A.ボザがデザイン『進撃の巨人 ボードゲーム』日本語版、9月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

attackontitanbgJ.jpgホビージャパンは9月上旬、『進撃の巨人 ボードゲーム(Attack on Titan: The Last Stand)』日本語版を発売する。原作・諫山創、ゲームデザイン・A.ボザ&L.モーブロン、2~5人用、14歳以上、30分、5800円(税別)。

販売累計6000万部超、7月よりアニメ第3部放映中の人気コミック『進撃の巨人』(アニメ版)を原作としたボードゲーム。デザインには親日家としてもしられるA.ボザ(フランス)とL.モーブロン(フランス)があたり、オリジナルの英語版は昨年、クリプトゾイク(アメリカ)から発売された。逆輸入というかたちでの日本語版発売である。

1対多で、巨人と調査兵団の熾烈な戦いを繰り広げる。プレイヤーのうち1人が巨人役となり、残るプレイヤーはリヴァイやエレンなど、調査兵団のキャラクターを担当。巨人プレイヤーは毎回アクションカードをプロットするが、一部裏にして出せることで調査兵団プレイヤーの裏をかき、調査兵団を全員倒すか、市民を食らうかして勝利を目指す。

調査兵団の各プレイヤーは戦術ダイスを使い、「巨人を転ばせる」「巨人の目を潰す」「一時休息する」などを実行し、「うなじを削ぐ」などで巨人を倒すことを目指す。各キャラクターには特殊能力があり、それらを活かして協力しなければ勝つことはできない。

原作に忠実に巨人には通常種や奇行種など4種類のタイプがあり、アクションカードの種類が異なるため、ゲームごとに新しい攻略が求められる。また、組み立て式の巨大な巨人フィギュアと建物を使用し、キャラクターコマが上下に移動することで、原作さながらの立体機動の雰囲気も再現されている。

原作をうまく落とし込んだシステムと、数々のボードゲーム賞に輝いたボードゲームデザイナーの手腕で、『進撃の巨人』ファンであるか否かを問わず広く楽しめる作品だ。

内容物:巨人の立体フィギュア+足場1組、ヒーローコマ8個、組立て式の塔1個、巨人のライフゲージとマーカー1組、民間人トークン12個、壁上固定砲コマ6個、特製ダイス20個、ラウフトークン12個、ヒーローカード8枚、巨人カード8枚、アクションカード28枚、戦術カード7枚、ルールブック1部

TGiWレポート:進撃の巨人:最終決戦(英語版)

attackontitanbgJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください