協力してモンスターを撃退せよ!『砦の守護者』日本語版、3月8日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

BastionJ.jpgアークライトは3月8日、協力ゲーム『砦の守護者(Bastion)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.ニキティン&N.ペガソフ、イラスト・S.ドゥリン、1~4人用、14歳以上、45~60分、5800円(税別)。

オリジナルはホビーワールド(ロシア)から2015年に発売された作品。その後、ズィーマンゲームズ(カナダ)が昨年、英語版を発売した。デザイナーのN.ペガソフは『絶滅ダウト』の作者でもある。ヒーローのミニチュアコマと六角形のボードが目を引く作品。

プレイヤーは広大な要塞を守るために残った4人の英雄となり、城壁へ迫る暗黒の勢力を撃退する。暗黒の勢力を導くのは、邪悪な魔導士、狡猾な竜、恐ろしい伝説上のモンスターたち。侵略者を撃退するには、要塞に備えられた魔力の源も利用しなくてはならない。

12種類のモンスター、10種類の伝説のモンスター、2種類のゲームボード、4種類の難易度設定、4種類のシナリオが含まれており、暴力が荒れ狂うファンタジーの世界はゲームごとに変化する。

内容物:地区タイル6枚、英雄コマ4体、マナ・ディスク90枚、モンスターの巣窟1個、記録トークン50個、中央砦1枚、モンスターカード82枚、儀式カード30枚、早見表シート4枚、城門コマ(プラスチックスタンド付き)1個(カードサイズ:56mm×88mm)

BastionJ2.jpg

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンクフリー このバナーをお使いください