『ツイクスト』再版プロジェクト、権利問題でキャンセル

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

故アレックス・ランドルフがデザインした2人用アブストラクトゲーム『ツイクスト(TwixT)』について、再版プロジェクト がキックスターターで立ち上がったが、遺族とライセンス契約していなかったことから批判を受け、わずか10日でキャンセルされることになった。

『ツイクスト』はペグとブリッジでボードの一方の辺から反対側の辺まで先につなげたら勝つ2人用アブストラクトゲーム。初版は1962年に3M社(アメリカ)から発売され、コスモス社(ドイツ)が1998年に再版してから20年が経過しているが、世界的に根強い愛好者がいる。

そのような中、先月20日にアメリカ人のW.ドレザル氏がキックスターターで再版プロジェクトを立ち上げた。ところが、このプロジェクトがランドルフの甥であるM.カッツ氏とライセンス契約をしていなかったため、彼が所属するドイツ・ボードゲームデザイナー連盟(SAZ)のメンバーが批判。アメリカの著作権法では1974年以前に登録されたものは一定期間の後に期限切れになるとして、「ツイクスト」の商標登録を行ったドレザル氏と対立していた。

SAZによると『ツイクスト』が1957年にウィーンで紙ペンゲームとして考案されたことから、オーストリアの著作権法が適用され、ランドルフ氏の権利は無効でないという。さらに、この再版の配送先となっているアメリカを含む各国で「文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約」に抵触するとして、ドレザル氏への批判を強めていた。

これを受けてドレザル氏は方針を転換。キックスターターの再版プロジェクトを30日にキャンセルし、アメリカ国内で限定的に再版することにした。従来の主張通り、アメリカでの商標登録に基づいて再版を強行するとみられる。

ランドルフは2004年に亡くなったが、その後も『ガイスター』『はげたかのえじき』『ウミガメの島』など再版が継続されており、遺族とのライセンス契約さえ行えば『ツイクスト』の正式な再版も不可能ではない。今回の再版プロジェクトで需要が高いことが明らかになったため、正式ライセンス版の復刻が期待される。

spielbox-online:Randolph-Erbe und SAZ gegen TwixT-Neuauflage

リンクフリー このバナーをお使いください