『ふたつの街の物語:キャピタルズ』日本語版、7月12日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

betweentwocitiescapJ.jpgアークライトは7月12日、タイルドラフトゲーム『ふたつの街の物語』の拡張セット『ふたつの街の物語:キャピタルズ(Between Two Cities: Capitals)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.オーマレイ、B.ロセット作、1~7人用、8歳以上、30~35分、3000円(税別)。プレイするためには『ふたつの街の物語』基本セットが必要。

一昨年日本語版が発売された半協力タイルドラフト&配置ゲームの拡張セット。オリジナルは2017年に発売され、ゴールデンギーク賞の拡張セット部門にノミネートされている。

自然の風景マットはタイルを並べる下地となるもので、予め山や川などが印刷されており、タイルの配置に制限がかかる。街区は特定の建物を一番多くつなげたプレイヤーにボーナスが入り、公共の建物は特定の2種類のタイルと隣接させる必要がある。

基本セット以上に頭を悩ませ、多様で充実した街づくりに挑戦できる拡張セットの登場だ。

内容物:風景シート7枚、地区カード7枚、公共建築物タイル21枚、地区得点表示タイル3枚、都市識別トークン14個(7組)、拡張基本ルールブック1冊、拡張ソロプレイ用ルール1冊、オートマシティシート1枚、早見表カード7枚、(※カードサイズ:早見表カード63mm×88mm、地区カード44mm×67mm)

betweentwocitiescapJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください