『コードネーム:デュエット』日本語版、1月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月中旬、ドイツ年間ゲーム大賞の受賞作品のシリーズ新作『コードネーム:デュエット(Codenames Duet)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:V.フヴァチル&S.イートン、イラスト・T.クチェロフスキ、2人以上、11歳以上、15分、3000円(税別)。拡張セットではなく、単独でプレイできる。

『コードネーム』は2016年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、『ピクチャーズ』『ディズニー版』『マーベル版』など展開をしている。本作は今夏に発売されたもので、ルールをアレンジし、2人で協力してプレイできるようにしてある。パートナーと協力して、敵の暗殺者を避けつつ、時間内に味方のエージェント全員と接触しよう。

テーブル上にワードカードを並べ、ヒントをもとに所定のワードを連想で当てるというところは『コードネーム』と同じ。ただし所定のワードは2人でそれぞれ異なり、当てるたびに状況は刻一刻と変わっていく。決められた手番数・失敗数の中で、全てのワードを当てることができたら勝利だ。

2人だけでなく、2チームに分かれてプレイすることも可能。またキャンペーンでプレイできる「ミッションマップ」が入っており、難易度を変えて繰り返しプレイできるようになっている。ワードカードは『コードネーム』と同じデザインなので混ぜて使うこともできる。

TGiWレポート:コードネーム:デュエット

内容物:協力プレイ用の緑のエージェントカード15枚、デュエット専用の両面印刷のキーカード100枚、残りターン数を管理する時間トークン11枚、恐るべき暗殺者カード1枚、ミッション・マップの冊子1冊、カードスタンド1個、ルールブック1部、オリジナルの「コードネーム」と共用できる両面印刷のワードカード200枚(400語)

CodeNamesduetJ2.jpg
ヒント「歯、3枚」。歯から連想されるワードはどれだろう?

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンクフリー このバナーをお使いください