GMマガジン4号本日発売、クニツィアのゲームが付録

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

書苑新社は本日、グループSNEのアナログゲーム誌『ゲームマスタリーマガジンVol.4』を発売した。B5版160ページ、2000円(税別)。

TRPGとボードゲームの両方を扱う専門誌。ボードゲームはライナー・クニツィア特集で、数多くの作品の中からグループSNEの安田均氏をはじめ愛好者がお薦めの作品を語る(当サイトの管理人も寄稿)。杉本=ヨハネ氏の傑作ボードゲーム攻略講座もクニツィアの『ロストシティ』。

ボードゲームコミックは磨伸映一郎氏の『アナゲ超特急』(今回の題材は『ダンジョンファイター』)、冬城あおい氏の『めいことボドゲ』が連載。『コボルドのゲームデザイン』翻訳連載ではM.セリンカー(『丘の上の裏切り者の館』)が登場する。

付録にはクニツィアの未発表作品『紫禁城(The Forbidden City)』。龍の力を借りて勢力を拡大するタイル配置ゲームで、コンポーネントも切り取り式で全て入っている。

リンクフリー このバナーをお使いください