KdS2015受賞『ブルームサービス』日本語版、10月11日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

broomserviceJ.jpgアークライトは10月11日、魔女のポーション配達ゲーム『ブルームサービス(Broom Service)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ペリカン&A.プフィスター、2~5人用、10歳以上、45~75分、5800円(税別)。

『魔法にかかったみたい(2008年)』のボードゲーム版として、2015年にアレア(ドイツ)から発売されたボードゲーム。同年にドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞し、翌年にはカードゲーム版にもなっている。

プレイヤーは魔女、ドルイド、採集民となって、強力な効果のポーション(魔法の水薬)を生成し、要望に応じて王国各地に届ける配達サービスの仕事をする。ラウンドごとに10枚の役職カードの中から4枚を選んで使用するが、カードには「勇敢な行動」と「臆病な行動」の2種類が記載されていて、どちらの効果を使用するか選択しなければならない。勇敢な行動は、失敗すると何も得られない分、成功すればより多くの報酬を得ることができる。臆病な行動は得るものは少ないが、失敗することがない。

手番には手札から1枚選んで出して2種類の行動のどちらかを選んだ後、順番にほかのプレイヤーも同じカードを持っていれば出し、2種類の行動のどちらかを選ぶ。1周して、最後に勇敢な行動を選んだプレイヤーと、臆病な行動を選んだプレイヤーが行動できる。

ゲームボード上には自分のコマが2つあり、森、山、丘、畑、湖という5つの地形を超えて移動していく。また各エリアにある塔は、配達できる飲み物の色が指定されている。カードを選ぶときは、ほかのプレイヤーがどこを目指しているか読み合って、かぶらないような選択をする。さらに毎ラウンドめくられるイベントカードや、地形に特殊効果をもたらす拡張ゲームも入っており、ゲームごとに新しい展開が生まれる作品だ。

内容物:両面仕様のゲーム盤1枚、プレイヤーコマ10個(5色)、ポーション60個(3色)、勝利点マーカー5個、役職カード50枚(5色)、イベントカード10枚、暗雲タイル24枚、魔法の杖タイル24枚、早見表タイル1枚、拡張ゲーム用嵐タイル8枚、拡張ゲーム用アミュレットタイル15枚(5色)、拡張ゲーム用山岳タイル5枚、拡張ゲーム用森林タイル6枚、拡張ゲーム用丘陵タイル6枚、ルール説明書1冊(※カードサイズ59×91mm)

broomserviceJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください