『アルルの丘:紅茶と交易』日本語版、3月8日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは3月8日、U.ローゼンベルクの2人用ゲームの拡張セット『アルルの丘:紅茶と交易(Arler Erde: Tee & Handel)』を発売した。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク&T.ロレンツ、イラスト・D.ローハウゼン、1~3人用、14歳以上、60~180分、4000円(税別)。プレイするためには『アルルの丘』基本セットが必要。

昨年のエッセン・シュピールで発売された作品。U.ローゼンベルクの父と同じくこのゲームの舞台となる北ドイツ・東フリジア地方出身であるT.ロレンツもデザインに加わり、思い入れの強い作品に仕上がった。19世紀、北海沿岸の村アルルで村人たちが紅茶を飲んで仕事に精を出す。

選択の幅が広いゲーマー向きのワーカープレイスメントゲームに新たなアクションを追加。水路や船による交易、新たな資源「紅茶」といった要素が入り、さらに戦略性豊かな開拓と農園開発ができる。プレイ人数も3人まで拡張されている。

テンデイズゲームズ:アルルの丘:拡張 紅茶と交易 日本語版

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンクフリー このバナーをお使いください