これはゲームなのか?展 5月29日から東京末広町にて

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

5月29日から6月3日にわたって、3331アーツ千代田(地下鉄末広町駅徒歩1分)にて、企画展「これはゲームなのか?展 #1ルールで世界する」が開かれる。初日19:00~21:00、30日から2日まで12:00~21:00、最終日12:00~18:00、入場無料。

ゲームマーケットなどで活躍する10組のボードゲームデザイナーが、ゲームの概念を拡張するルールの模索と提案を行う企画展。これまでの商業ベースのゲーム製作では難しいようなルールへのアプローチを行う実験的な場を作る。

主催はニルギリ氏(するめデイズ)で、朝戸一聖(TANSANFABRIK)、田中 英樹(ASOBI.dept)、安東 和之、IKE(ひとじゃらし)、itten、佐々木 隼・出水田 紘子(オインクゲームズ)、椎名 隼也・中森 源(Xaquinel)、島田 健一・大山 徹(daitai)、山田 龍太(宇宙ドミノ)の各氏がこの展覧会のために新作ゲームを制作する。今月のゲームマーケット2018春でも、各所でチラシが配布されていた。

会場では参加者の展示ゲームのルールをまとめた冊子を図録として販売予定。またこれに合わせてオインクゲームズが謎の新作『VOID(ボイド)』を会場で発売する(通販や一般販売については検討中)。

体験型展示であるため、入場制限がかかる場合もあるという。詳しくは当日会場とツイッター にて。混雑を避けるには初日と土日以外が狙い目だ。

これはゲームなのか?展公式サイト

リンクフリー このバナーをお使いください