『チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク』多言語版、10月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは10月上旬、『チケット・トゥ・ライド:ニューヨーク(Ticket to Ride: New York)』の日本語を含む多言語版を発売する。ゲームデザイン・A.R.ムーン、イラスト・C.ドージン&J.デルヴァル、2~4人用、8歳以上、10~15分、3000円(税別)。拡張セットではなく、単体でプレイできる。

2004年のドイツ年間ゲーム大賞受賞から14年。人気鉄道ゲームシリーズの最新版は、マップを小さくしたプレイ時間を15分まで短縮したライトな作品だ。1960年代のニューヨークを舞台に、世界一高い摩天楼・エンパイアステートビルから雄大なセントラルパーク、タイムズスクエアからブルックリンを観光する。

各プレイヤーはタクシーコマ15個、乗り物カード2枚、行き先チケットカード1~2枚をもってゲームを始める。手番には、山札か5枚の場札から乗り物カード2枚(またはジョーカー1枚)を取るか、ルートの色に一致するカードを出してコマを置くか、新たな行き先チケットカードを2枚引いて1枚取る。

こうして誰かのタクシーコマが2個以下になったら全員が最終手番を行い、完成したルートとつなげた行き先、通過した観光地のボーナスを合計する。行き先チケットがつながっていないと失点で、合計点を競う。

『チケットトゥライド』のシステムを踏襲しつつも極限まで短縮したスピーディーな作品。短時間で終了するため、続けて繰り返しプレイすることもできるだろう。

内容物:ゲームボード(ニューヨークの交通網マップ)1枚、タクシーコマ60個、 行き先チケットカード18枚、乗り物カード44枚、スコアシート1冊、鉛筆1本、ルールシートほか

リンクフリー このバナーをお使いください