2018年3月アーカイブ

アダルトボードゲームフェス in OSAKAレポート

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

3月31日(土)、大阪のライブシアター「なんば紅鶴」にて「アダルトボードゲームフェス in OSAKA」が開かれ、ほぼ満席の44名の参加者で大いに盛り上がった。。

abfo2018-1.jpg

日本のアダルトボードゲームの振興を目指して行われた初のイベント。ゲームマーケット2018大阪の前日に、ビキビキビンビンラジオ公開収録、日本のアダルトボードゲームを考案するワークショップ、世界のアダルトボードゲームの試遊が行われた。出演は朝戸一聖(タンサンファブリーク)、酢豚(ポッドキャスト「豚の鳴き声」/グループSNE)、momi(ポッドキャスト「ほらボド!」)、川口正志(ディアシュピール)、川西喜勝(collectio)の各氏と、当サイトの管理人。

会の趣旨の説明の後、早速ビキビキビンビンラジオの公開収録。その様子はいずれ「豚の鳴き声」で公開されると思うが、大勢の観衆を前にアダルトな話を開陳するのはさすがに緊張した。そのせいもあって予定より早めに終了。

その後に椅子を移動してグループに分かれ、ワークショップがスタート。テーマから考えてもいいし、海外作品のアレンジやローカライズを考えてもいいということを予め伝え、30分の時間で自由に話し合ってもらって、最後にテーブルごとに発表して頂いた。

これが予想を超える盛り上がりで、どのテーブルも熱心に語り、大笑いしている様子が伺えた。大阪のノリも手伝ったかもしれないが、ゲームデザイナーもおり、関東の方もいて、化学変化が起こったのかもしれない。「非常に貴重な時間を過ごせた」と酢豚氏。考案されたゲームも『ディルドイット』『イトナミックス』『カーリンピュ』『ゴールドフィンガー』シルシルミシル』『アオカン』とどれも遊びたい作品ばかり。

その後に海外のボードゲーム体験では、明日のゲームマーケットに合わせて来日するB.フェデュッティ氏のアクションゲーム『カーマスートラ』が実プレイされた。ゲームストア・バネストさんが輸入販売しているので持っている人は多いと思うが、実際にプレイするのは勇気がいる作品だ。指示された体位で風船を割るというゲーム。見ていても楽しい。

abfo2018-2.jpg

最後に次回以降の展望を語ってお開き。このイベントの狙いは、参加者がインスピレーションを得て自分のオリジナル作品を作り、発表して頂くことにある。ゲームマーケットは成年向け商品の販売・プレイはできないという制限があり、別な場所を模索しなければならない。次回の会場の検討もすでに始まっており、今度は有志が作ってきてくれた試遊販売できるイベントを目指している。

abfo2018-3.jpg

『ボードゲームカタログ 202』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

スモールライトは本日、高円寺のボードゲーム専門店「すごろくや」による紹介本『ボードゲームカタログ202』を発売した。フルカラー136ページ、1800円(税別)。

2011年に発売された『ボードゲームカタログ』、2013年に改訂された『ボードゲームカタログ201』をさらにバージョンアップ。コンポーネント、ロマン、ワイワイ・フィジカル、運が楽しい、知識・記憶、協力・チーム戦、パズル・推理、心理・感受性、駆け引き・ジレンマ、戦術・戦略系の10のジャンルに、新たなジャンル「ゲームの本」を加えて202タイトルを紹介する。

全体の約半数にあたる90タイトルを入れ替えているので、新規購入者だけでなく、旧版をもっている人でも最新の情報が楽しめる。

高円寺0分すごろくや:ボードゲームカタログ202 link

オインクゲームズ、GM大阪で『ZOGEN(ゾーゲン)』を先行発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

オインクゲームズは、4月1日のゲームマーケット2018大阪にてスピーディーなパターン認識ゲーム『ZOGEN(ゾーゲン)』を先行発売する。ゲームデザイン・C.カンツラー&A.ヴレーデ、アートワーク・佐々木隼、アートワーク:2~6人用、6歳以上、20分、2200円(税別)。ゲームマーケット会場(ブース番号A19)では特別価格2000円で販売される。

プレイヤーは研究員となり、常にめまぐるしく動いてい小さな生き物の世界で変化をいち早く見つけることを目指す。カードには「マル」「ツキ」「ヤマ」「シリ」と呼ばれる微生物が描かれている。スタートプレイヤーが1枚のカードを中央に表向きに出したらゲームスタート。出されているカードに描かれた微生物から、1体増えているか、1体減っているカードを手元から探し出し、増えた微生物(もしくは減った微生物)の名前を言いながら、早いもの勝ちで中央にカードを出していく。カードは上書きされるので、誰かが出したらまたすぐカードを探し直さなければならない。

誰かが間違ったカードを出したり、間違った名前を呼んだりしたら「ゾーゲン!」と叫んで指摘できる。間違ってしまったプレイヤーはペナルティを受け取るが、指摘されなければ間違えても特に問題はない。どさくさに紛れて違うカードを出すプレイヤーがいるかも。

最初に手札が3枚に減らした人が1位。その時点の手札の枚数で順位が決まる。とても簡単なルールですが、めまぐるしく上書きされる場のカードに、脳が悲鳴をあげることでしょう。微生物の名前は自由につけかえて遊ぶこともできる。

みんなですぐアツくなれる、スピード感あふれるパーティゲーム。あわててしまって全然出せないもどかしさと、きれいに繋がってどんどん出せたときの爽快感が心地よい作品で、ハンデをつけるなどして小さなお子さんから大人まで、いっしょに楽しめる。

内容物:カード96枚、得点チップ35枚、遊び方説明書(日本語・英語)

オインクゲームズ:ZOGEN(ゾーゲン)

東京江古田にボードゲームカフェ「goonie cafe」4月1日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・江古田に4月1日、ボードゲームカフェ「goonie cafe(グーニーカフェ)」がオープンする。西武池袋線江古田駅徒歩30秒、13:00~23:00、月曜休。

日本大学芸術学部出身で学習塾の責任者をしてきた清水正太郎氏と、同大学の同期でカメラマン業務などを経験してきた篠田築氏が共同で経営するカフェ。開店に先立って設備投資のためのクラウドファンディングが行われ、目標の10万円を大幅に超える33万4千円が集まった。

約40席の店内で、定番ゲームから国内の同人ゲームまで150種類以上のボードゲームが遊べる。100インチの大型スクリーンがあるほか、WiFiも充実しており、パーティーからPC作業までさまざまな使いみちが可能だ。料金は1時間500円で1日最大2000円、ワンドリンク制。学割あり。

goonie cafe
東京都練馬区小竹町1-58-1 東京第6ビル2F
[Web link] [Twitter link]

ゲームマーケット2018大阪:国産オリジナル新作リスト

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット2018大阪に発表される国産オリジナル新作ボードゲームリストを公開します。

ゲームマーケット事務局に寄せられた出展者からの情報に基づくもので、拡張、新版、伝統ゲームのアレンジは含み、輸入ゲーム、日本語版、TCG、TRPG、SLG、グッズ、書籍は除外しています(ただしゲームマーケット新作評価アンケートでは今回から全て含まれる見込みです)。

修正点がありましたら、ツイッターなどでご連絡下さい。本日中にご連絡いただいた分については、ゲームマーケット事務局に伝え、新作評価アンケートに当日から掲載されます。現在のところ新作は110タイトルです。

ダイスドラフトで宇宙開発『パルサー2849』日本語版、4月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pulsar2849J.jpgホビージャパンは4月下旬、チェコのSFボードゲーム『パルサー2849(Pulsar 2849)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・V.スーヒー、イラスト・S.メディング、2~4人用、14歳以上、60~100分、6000円(税別)。

昨秋のエッセン・シュピールでチェコゲーム出版から発売された作品。昨年『コードネーム』でドイツ年間ゲーム大賞を受賞した同社は、よりこだわりの作品を作るようになっている。スカウトアクションでは上位に入らなかったが、BGGレーティング平均が7.81とゲーマーから高い評価を得ている。

恒星間航行が実現した2849年、星間エネルギーブームの時代に、開発企業となって恒星「パルサー」周辺で球状星団を開発する。宇宙空間に巨大建造物を建設して、企業の勢力範囲を拡大する。宇宙規模のエネルギー供給システムを駆使して高い業績をあげよう。

メインはダイスドラフト。毎ラウンド、ダイスを振って出目別に分け、そこから選んでアクションを行う。アクションは新しい宇宙船の追加、新しい星系の訪問、パルサーからのエネルギー網構築、技術トラックの進歩など。そして毎ラウンド、発見したものや探検したものに基いて得点が入り、ゲーム終了時にも自分の業績に応じたボーナスを加えて合計点を競う。勝利にいたる道筋はいくつもあり、ダイスを用いながらも戦略性の高い作品だ。

内容物:星団ボード1枚・ダイスボード1枚・ジャイロダインボード1枚・銀ダイス9個・赤ダイス1個・中央値マーカー1枚・時間マーカー1枚・ダイス修正ボード1枚・技術ボード6枚・本社ボード4枚・伝送機タイル24枚・惑星系タイル17枚・4色のプレイヤートークン各30枚・4色のロケット駒各3個・4色のパルサー獲得リング各6個・4色の100点タイル各1枚・ジャイロダインタイル30枚・工学キューブ25個以上・キューブ4個トークン12枚・探険ボーナスタイル12枚・目的タイル6枚・+/-1ダイス修正トークン12枚・+2ダイス修正トークン9枚・建設報賞(7点)タイル3枚・建設報賞(4点)タイル3枚・ルールブック・技術マニュアル・クイックリファレンスシート4枚

ゲームマーケット2018大阪、4月1日開催

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

4月1日(日)、インテックス大阪にてアナログゲームイベント「ゲームマーケット2018大阪」が開催される。10時から17時までで、5000人以上の参加を見込む。入場料1000円(カタログ付き1500円)、小学生以下は保護者同伴で無料、中高生は学生証提示で無料。

通算35回目を迎えるアナログゲーム専門の総合イベント。関西での開催は7回目で、昨年までの神戸から移転しての開催となる。ボードゲーム、TCG、TRPG、SLGなどの各ジャンルにわたって、企業から同人サークルまでが創作、輸入、中古、書籍、関連グッズが展示販売する。5,100(前回神戸比+33%)㎡のホールに257(前回神戸比+59)団体が出展。100タイトル以上の新作が出展される。

出展ブースでは無料体験卓が多く設けられるほか、TRPG体験コーナー、どうぶつしょうぎコーナー、こどもゲームコーナーが設けられ、カフェ・レストランも併設されており、購入だけでなく、幅広い年代が楽しいひとときを過ごすことができる。

特設イベントとして、『あやつり人形』の作者B.フェデュッティ氏がフランスから来日。サイン会のほか、15時からカナイセイジ氏、林尚志氏とのトークショーが行われる。こちらも要チェックだ。

ゲームマーケット公式

『デッド・オブ・ウインター:コロニー・ウォーズ』日本語版、4月26日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

dowcwJ.jpgアークライトは4月26日、協力と裏切りのゾンビゲーム『デッド・オブ・ウインター』の拡張セット『デッド・オブ・ウインター:コロニー・ウォーズ(Dead of Winter: Warring Colonies)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.ドーチ、J.ギルモア、T.メイヤー、I.ヴェガ、4~11人用、14歳以上、60~120分、5000円(税別)。

『デッド・オブ・ウインター』基本セットおよび『デッド・オブ・ウインター:ロングナイト』(いずれも日本語版発売済み)の両方に対応する拡張セット。オリジナルは昨秋、プラッドハットゲームズ(アメリカ)から発売された。これまで2~5人用だったこのゲームを、多人数でプレイできるシナリオが入っている。

新規の職能者、支援カード、交差点カード、危機カードなどが加わり、2つのコロニーが資源と領土を巡って戦争を繰り広げる。新たなる同時進行のメカニクスによる時間競争、どこにも所属せず秘密の目的を追求する一匹狼がおり、より幅広い遊び方が楽しめる。

内容物:交差点カード50枚、危機カード11枚、砦の使命カード4枚、職能者カード15枚、砂時計1本、抗争判定器2個、一匹狼の密命カード8枚、一匹狼の任務カード14枚、戦術カード10枚、弾丸トークン33発、職能者コマ15個、施設ボード・一匹狼のねぐら1枚、戦況ボード1枚、ルールブック1冊、トラック・マーカー2個、職能者のコマ立て15個、ランダム支援カード43枚、早見表シート10枚(※カードサイズ63×88mm、41×63mm)

dowcwJ2.jpg

ボドゲde遊ぶよ!! phase 11-6

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

タモリ倶楽部でお寺ボードゲーム特集

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テレビ朝日系の深夜番組『タモリ倶楽部』で昨日、お寺ボードゲーム特集が行われ、ようがくじ「不二の会」の向井真人氏らが出演して『檀家-DANKA-』や『WAになって語ろう』を紹介した。

「お釈迦さま生誕2480年くらい記念!お寺ゲームを通して檀家の増やし方を考える」というタイトルで、お寺の本堂にタモリ氏、ライムスター宇多丸氏、吉田靖直氏(トリプルファイヤー)が出演。僧侶は向井氏のほか浄土真宗の青江覚峰氏、真言宗の田中宥弘氏が出演した。

『檀家-DANKA-』はダイスを振ってその出目で催し物や建造を行い、檀家を増やすゲーム(TGiWレビュー)。『御朱印あつめ』に続くお寺ボードゲーム第2弾として一昨年のゲームマーケットで発表された。番組では法要や鐘楼について解説しているうちに1手番で終了となってしまった。続いてはお寺ボードゲーム第3弾『WAになって語ろう』(TGiWレビュー)。カードをめくって出てきた質問を隣の人にして会話を盛り上げるコミュニケーションゲームで、出演者の知られざる一面が垣間見られた。

番組を通じて出演者がお寺の本堂でくつろいでいる様子が映され、敷居が高くて近寄りがたくなりがちなお寺を解放し、親しんでもらうことがタイトルの「檀家の増やし方」になっているようだった。向井氏が副住職を務める東京深川の陽岳寺では定期的にお寺でボードゲームイベントを行っており、また現在、浄土双六ペーパークラフトの制作プロジェクトで連続ワークショップも開いている。

ようがくじ不二の会

埼玉志木に親子ボードゲームカフェ「JELLY JELLY FAMILY」オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

全国に7店舗を展開中のボードゲームカフェ「Jelly Jelly Cafe」は本日、埼玉・志木駅前のショッピングモール「マルイファミリー志木」内に、親子ボードゲームカフェ「Jelly Jelly Family」をオープンする。東武東上線志木駅徒歩1分、10:30~20:00、無休。

昨年秋にマルイシティ横浜で3ヶ月の期間限定でオープンした「Jelly Jelly Kids」の後継店。今度は親子だけでなく、シニアや友だちも楽しめるコンセプトで、100種類以上のボードゲームを揃える。ゲーム選びやルール説明は知識豊富なスタッフが行い、販売コーナーも用意し、知育玩具から大箱ボードゲームまで扱う。

料金は大人も子どもも最初の30分500円で、平日1日1500円、土日祝1日2000円。小学生以下の子どもは平日1日1000円、土日祝1日1500円で、保護者は500円となる。小学4年生以下の子どもは保護者の付き添いが必要。キッズスペース、子ども用イス、授乳室・オムツ替えスペース、ベビーカーも利用でき、赤ちゃん連れで遊ぶこともできる。

Jelly Jelly Cafeは今年2月に立川店をオープンし、都心部から近郊へと展開し始めている。次はどこにできるだろうか?

JELLY JELLY FAMILY マルイファミリー志木店
埼玉県志木市本町5-26-1マルイファミリー志木7F/TEL:048-487-0101
[Web ] [Twitter ]

3分で正体を見極めろ!『ワンショット・キル』日本語版、4月26日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

crossfireJ.jpgアークライトは4月26日、正体隠匿ゲーム『ワンショット・キル(Crossfire)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.マツウチ、イラスト・J.ズィー、5~10人用、14歳以上、10分、2000円。

『センチュリー:スパイスロード』のマツウチがデザインし、プレッドハットゲームズ(アメリカ)から昨秋発売された作品。2つのモードで楽しめる短時間・多人数・リアルタイムの推理ゲームだ。

クロスファイアモードでは2チームに分かれ、赤チームはVIPを探し出して撃つことを、青チームはそれを守ることを目指す。各プレイヤーに配られた役割カードを何枚か見た後、砂時計が落ちるまでの3分間に議論をし、一斉に撃ちたい人を指差す。銃を持っている役割のプレイヤーがVIPを指さしていれば赤チームの勝利となるが、エージェントがその前に阻止することもある。

スナイパーモードでは、1人が公開のスナイパーとなり、ほかのプレイヤーのヒントから時間内に暗殺者全員を撃つことを目指す。暗殺者全員が倒されれば青チームの勝利、誤ってVIPなどを撃ってしまうと赤チームの勝利となる。

勝負がつくのは一瞬。相手の嘘を見抜き、目的を達成できるだろうか。

内容物:役割カード19枚、狙撃カード3枚、砂時計1個、ルールブック1冊(カードサイズ63.5×89mm)

crossfireJ2.jpg

ミステア(Mysthea)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

宇宙の浮島で天下分け目の戦い

SF世界の5つの浮島で覇権を争うボードゲーム。イタリア人のコンビがデザインし、タブラゲームズ(イタリア)が今月29日までキックスターターで製品化プロジェクトの出資募集をしている(約11100円で製品)。言語依存はないが、日本語対応しており、ルールをダウンロードできる。

手番はカードプレイがメインで、手札の「コマンドカード」をプレイしてアクションを行う。初期手札は基本的なアクションだけだが、ゲームを通してどんどん効果の強いコマンドカードが購入できる。

コマンドカードにはコマンドポイント(アクションポイント)が付いており、これを使って部隊やゴーレムを雇い、盤上に配置し、移動させる。組み合わせ・順番をよく考えて効率よくエリアを占拠していこう。

さらにコマンドカードには特殊効果が付いており、エネルギーポイントなど指示されたものを支払って発動させることができる。部隊やゴーレムをさらに移動させたり、勝利点を獲得したりする効果があるので、コマンドポイントの使い道と併せてコマンドカードを選ばなければならない。

こうして戦力を貯えたら、手番のタイミングでほかのプレイヤーとバトルを開始できる。戦闘は部隊やゴーレムの戦闘力に、カードなどの効果を加えて多いプレイヤーが勝つという、エリアマジョリティである。

また、アイテムを使ったり、5つの浮島を移動して位置を変えたり、経験ポイントを消費し、結果は選んだ後のお楽しみの2択エンカウンターに臨むこともできる。全員が手番を行う度にイベントがめくられ、指定されたエリアでモンスターと戦ったり、時代の最後に支配している人が獲得できる勝利点が決まったりする。後から出てくるエリアほど得点が高いが、そこは競争率も高い。

全てのエリアのカードが出たら一時代が終了で、次の時代へ。三時代で勝利点を競う。

運の要素は低めに抑えられており、一手一手をじっくり打つゲーマーズゲームである。強いインタラクションが敬遠されエリアマジョリティーが廃れ気味のユーロゲームにおいて、エリアが取れなくてもモンスターとの戦いやアイテムのコンボなど多様な得点方法がある。陣取り一辺倒にならないことでほどよいインタラクションが楽しめる作品である。カードにテキストがなく、分かりやすいアイコンで効果が表示されているのも良い。

Mysthea
M.チアッカザッシ&M.キアッキエラ/タブラゲームズ(2018年)
2~4人用/14歳以上/90~120分
Kickstarter: Mysthea

図書館でボードゲームの館外貸出始まる 熊本

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

熊本・大津町のおおづ図書館にて4月1日からボードゲームの館外貸出が始まる。館外貸出は国内初。

図書館でのボードゲーム貸出はドイツでは一般的。ドイツ外では2008年、アメリカ図書館協会が毎年11月の第3土曜日を「インターナショナル・ゲームズ・デー」と定め、世界各国の図書館でボードゲームが遊ばれるようになった。日本でも山中湖情報創造館(山梨)や大阪府立中央図書館(大阪)で定期的に館内ボードゲームイベントが開かれている。

おおづ図書館でも昨年から館内イベントが行われていたが、4月1日から通常貸出が始まる。ロビーで遊ぶ館内貸出と、自宅に持ち帰れる館外貸出がある。

全国の図書館でも同様に、ボードゲームイベントや貸出の動きが始まることが期待される。

商品が循環する競りゲーム『ビザンツ』日本語版、3月19日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは本日、カードゲーム『ビザンツ(Byzanz)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・E.オルネラ、イラスト・D.マテウス、3~6人用、8歳以上、45分、2000円(税別)。

イタリア人ゲームデザイナーのオルネラが制作し、2008年にアミーゴ社(ドイツ)から発売された作品。当時はメビウスゲームズが『ビザンチン』というタイトルで輸入版を取り扱っていた。昨年、ラウタペリト社(フィンランド)が再版したのに合わせて日本語版も制作された。イラストはD.マテウスのままだが、パッケージ絵が変更されている。

手札から競りで商品カードを集めて、同じ種類が揃ったら得点になる。全員1ラウンドに1回ずつ競り落とせるが、5人ならはじめの人は5枚、次の人は4枚......と後になるほどカードが減っていく。最後の人はたった1枚しかもらえないが、支払いに使ったカードをもらうときは、先に取ることができる。

競りで獲得するカードも、支払いで使うカードも商品カードなので、競りに熱くなりすぎても、節約しすぎても商品が集まらないことになる。全員がパスするとスタートプレイヤーが無料でカードを獲得してしまうルールや、どの種類のカードとも組み合わせられる商人カードもあり、緊迫した競りの駆け引きが楽しめるカードゲームだ。

内容物:商品カード96枚(6種類×16枚)、商人カード16枚、セットカード6枚、ビザンツの市場ボード

New Games Order:ビザンツ
pgdb評価コメントリスト:ビザンツ

『老師敬服』キックスターター成功

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

国産同人ゲーム『老師敬服』の一般発売にあたって、ホビージャパンが行っていたキックスタータープロジェクトが17日に終了し、574名から目標額の2倍以上となる220万円の出資を受けて成功した。

『老師敬服』は道場主たちが弟子をとって鍛えていくゲーム。HOY GAMESがゲームマーケット2016秋に発表した。弟子カードにアクションタイルを割り当て、順番に実行するが、自分が選んでいないアクションでも「敬服」することで便乗できる。

ゲームマーケットの新作評価アンケートで6位に入り、ホビージャパンがアートワークを一新して一般発売を企画。国内だけでなく、海外展開の一環として日英独仏の他言語版を制作し、キックスターターで出資者を募集していた。

キックスターター版では、予定されていた全てのストレッチゴールをクリアし、コンポーネントが追加されたり豪華になったりしている。5月に発送予定。国内でもこれに合わせて一般発売される見込み。

キックスターターでのボードゲームの製品化は盛んになっており、個人だけでなく企業も参入して昨年1年間で総額1億3777万ドル(150億円)が出資されている。ホビージャパンが国産ボードゲームの製作でクラウドファンディングを利用するのは初めて。

Kickstarter: Master of Respect : Kung-Fu Dojo Management Game | 老師敬服