和のアイテムを集める『ラビリンス・ジャパン』6月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

カワダは6月9日、定番ルートビルディングゲームの日本版『ラビリンス・ジャパン(Labyrinth)』を発売する。ゲームデザイン・M.J.コバート、2~4人用、7歳以上、20分、4000円(税別)

1986年にラベンスバーガー社(ドイツ)から発売され、今日に至るまで版を重ねてきたロングセラーが日本テーマでローカライズされた。日本語版が制作されるのは『ラビリンス』『マスターラビリンス』に続き3回目。タイルを差し込んで道路をつなげ、自分の手札に指示されたアイテムを集める。

盤面には道路タイルが格子状に並べられており、各プレイヤーの自動車は四隅からスタートする。手番にはタイルを1枚、外側から差し込んでルートを変更し、自分の自動車を道路がつながっている限り移動する。手札で指示されたアイテムの描かれたタイルまで進んだら手札を公開し、次の手札へ。こうして手札全てのアイテムを集め、最初にスタートに戻ったプレイヤーが勝利する。

日本版にあたってはマップが自動車の道路になっているほか、アイテムも兜、扇、寿司など和風で統一されており、これまでと違ったプレイ感になりそうだ。

リンクフリー このバナーをお使いください