne.jpg

ホビージャパンはオリジナル作品の『たたらばと森』と『ダイスエイジ』を体験販売。『ダイスエイジ』は先行販売で、日本では来月初頭の販売が予定されている。
spiel17-hj.jpg

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンクフリー このバナーをお使いください