ボードゲーム売上ランキング2017まとめ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

年末から年始にかけて、ボードゲームショップや日本語版出版社で2017年1年間の売り上げランキングが発表されているのでまとめ。ショップによって品揃えが全く異なるため比較はできないが、ランキング不動のものは定番といってよく、新作でランクインしたものは評価されているものとして注目できるだろう。

各ランキングのリンク先では11位以下も見ることができる。カッコ内は原語タイトル。原語タイトルがないものは国産ゲームであることを表す。リストに遊んでいないゲームがあったら、どこかで試してみよう。愛好者個人による昨年のベストボードゲームランキングはこちら

メビウスゲームズ (東京・水道橋)
 1位:ワードバスケット
 2位:ごきぶりポーカー(Kakerlakenpoker)
 3位:おばけキャッチ(Geistesblitz)
 4位:ハゲタカのえじき(Hol's der Geier)
 5位:ニムト(6 nimmt!)
 6位:ガイスター(Geister)
 7位:お邪魔者(Saboteur)
 8位:カルカソンヌJ(Carcassonne)
 9位:ぴっぐテン(Pig 10)
 10位:ヒューゴ(Hugo)
メディアで紹介されたワードバスケットが2年ぶり1位。新作はコンプレットが13位、デジャブ14位、グリュックス18位で10位以内に新作なし。

ホビージャパン
 1位:ドブル(Dobble)
 2位:パンデミック:新たなる試練(Pandemic)
 3位:ドミニオン:第二版(Dominion)
 4位:ディクシット(Dixit)
 5位:コードネーム(Codenames)
 6位:宝石の煌き(Splendor)
 7位:アイスクール(Icecool)
 8位:ドミニオン:帝国(Dominion: Empire)
 9位:T.I.M.Eストーリーズ(T.I.M.E.Stories)
 10位:ダイスフォージ(Dice Forge)
3位まで昨年と同じ。新作は『アイスクール』が最上位で、6位まで新作なし。

イエローサブマリン (全店)
 1位:犯人は踊る 第三版
 2位:ハコオンナ
 3位:ダンジョンブマンダム エイト
 4位:ナンジャモンジャ・ミドリ 日本版(Toddles-Bobbles)
 5位:桜降る代に決闘を 第壱拡張:夜天会心
 6位:コヨーテ(Coyote)
 7位:ラブレター
 8位:桜降る代に決闘を 第弐拡張:機巧革命
 9位:Not My Fault!~俺のせいじゃない~
 10位:桜降る代に決闘を 第二幕
『桜降る代に決闘を』シリーズが好調。

ゲームストア・バネスト (名古屋)
 1位:イクジット(脱出:ザ・ゲーム)シリーズ(Exit: Das Spiel)
 2位:キングドミノ(Kingdomino)
 3位:サント・ドミンゴ(Sant Domingo)
 4位:ズーポリス(Zoo Police)
 5位:スラフ・オフ!(Sluff Off!)
独自の輸入ゲームが並ぶ中、『キングドミノ』が入り込む。

ディアシュピール (東京・東中野)
 1位:プライバシー日本版(Privacy)
 2位:クランク!(Clank!)
 3位:チェックポイントチャーリーの捜査犬(Checkpoint Charlie)
 4位:ボブジテン
 5位:クランク!沈む財宝(Clank!: Sunken Treasures)
 6位:フューズ(Fuse)
 7位:狩歌
 8位:ルールの達人
 9位:メモアァーール!(Memoarrr!)
 10位:グリュックス(Glüx)
卸売ランキングでは『チェックポイントチャーリーの捜査犬』が1位。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンクフリー このバナーをお使いください