自分では見えない孔雀のカード!『ピココ』日本語版、8月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pikokoJ.jpgホビージャパンは8月下旬、『ピココ(Pikoko)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ポーター、イラスト・R.ペターソンズ、3~5人用、10歳以上、30分、3600円(税別)。

ブレインゲームズ(ラトビア)の新作。カラフルなカードを孔雀の尾羽のように広げてセットし、他人の手札しか見えないようにしてプレイするインディアンポーカータイプのトリックテイキングゲームだ。

毎ラウンド8枚ずつカードが配られるが、自分で見ることはできない。ほかのプレイヤーの手札を見て、相手プレイヤー全員がトリックをいくつずつ取れるか入札。そして各プレイヤーは左隣のプレイヤーの手札をプレイしていく。ルールに従ってトリックを獲得し、ラウンドの終了時、入札した数に応じて点数を獲得する。

システム、コンポーネントともに斬新なカードゲーム。賭けと読み、そして自分の手札から出てくる意外なカードにドラマの生まれる作品だ。

内容物 カード77枚、トークン46個、孔雀5羽、スコアパッド1冊、ゲームのルール1部

pikokoJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください