『ピラミッドのつくりかた』日本語版、7月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pyramidsJ.jpgホビージャパンは7月中旬、『ピラミッドのつくりかた(Pyramids)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.ダンストン&B.ギルバート、イラスト・C.ショシィ&M.メンツェル、2~5人用、10歳以上、30分、3000円(税別)。

オリジナルは2017年にイエロ(フランス)から発売された作品。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞ノミネート作品『エリジウム』のデザイナーコンビが手がけたカード配置ゲームで、建設カードをドラフトしてピラミッドの完成度を競う。神々を称え、最高の石を手に入れ、権威あるネクロポリスを造り上げよう。

プレイヤーはそれぞれ古代エジプトの王朝を率い、自分の王朝が何世代にもわたって栄え続けるよう神々に祈りを捧げ、名誉をかけて「ネクロポリス(永遠の眠りと栄光の都)」を建設する。ネクロポリスはピラミッド、オベリクス、王家の墓で構成される。採石場から最も良い組み合わせの石を選択し、設計を最適化して、最も有名なネクロポリスを作り上げる。

毎手番、プレイヤーは最初に「神」を選択し、それによって建設する順番と、建設できる建造物が決まる。この「神」の示す順に、テーブル上に並んだ建設カード(建設に必要な石が記載)2枚のペアをドラフトし、「神」の指示のある建造物にカードを配置していく。ピラミッド、オベリスク、王家の墓はカードの配置方法が異なり、配置した石のつながりにより勝利点が得られる。10ラウンドでゲームは終了となり、自分の3つの建造物の勝利点合計が最も多いプレイヤーが勝者となる。

エジプト神の効果はユニークで、カードドラフトの駆け引きと、ネクロポリス完成への戦略を豊かにするライトストラテジーゲームだ。

内容物:建設カード105枚、神タイル5枚、早見表カード5枚、先手プレイヤートークン1個、スコアシート1冊、ルールブック1部

リンクフリー このバナーをお使いください