ヴァイキングの冒険『レイド』日本語版、7月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

raidsJ.jpgホビージャパンは7月中旬、ヴァイキングがロングシップで世界を探検をする冒険ゲーム『レイド(Raids)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:M.ダンストン&B.ギルバート、イラスト・ビバウン、2~4人用、8歳以上、40分、5000円。

オリジナルは2018年、イエロ社(フランス)から発売された。日本語版同時発売となる『ピラミッドのつくりかた(Pyramids)』と同じイギリス在住のデザイナーコンビの作品。強力なロングシップを建造し、勇敢なヴァイキングの乗組員を集め、世界を探検して栄誉を競う。

ゲームは4ラウンドにわたって行われる。毎ラウンドのはじめにタイルが並べられ、今回のロケーションが決まる。手番には空いているロケーションに船を移動してそこにあるタイルを取るか、すでに誰かがいるところに船を移動して戦争を始める。戦争では攻撃側がヴァイキングを1人犠牲にし、防御側はヴァイキングを2人犠牲にするか、その場所を明け渡さなければならない。防御側が2人犠牲にしたら今度は攻撃側が3人犠牲にする......というような競りが行われる。

こうして次の手番まで防御できればお宝を獲得でき、ラウンドの最後に売ったり、斧を集めてモンスターとの勝率を上げたりできる。ラウンドの最後に最多ボーナスがあり、4ラウンド合計の栄誉ポイントで勝敗を決める。

手番順は一番後ろにいる船からだが、近場は先に出航したロングシップが荒らした後なので、どれだけより先に進み、ほかのヴァイキングより早く略奪するかが腕の見せどころ。自分のロングシップに遠征で獲得したタイルを配置して改良する要素や、ユニークなヴァイキングミープル、金属製コインも魅力の冒険ゲームだ。

内容物 ワールドボード1枚、ロングシップ・ボード4枚、ロングシップ・マーカー4個、遠征タイル75枚、金属製コイン20枚、ヴァイキングコマ40個、ルールブック

リンクフリー このバナーをお使いください