NHK「ごごナマ」に丸田氏生出演

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

本日放送のNHK「ごごナマ」に、高円寺のボードゲーム専門店すごろくやの丸田康司氏が生出演し、『ナンジャモンジャ』と『スティッキー』を紹介した。

「ごごナマ」は「オトナの井戸端」がテーマの生放送番組。ボードゲームは番組終了間際15:45頃から15分にわたり、「オトナも夢中になる最新ボードゲーム紹介」と題して取り上げられた。出演は番組レギュラーの船越英一郎氏、美保純氏と、ゲストの松野明美氏。

野球盤と人生ゲームに並んで『犯人は踊る』がディスプレイされ、「カードゲームを含めてボードゲーム」と紹介。「ゲームクリエイター」という肩書で登場した丸田氏は年間1000種類以上の新作が発売されており、すごろくやには600種類以上、ボードゲームギークには8万種類以上のボードゲームがあることを手短に話した。

早速『ナンジャモンジャ』が取り出され、出演者で実際にプレイ。カードのめくり方は慣れない様子の出演者も「脳トレになる」「世代を問わず遊べる」とコメント。続いて『スティッキー』が登場。あえて崩しに行くプレイで番組終了間際までの短時間に2ゲームプレイされた。

『ナンジャモンジャ』は対象年齢が4歳以上、『スティッキー』は対象年齢が6歳以上(実際は2歳位から遊べる)というキッズゲームの代表格だが、「オトナもはまる!?ボードゲーム」として紹介されていたのが興味深い。分かりやすいが頭も使い、かつテレビ映えも考えた丸田セレクションだった。

NHKごごナマ「外国人も気になる!?ニッポン今海外で大ブーム中!秋田犬特集」

リンクフリー このバナーをお使いください