コロヴィーニ『クランズ』をリメイク『フェイ』日本語版、9月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

faeJ.jpgホビージャパンは9月下旬、招待隠匿系の陣取りゲーム『フェイ(Fae)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・L.コロヴィーニ、2~4人用、10歳以上、20分、4500円(税別)。

2002年にウィニングムーヴズ社(ドイツ)から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた『クランズ(Clans)』を、ズィーマンゲームズ(カナダ)が今年、ファンタジー世界を舞台にしてリメイク。プレイヤーは精霊となって、自分の正体を隠して同じ色のドルイドを集め、得点を競う。

はじめ5色から自分の色が指定され、その色のドルイドが一番得点を多く集めるようにゲームを進める。手番には1つのマスにいるドルイドコマを全部、隣接するマスに移すだけ。こうして周囲のマスにドルイドがいなくなったら得点計算を行う。そのマスにいるドルイドに得点が入るが、全色揃うと1個ずつ除去されてしまう。また、マスによって完成させるとボーナスが入ったり、0点になったりするところもあり、上手に利用したいところだが、あからさまにやると自分の色がばれてしまうだろう。

ゲーム終了時、プレイヤーは自分の隠された正体を明かし、最も多くの得点を獲得したプレイヤーが勝利する。ほかのプレイヤーの色が何か読みつつ、1位の色をほかのプレイヤーと協力して追い落としたり、そう見せかけて裏をかいたりと、ブラフの要素もある戦略ゲーム。幻想的なアートワークと、プラスチック製のドルイド駒がゲームを盛り上げる。

内容物 プラスチック製ドルイド駒60個、プラスチック製マーカー5枚、ゲームボード1枚、儀式カード12枚、精霊カード5枚、ルールブック1冊

リンクフリー このバナーをお使いください