小春日和の森林散策ゲーム『インディアンサマー』日本語版、1月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

indiansummerJ.jpgホビージャパンは1月下旬、『インディアンサマー(Indian Summer)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク、イラスト・A.ベークホフ、1~4人用、10歳以上、プレイヤー人数×15分、5500円(税別)。

ベルリンのボードゲームカフェ「シュピールヴィーゼ」から昨年発表された『コテージガーデン』が好評だったことから、「パズルゲーム三部作の第2弾」と銘打って今秋発表された作品。ローゼンベルクが『パッチワーク』(2014年)、『オーディンの祝祭』(2016年)と取り組んできたパズルタイルを組み合わせるボードゲームの系統作品だ。タイトルは日本語で小春日和という意味で、温かい秋の日を指す。森を散策して、小さな宝物を見つけよう。

プレイヤーは6つのエリアに分かれた自分の林床ボードに、さまざまなかたちの木の葉タイルを配置して埋めていく。木の葉タイルには穴が空いており、林床に配置するとその穴から宝物(木の実・キノコ・ベリー・羽根)が見えるようになっている。自分の林床を隙間なく覆い、かつ穴から宝物が見えるようにするにはパズル思考が求められる。

エリアを1つ埋めるたびにそのエリアの宝物を獲得し、宝物の効果で林床をより早く覆えるようになる。またさらに、穴のかたちを合わせて動物タイルを配置することで、さらに宝物が手に入るという二重のパズルになっている。使用するタイルは中央のストックから自分のストックに補充し、キノコを使うことでほかのプレイヤーのストックを使うこともできるため、ほしいタイルをめぐる先取りのインタラクションも楽しめる。

箱のサイズが『コテージガーデン』より大きくなった人気ゲームデザイナー・ローゼンベルクの注目の新作。1人プレイ用ルールも付属する。

内容物:両面印刷のボードゲームパーツ2枚、両面印刷でいろいろなパターンの林床ボード6枚、木の葉タイル75枚、動物タイル20枚、リスチップ32枚、宝物チップ80枚、リュックサック(サマリー)4枚、組み立て式のブルーベリーの茂みコマ1つ、ハイキングシューズタイル1枚、ルールブック1冊

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンクフリー このバナーをお使いください