『サイズ-大鎌戦役-:彼方よりの侵攻』日本語版、3月29日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

scytheexp1].jpgアークライトは3月29日、話題作の拡張セット『サイズ-大鎌戦役-:彼方よりの侵攻(Scythe: Invaders from Afar)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.ステグマイアー、1~7人用、14歳以上、90~140分、4200円(税別)。プレイするためには『サイズ-大鎌戦役-』が必要で、この拡張セットに合わせて再販される。

1920年代の東欧別世界で繰り広げられる大国の衝突がテーマの戦略ボードゲームに、「アルビオン」と「戸川幕府」というふたつの新しい所属国が参入。基本セットの5カ国と加えて7人まで遊べるようになった。それぞれ独自のスタイルで侵攻を進める中、支配者となるには新しい戦略が求められる。

基本セットは昨年12月に日本語版が発売されたが、予約が殺到して品薄となっていた。基本セットをまだ遊んでいない愛好者でも、日本が入った拡張セットということで興味が出る人もいそうだ。

内容物:拡張用ルール説明書1冊、コイン7枚、プレイヤーマット2枚、修正用タイル2枚、アクショントークン2個、支持マーカー2個、戦力マーカー2個、星章トークン12個、施設トークン8個、新兵トークン8個、メックコマ8個、キャラクターコマ2個、労働者トークン16個、技術開発キューブ12個、所属国専用トークン8個、拡張用オートマ説明書1冊、オートマカード6枚(※カードサイズ57×87mm)


(写真は英語版)

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
リンクフリー このバナーをお使いください