カタン日本選手権2018、犬束良太郎氏が連続優勝

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

カタン日本選手権の最終決戦となる「ファイナル東京大会」(主催・株式会社ジーピー)が7月29日、東京・高田馬場のホテルサンルートにて行われ、犬束良太郎氏が2年連続3度目の優勝を勝ち取った。今年ドイツで行われる世界選手権には、2位の末村直樹氏が日本代表として出場する。


GP Inc.

昨年の9地区に四国を加え、全国10地区の地区大会(予選)参加者から選抜されたファイナリスト24名が集結。ランダムな組み合わせで2戦した後、成績順にもう2戦を行い、最終戦で成績最上位卓の勝者を優勝とした。優勝した犬束氏は2015年、2017年に続いて3度目の優勝。

カタンの世界選手権は隔年開催となっており、今年10月に第12回世界大会がドイツで行われる。昨年も優勝した犬束氏が辞退したため、日本代表には2位の末村直樹氏が繰り上げで選ばれた。末村氏も2013年ファイナル東京大会で優勝経験のある実力者である。日本代表のこれまでの最高成績は第5回ドイツ大会の大井真也氏、第10回ドイツ大会の松本吉高氏による準優勝。日本代表初の優勝が大いに期待される。

10位までの成績は以下の通り。
優勝:犬束 良太郎
準優勝:末村 直樹
3位:橋本 泰一
4位:小宮 隆雅
5位:堂 久剛
6位:大木 知彦
7位:内田 裕太
8位:伊東 征也
9位:加藤 佳男
10位:田中 萌

ジーピー:カタン18'日本選手権 ファイナル(東京)大会

リンクフリー このバナーをお使いください