シリーズ第2弾『センチュリー:イースタンワンダーズ』日本語版、7月19日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

centuryewJ.jpgアークライトは7月19日、『センチュリーイースタンワンダーズ(Century:Eastern Wonders)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.マツウチ、イラスト・C.クイリアムス、2~4人用、8歳以上、30~45分、4800円(税別)。

『アズール』でも注目を集めるプランBゲームズによる「センチュリー三部作」の第2弾。大航海時代の商人となり、ゲームごとに変化するモジュラーボードを移動してスパイスを集め、港に持ち帰ることを目指す。

盤面は六角形の島タイルを並べて作られており、手番には船を移動してアクションを行う。アクションは取引所を建設してスパイスを交易するか、集めたスパイスを勝利点に変えるか、スパイスを補充するかの3択。取引所は後から建てるほどコストが上がるので、効率のよい独自の交易ルートを先取りしていくことがポイントとなる。

シリーズ第1弾『センチュリー:スパイスロード』のコンポーネントも組み合わせて、商人の特殊能力を加えた「大航海時代ルール」でプレイすることもできる。

内容物:プレイヤーボード4枚、船コマ4隻、島タイル32枚、勝利点タイル27枚、ボーナスタイル20枚、取引所コマ80個、スパイス用カップ4個、キューブ105個、ルール説明書1枚、「大航海時代」ルール説明書1枚

リンクフリー このバナーをお使いください