『ゾンビサイド ブラック・プレイグ』日本語版、9月27日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

zombiecidebpJ.jpgアークライトは9月27日、協力ボードゲーム『ゾンビサイド ブラック・プレイグ(Zombicide: Black Plague)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.グイトン、J-P.ルリアン、N.ラオール、1~6人用、14歳以上、60分、12500円(税別)。

CMON社(シンガポール)のヒット作『ゾンビサイド』(2012年)を、現代から中世暗黒時代に変えて2015年にリメイクされた作品。プレイヤーたちはパラディン、ドワーフ、ナイト、魔法使いなどとなってパーティを組み、キャラクターの技能を駆使してゾンビの大群と死者を操る者たちを相手に勝利を目指す。

ゾンビは、簡単なルールとカードの組み合わせで自動的にプレイヤーを追い詰める。剣や弓など武器を手に入れ、魔法をはじめとする新しい技能を獲得しながら、倒せば倒すほど現れるゾンビの大群に挑もう。

地図タイルを組み合わせて10種類のシナリオを遊べるほか、シナリオを自作することもできる。ミニチュアフィギュア71体を同梱した雰囲気満点のゾンビゲームだ。

内容物:ミニチュア71体、地図タイル9枚、生存者カード6枚(カードサイズ75×88mm)、ミニカード125枚(カードサイズ41×63mm)、ステータスボード6枚、生存者用カラーベース6個、ダイス6個、マーカー48個、トークン68個

zombiecidebpJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください