2018年10月アーカイブ

viticulturervJ.jpgアークライトは11月15日、『ワイナリーの四季:ラインガウ(Viticulture: Visit from the Rhine Valley)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・T.ローレンツ&J.ステグマイアー、イラスト・、1~6人用、13歳以上、60~90分、2000円(税別)。プレイするためには『ワイナリーの四季』基本セットが必要。

オリジナルは今春発売されたばかりの『ワイナリーの四季』の差し替えカードセット。ワイナリーに新たな訪問者がやってくる。

『ワイナリーの四季』や『ワイナリーの四季:トスカーナ』で使用する夏季訪問者カードと冬季訪問者カードを差し替え、ワイナリーを取り巻く人々や業務にスポットを当てたプレイを楽しむことができる。複雑さを増すことなく、勝利点の獲得が一筋縄ではいかなくなるだろう。

内容物:夏季訪問者カード(差替用)40枚、冬季訪問者カード(差替用)40枚(※カードサイズ:67mm×43mm)

viticulturervJ2.jpg

ボードゲームで反レイシズム ドイツ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞の審査員でボードゲームジャーナリストであるU.バルチ氏は自身のブログで「ボードゲームを遊んで寛容になろう(Spielend für Toleranz)」のスローガンを公開し、レイシズムや排外主義に反対することを呼びかけている。

難民を多く受け入れているドイツでは、人種差別や排外主義が表面化しており、14日に行われたバイエルン州議会選挙では、反移民を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢」が躍進し、メルケル首相率いる保守系の与党が大敗を喫した。

バルチ氏は「ボードゲームをすることは、お互いを大事にする共生、平等、公平、対話になる。ボードゲームをすることは、分断ではなくて人々を結びつける。ボードゲームをすることは、現在脅かされている人類の価値そのものである」と述べる。

この趣旨に賛同し、ロゴを貼り付けるボードゲームブログはすでに60サイト以上にのぼり、Tシャツ linkも製作されるほど。ドイツでは難民避難所にボードゲームを提供し、地元住民と交流する試みが以前から行われており、今回のキャンペーンでさらに広がる可能性もある。

REZENSIONEN FÜR MILLIONEN:Spielend für Toleranz link

kotanubisJ.jpgホビージャパンは11月中旬、『新・キング・オブ・トーキョー』『キング・オブ・ニューヨーク』の追加モンスター『新・キング・オブ・トーキョー:モンスターパック-アヌビス(King of Tokyo/New York: Monster Pack - Anubis)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ガーフィールド、イラスト・R.トレス、2~6人用、8歳以上、30分、1600円(税別)。プレイするためにはどちらかの基本セットが必要。

昨年発売されたモンスターパック「クトゥルフ」「キングコング」に続く第3弾。

大都市を舞台に怪獣たちが死闘を繰る広げるボードゲームに、エジプト神話に登場する冥界の神アヌビスが加わる。ピラミッド型(4面)の「宿命ダイス」で、全てのプレイヤーに効果を及ぼす「呪いカード」の効果が決定される。これらはアヌビスなしでも導入可能だが、アヌビスの進化カードを使うことで、呪いカードに影響を与える「黄金のスカラベ」も使えるようになる。

内容物:アヌビスのモンスターボード、紙製フィギュア+プラスチック製スタンド、宿命ダイス1個、呪いカード24枚、黄金のスカラベカード1枚、「キング・オブ・トーキョー」用進化カード8枚、「キング・オブ・ニューヨーク」用進化カード8枚、ルールシート

シュピール'18:ツォッホ出版

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

トロルのフィヨルド(Trollfjord)
ゲームデザイン・E.スヴェンソン&K.A.オストビー、イラスト・A.ユング、2~4人用、10歳以上、45~60分。
木製のハンマーで木製の塔を叩いてコマを落とすゲーム。マップ上に自分のトロルを増やし、伝説の岩の砦の周りに戦略的に配置して、山の幽霊からもたらされるお宝を集めよう。
準備が整ったらハンマーで塔を叩き、さまざまな色のキューブを落とす。洞窟の周囲にいる自分のトロルの数によって、落とせるキューブの上限が決まっているので叩き過ぎに注意。運の要素もあるが、力加減もポイントとなる上に、トロルを戦術的に配置すればほかのプレイヤーの採掘に参加して負担を軽減できるかもしれない。
ゲームボード周囲にはタイムトラックがあり、トロルを配置するか、移動するかで2つのフィールドに分かれており、これが面白い選択を生み出すようになっている。最後は集めたお宝の価値が最も高いプレイヤーが勝利する。

不運な鳥(Pechvogel)
ゲームデザイン・P.ユンゲンセン、イラスト・D.マテウス、2~5人用、8歳以上、20分。
7つのダイスを振って同じ数字を4つ出すことを目指す。しかしカラスが3羽出てしまうと手番は失敗で、黒い小さなコマ「欲求不満」を受け取る。このコマはゲーム終了時に失点になるが、ゲーム中に使うと振り直しの効果があり、ほかのプレイヤーの出目がいいときにも使うこともできる。得点タイルがなくなったらゲーム終了で、得点の最も少ないプレイヤーが敗者となる。

あほったれ(Vollpfosten)
ゲームデザイン・A.プロイエッティ、イラスト・D.ローハウゼン、3~8人用、7歳以上、20分。
ダイスで指示された通りのアクションをして、中央に立てられた棒を取るゲーム。白いダイスはアルファベットやダイス目が付いており、どの棒を取るか指示される。オレンジのダイスは取る棒を変えたり、取る手を指定したりする。青いダイスは取る前に立ち上がったり腕立て伏せをしたりといったアクションを、水色のダイスは動物の鳴き声やほかのプレイヤーの名前など口で言うことを、黄緑のダイスは隣のプレイヤーとタッチすることを指示する。どれくらい達成していたかによって違う長さのスティックがもらえ、最後に合わせた長さで勝敗を決める。

ヘックメック・デラックス(Heckmeck Deluxe)
ゲームデザイン・R.クニツィア、イラスト・D.マテウス、2~7人用、8歳以上、30分。
ダイスゲームのクラシックと、その拡張セット「追加の虫」が一緒になって缶入りで発売。さらにゲーム終了時にもっているとボーナスになる「焼きリンゴ」も追加されている。

altiplanoJ.jpgアークライトは11月15日、『アルティプラーノ(Altiplano)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.シュトックハウゼン、イラスト、2~5人用、12歳以上、60~120分、7200円(税別)。

『オルレアン』の作者が昨秋のエッセン・シュピールで発表したバッグ・ビルディングゲーム。スカウトアクションで4位に付け、国際ゲーマーズ賞にノミネートされたゲーマーズゲームだ。

東西をアンデス山脈に挟まれた高山地帯「アルティプラーノ」。やせた土地に住まう人々は、限られた資源を活用するため、創意工夫を凝らさなくてはならない。チチカカ湖で釣りをし、山から鉱石を採掘し、アルパカを飼育して、活発に商品を取り引きして生活を営む。

新たな生産拠点を設置し、顧客からの注文に応じ、災害に備えて品物を備蓄する。開発速度を上げるには、道路の敷設も無視できない。賢明な計画を立て、現状を見極め柔軟なプレイを目指そう。

バッグからチップを引き、それをボードに置いてアクションを選択するところは『オルレアン』と同じ。ただし初期チップの内容はプレイヤーごとに異なり、またアクションを実行するためにはコマがそのエリアになければならないため、自分の特性と、目標を見据えたプレイが求められる。たいへん戦略性の高いゲームだ。

内容物:地形ボード7枚、個人ボード5枚、倉庫ボード5枚、プレイヤーコマ5個、道マーカー5個、コンテナ5個、役割タイル7枚、特技タイル28枚、特技タイル置き場1枚、商品トークン209個、荷車キューブ15個、コイン50枚、家屋カード10枚、ボートカード10枚、注文カード16枚、布袋5枚、親コマ1個、スコアシート1冊、勝利点早見表5枚、目標カード20枚、ルールブック1冊(カードサイズ:43.5×67.5mm)

altiplanoJ2.jpg

Switch+紙ペンで謎解き『マドリカ不動産』10月11日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ギフトテンインダストリは11日、Nintendo Switchで遊べる紙ペン謎解きゲーム『マドリカ不動産』を発売した。ゲームデザイン・濱田隆史、アートワーク・村瀬都思、サウンド・増子津可燦、1~3人用、1500円(税込)。

『アニュビスの仮面』や『モニャイの仮面』など、デジタルとアナログが融合したボードゲームを開発してきたギフトテンインダストリの最新作。ソフトの指示に従って間取り図をプリントアウトして、ペンで書き込んだり、切ったり貼ったり折ったりして各部屋にいる謎を解いてオバケを倒す。

プレイヤーはとある町の不動産屋に入社した新入社員。オバケの住み着いた物件が多い町で、安全な物件を貸し出すため、オバケを倒さなければならない。社長の手によってあちこちに隠されたヒントを解読し、コマンドを入力し、魔法の力でオバケたちをやっつけよう。

デジタル上で、1人でもプレイできるが、間取り図をプリントアウトし、役割分担して協力プレイすることでより楽しむことができる。

ギフトテンインダストリ:マドリカ不動産


8bitboxJ.jpgホビージャパンは11月中旬、『エイトビットボックス(8Bit Box)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.クリッティン&G.ラーゲイ、イラスト・J.B.レイノー、3~6人用、6歳以上、15~40分、4800円(税別)。

スイス人ゲームデザイナーが手がけ、イエロ社(フランス)が今秋リリースする新作。最新テクノロジーにより、ケーブルもテレビも、電気すらもいらないという「ビデオゲーム」で、共通のコンポーネントを使って3つのゲームをプレイできる。

基本セットでは、回路ボードでバグたちと追っかけっこをする「ピクソイド」(3~4人用、6歳以上、15分)、砂漠のど真ん中で未来のレースマシンを操ってレースを繰り広げる「アウトスピード」(3~6人用、8歳以上、30分)、アスリートたちがさまざまな競技を戦い抜く「スタジアム」(4または6人用、10歳以上、40分)を同梱。

プレイには「コンソール」と呼ばれる共通のコンポーネントとして、3つのダイヤルでプログラムできるコントローラー、大小のキューブ、ダイスが入っており、ゲームに使い方が異なる。そのほかにゲームごとにコンポーネントを追加してプレイする。

8ビットのデジタルゲーム風デザインで、プロットしたアクションで駆け引きが楽しめる作品だ。

内容物:(コンソール)コントローラー6個、ダイス5個、キューブ72個、(ピクソイド)回路ボードタイル4枚、スクリーン枠タイル8枚、キャラクタータイル6枚、(アウトスピード)進行ボード3枚、マシン6個、ボーナストークン32個、 コースタイル16枚、フォースフィールドトークン7個(スタジアム)種目タイル16枚、メダルボード2枚、選手ボード6枚、開始プレイヤートークン1個

8bitboxJ2.jpg

シュピール'18:ハンス・イム・グリュック

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

リフト・オフ(Lift Off)
ゲームデザイン・J.ヴァンダスティーン、イラスト・N.ラモス&A.レーシュ&クレアティーフバンカー、2~4人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分。
1950~1960年、宇宙への競争は本格的になった。宇宙船や機械の技術、ロケット発射条件の最適化、および船体の設計は大きな進歩を遂げた。全ては、広大な宇宙空間を探索するためのものである。
このゲームで輝かしいマイルストーンを競うのは米ソの二大大国だけでなく、プレイヤーも宇宙旅行の私企業となって参画する。専門家を雇い、ロケットを改良し、能力を拡張していく。そのうち、どのミッションを実行し、何を宇宙に持ち込みたいのか決めなければならない。前もって計画し、適切な資源を管理する者が星々への競争の勝者となるだろう。

カルカソンヌ・サファリ(Carcassonne: Safari)
ゲームデザイン・K.J.ヴレーデ、イラスト・A.ハイトジーク、2~5人用、7歳以上、35分。
「カルカソンヌ・アラウンド・ザ・ワールドシリーズ」の最新作。今度の舞台はアフリカのサバンナだ。大草原でさまざまな大型動物を目撃する。サルは木々を揺らし、ライオンは木陰で休み、象の重い足取りが地面を揺らす。 水飲み場でいろいろな動物を集めよう。
手番にはタイルを配置して、ミープルを置くか、自動車コマを移動するか、水飲み場タイルを置くことができる。ミープルは道かブッシュに置き、完成すると得点になるが、長さ・広さではなくその領域にいる動物の数で得点が決まる。自動車のあるところで得点計算を発生させたり、水飲み場を広げるとボーナスが入る。

orbisJ.jpgホビージャパンは11月上旬、世界を想像するタイル配置ゲーム『オルビス(Orbis)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・T.アームストロング、イラスト・D.トセロ、2~4人用、10歳以上、45分、4500円(税別)。

注目の出版社スペースカウボーイズ(フランス)の今秋の新作。デザイナーはに昨年『怪獣クラッシュ』を発表したアメリカ人デザイナーのティム・アームストロング氏を起用した。神々となって、豊かな独自の世界の出来栄えを競うタイル配置ゲームだ。

手番には、中央エリアに並んでいる六角形の地域タイルのうち1枚か、ゲーム中1回だけ獲得できる神タイルを取って自分の前に並べていく。タイルは下の段からピラミッド状に積み上げるように並べなければならず、『ペンギンパーティー』のように下の段の色に合わせなければならない。

タイルを取ったとき、場の隣接するタイルに同じ色の崇拝者コマが置かれ、そのタイルを取ったプレイヤーがもらえる。崇拝者コマは、より高級なタイルを置くときのコストになる。こうして15ラウンドでゲームが終了し、各タイルの示す条件と、残った崇拝者コマで「創造ポイント」を競う。

神タイルはプレイヤーに特殊能力をもたらし、序盤にとって指針にしてもよいし、状況を見て後から取ってもよいが、早いもの勝ちであることを忘れずに。ほかのプレイヤーの動向も見てタイルを選択しなければならない。

獲得したタイルによって展開はゲームごとに異なり、手番ごとの選択が悩ましいゲームだ。

orbisJ2.jpg

ゲームマーケット2019大阪:出展受付開始

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット事務局は10日、ゲームマーケット2019大阪(2019年3月10日(日)インテックス大阪)の出展募集を開始した。一次受付は10月31日まで。定数を上回った場合は抽選、下回った場合は二次募集となる。

関西での開催は神戸を含め通算8回目で、6000人が参加した昨年に引き続きインテックス大阪が会場となる。出展形式は一般、中古、企業の3種類で、出展料はそれぞれ6480円、6480円、43200円から。一般と企業オプションではオプションで試遊スペースを付けることもできる。

出展できるものは、アナログゲームに関するものであれば創作、中古、輸入、関連グッズ、書籍など自由だが、成年向け商品の販売・プレイはできない。詳しくは下記リンクを参照のこと。申込は、ゲームマーケット公式サイトから出展申込フォームに記入して送付する。〆切後、事務局から通知があるので、返信に従って出展料を支払う。このほかに、カタログ原稿を期日まで送らなければならない。

毎回、〆切を過ぎてから、「申込むのを忘れていた」というツイートが見られるため、事務局では特に新規で出展を検討している方に周知を呼びかけている。

ゲームマーケット2019大阪:出展申し込み

ヘムズ・ユニバーサルゲームズは今月上旬、『キツネのパーティー(Fuchs & Fertig)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・B.ヴェーバー、イラスト・C.シュテークル、2~5人用、6歳以上、10分、1200円(税別)。

オリジナルはツォッホ社(ドイツ)から2011年に発売された作品。輸入版はメビウスゲームズが『大きさ比べ』という邦題で取り扱っていた。記憶力と直感を競う。

アリ・カタツムリ・カエル・ハリネズミ・キツネ・シカ・クマの大きさが違う8種類の動物がカードに描かれており、次にめくるカードが直前にめくったカードより、大きいか・小さいか・同じかを当てて、自分の山札をなくすことを目指す。

当たったら連続でチャレンジできますが、予想を外してしまうとカードは全て自分の山札へ。カードの順番が変わらないので、記憶することで正解率が上がっていく。

可愛い動物たちのイラストとシンプルなルールで、キッズも交えて遊べるゲームだ。

ヘムズ・ユニバーサルゲームズ:キツネのパーティー日本語版

fuchsfertig.jpg

東京・白山に10月1日、ボードゲーム喫茶「さぁくる」がオープンした。都営三田線白山駅徒歩1分、9:00~22:00、無休。

子どもと関わる仕事をしていた店主の高橋慧氏が、自分のお店や会社で子どもたちを笑顔にしたいと思い、趣味だったボードゲームで開いたお店。店名は人との繋がりの輪が広がるように、また大学などのサークルのように人が集まって楽しく過ごすイメージをもって付けられた。

地下鉄駅から近く、朝の9時から毎日オープンしているのでのんびりと遊べるのが特徴。35席もあり、机が広めなので重いボードゲームもプレイ可能。用意しているボードゲームは100種類で、今後増やしていくという。料金体系はオールタイム90分500円、デイタイム(17時まで)・ナイター(17時から)1ドリンク付き各1500円、ソフトドリンク300円。

年内解散を発表したボードゲームアイドル「しゅぴ~る遊園地」の出張ボードゲーム会が10月17日夜に行われる。ほかにも店内では人狼などのミニイベントを企画中。いずれは児童養護施設などの場所に出張し、ボードゲームを通じて子どもたちに楽しいことを伝えていきたいという。

さぁくる
東京都文京区白山5-35-5石上第二ビル2F
[Web ] [Twitter ]

さぁくる

ボードゲームアイドル「しゅぴ~る遊園地」は6日、12月26日のラストライブをもって解散することを公式ブログで発表した。

「しゅぴ~る遊園地」(愛称しゅぴっち)は、ボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」がプロデュースし2016年8月に活動をスタートしたボードゲームアイドル。メンバーは月田桜菜(つきた さな)さん、七見(ななみ)そらさん、珠洲ノ(すずの)らめるさんの3名だったが、12月に七見さんが体調不良のため脱退し、代わって神城(かみしろ)くれはさんが加入した。ボードゲームをテーマにした楽曲『しゅぴっち-GO-ROUND』『ボードゲームファイター』でCDをリリースし、JELLY JELLY CAFEなどボードゲームカフェのイベントに出演。毎週火曜夜にネット番組「しゅぴっち-GO-ROUND」を配信してきた。

解散理由は、メンバー間の活動の違いが目立ちお互いに苦しかったことや、運営側の方針の変更などが挙げられている。「ボードゲームに貢献できていたかと言われるとまだまだ弱いままでこのような選択になってしまった事、皆さまに今までたくさんお世話になったのに力足らずで恥ずかしいです」と珠洲ノさん。

今後、珠洲ノさんはソロのボードゲームアイドルとして、月田さんはボードゲーム大好き声優として活動する予定だという。

ラストライブ「みんなだいしゅぴっ!メリクリライブ!-spich history-」は12月26日夜、新宿にて、1ドリンク付き前売2500円、当日3000円。予約サイトはこちら

しゅぴ~る遊園地公式:しゅぴ~る遊園地解散のお知らせ

loveletterkoibumi.jpg幻冬舎は10月25日、カードゲーム『ラブレター -恋文-』を発売する。ゲームデザイン・カナイセイジ、イラスト・田中寛崇、2~4人用、10歳以上、5~10分、1300円(税別)。

わずか16枚のカードとシンプルなルールで繰り返し遊べる奥の深い作品。オリジナルは2012年にカナイ製作所から発売され、日本ボードゲーム大賞(投票部門)、ゴールデンギーク賞(カードゲーム、キッズゲーム、ファミリーゲーム、イノベーティブゲーム部門)、ドイツ年間ゲーム大賞推薦、ドイツゲーム賞4位、アラカルトカードゲーム賞3位など国内外で高く評価された。国内では2014年にアークライトが一般発売し、『ラブクラフト・レター』『ケン・ニイムラ版ラブレター』『おそ松さんラブレター』など数々のシリーズ作品が生まれているほか、国外でもロード・オブ・ザ・リング、スターウォーズ、バットマンなどとコラボして20言語以上でさまざまなテーマの翻訳版が作られている。

手札はたった1枚で、手番では山札から1枚引いて1枚出すだけ。最後に最もランクの高いカードをもっている人が勝つが、お互いの正体が分からない上に、カードにはほかのプレイヤーを脱落させるなど、さまざまな効果がある。はたして姫に恋文を届けることができるか、読み合いと駆け引きの心理戦が始まる。

今度の幻冬舎版は舞台を西洋から日本に移し、「侍」「巫女」「浪人」などのキャラクターが登場する。オリジナルの役割をもつカードとして「代筆屋」「妖狐」を収録し、これまでの版と異なる展開も楽しめるようになっている。玩具店だけでなく書店でも入手でき、さらに多くの人が手に取ることになりそうだ。

内容物:カード24枚(ゲームカード:姫×1 家老×1 侍×1 陰陽師×2 巫女×2 浪人×2 忍び×2 女中×5/追加カード:若殿×1 御目付×1 代筆屋×1 妖狐×1/早見表カード×4)、説明書1枚

loveletterkoibumi2.jpg

JELLY JELLY CAFE 池袋2号店、10月10日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・池袋に10日、JELLY JELLY CAFE(ジェリージェリーカフェ)池袋2号店がオープンする。池袋駅西口徒歩1分、13:00~23:00、不定休。

渋谷、池袋、下北沢、福岡天神、水道橋、横浜、立川、名古屋大須に続いて9店舗目となるボードゲームカフェ。池袋店が渋谷店に勝るとも劣らない人気であることから、2号店の開店に至った。

アルコールドリンク500円、ソフトドリンク300円均一でいろいろな飲み物を飲みながら、300種類以上のボードゲームを自由に遊ぶことができる。食べ物の持込み・途中入退店は自由。利用料金は平日デイタイム1500円、土日デイタイム2000円、ナイトタイム(18:00~)は平日土日ともに1500円。いずれもワンドリンク付き。この料金で最大5時間まで遊べる。ウェブ予約も可能。

JELLY JELLY CAFEは11月に新宿店のオープンも予定しており、新宿店も合わせると都区内だけでも6店舗が営業することになる。

JELLY JELLY CAFE 池袋2号店
豊島区池袋2-12-9広瀬ビル3F/TEL:03-5904-9914‬
[Web ] [Twitter ]

10月5日、ライプチヒのホビー祭「モデル・ホビー・シュピール」にて、ボードゲームの優れたイラストに贈られるグラフ・ルード賞(Graf Ludo)が発表され、ファミリーゲーム部門で『チックウッドの森(Chickwood Forest)』のA.ユング氏と、キッズゲーム部門で『サンゴの森のなかまたち(Tief im Riff)』のD.マテウス氏が受賞した。

グラフ・ルード賞は、ボードゲームのボックスやコンポーネントのイラストやアートワークを、メディア関係者、芸術家、子供を含むボードゲームファンが投票で評価する賞。今年で10回目を迎える。ファミリーゲーム3点とキッズゲーム3点がノミネートされ、それぞれ大賞が選ばれ、1000ユーロ(10万円)の賞金が贈られる。主催しているのは家族を中心とした生活環境を増進するカール・キューベル基金。

審査委員会は『チックウッドの森』について「もう箱絵から、見るものを物語に、つまりロビン・フッドの世界に引き込む。また、色使いはその世界だけでなく、今どきの絵本をも思い出させる」、『サンゴの森となかまたち』について「大きなゲームボードには信じられないほど多くの細かいものが描き込まれており、それでいて全体的には控えめになっている」とコメントしている。

ユング氏は『ビースティバー』『ストラスブール』『ニューファンドランド』など、マテウス氏は『カルカソンヌ』(旧版)『エルフェンランド』『エルグランデ』など、多数の作品のイラストを手がけている。

Graf Ludo:Preisträger GRAF LUDO 2018
メビウスゲームズ:チックウッドの森
メビウスおやじ:サンゴの森のなかまたち

illusionJ.jpgアークライトは11月8日、色彩の割合を当てるゲーム『イリュージョン(Illusion)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.ヴァルシュ、イラスト・O.フロンデンライヒ&S.フロンデンライヒ、2~5人用、8歳以上、15分、1800円(税別)。

『ザ・マインド』『クアックザルバー』『ガンツシュンクレバー』で今年のドイツ年間ゲーム大賞シーンを独占したヴォルフガング・ヴァルシュの作品。今年、ニュルンベルガー・シュピール・カルテン社(ドイツ)から発売された。カードに描かれた色の広さを、ぱっと見で比べるパターン認識ゲームだ。

毎ラウンド色が指定され、その色がカードの中でどれくらいの面積を占めるか比べる。面積の少ないと思う順に並べていき、違うと思ったらダウト。カードを裏返すと色別のパーセンテージが書かれており、正解かどうかを確かめる。

さまざまなパターンが目の錯覚を誘う中で、自分の目を信じ、正しく見抜けるだろうか。シンプルなルールで、短時間で、子供から大人まで年齢に関係なく楽しめる作品だ。

内容物:色カード98枚、矢印カード12枚、ルール説明書1冊

illusionJ2.jpg

ボドゲde遊ぶよ!! phase 12-3

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

強欲な深きポケット(Tiefe Taschen)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

汚れててもいいんで、私に一票を!

tiefetaschen.jpg

政治家たちが大統領の予算配分に関与して、私腹を肥やすゲーム。ドイツのゲームデザイナーの作品で、はじめウェブ出版されていたが、後にこのゲームのために出版社が新たに立ち上がった。「手軽に遊べるフンタ」という評判である。

大統領役のプレイヤーを一人決め、このラウンドの予算配分を行う。めくられたお金カードを、自分を含む好きなプレイヤーで配分し、これでよいか信を問う。ほかのプレイヤーはその予算案に賛成か反対かをこっそり決めるが、どちらも選択せず、ほかのプレイヤーや国庫から盗むというアクションや、ほかのプレイヤーが盗みに来たときに撃退して反対に盗み返すというアクションもある。5択である。

全員がアクションを選択したら、大統領から順にアクションカードをめくる。全体で賛成が半数以上ならば予算案が可決されたことになり、そのお金が(それぞれの懐に)分配される。反対のほうが多い場合は、大統領は辞任しなければならない。残ったプレイヤーの中で新しい大統領が改め予算配分を行って信を問う。辞任した大統領は一旦ゲームから抜け、人数が少なくなるので、その分残ったプレイヤーのウマ味が増していくという仕掛けだ。

たくさんのお金を分配された人は、その予算案が通ってほしいから賛成に回るはず、というのは建前に過ぎない。どうせ大統領ともう1人くらい賛成するだろうと思って、盗みやその防御などの副業に走ることもある。

確実に賛成してほしければ、贈賄という手もある。お金を渡し、「絶対賛成して」「絶対反対しないで」などの懇願をすることができる。このお金は、受け取ったほうがその通りにしていたならば手に入り、裏切ったら返さなくてはならない。賄賂を渡して通ったのが赤字だったなどということがないようにしたい。

山札から国家破産カードが出たら投票の後でゲーム終了。最後は大統領就任歴でも何でもなく、純粋に所持金勝負となる。

5人プレイで45分ほど。予算案は割と通りやすかったが、それは大統領が自分の利益を後回しにしてバラ撒いていたからのようだ。途中からはそれに気づいた人がそこそこの配分を持ちながら裏切り、転覆を図るようになった。こうして回ってきた大統領職で小金を稼ぎ、自分の金庫を膨らませて泥棒対策にしつつ、国庫から盗んで私腹を肥やしたcarlさんが優勝。お主も悪よのう......。

「あの人は賛成するはずだから、私は盗みに入ろうかな」「こちらは反対するだろうと思われているから、泥棒対策しておこう」など、ほかのプレイヤーの選択を読み合いながらの行動はヒリヒリするものがあった。その結果、思わぬ展開が巻き起こってドラマチックである。

Tiefe Taschen
ゲームデザイン:F.ツィマーマン/イラスト・C.オッペラー&G.ゾリンスキ
4~8人用/12歳以上/20~50分
フォブスゲームズ(2016年)
ゲームストアバネスト:強欲な深きポケット
すごろくや:ティーフェタッシェン:底なしの懐

themindJ.jpgアークライトは11月8日、協力ゲーム『ザ・マインド(The Mind)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.ヴァルシュ、2~4人用、8歳以上、20分、1800円(税別)。カードのテキストはドイツ語だが、言語依存はない。

無言でタイミングをはかってカードを出すという異色のカードゲーム。切れ味の鋭いカードゲームを連発しているニュルンベルガー・シュピールカルテン社(ドイツ)から今春発売された。今年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされ、革新的な作品に送られる「イノシュピール」にもノミネートされ、作者ヴォルフガング・ヴァルシュの名を業界に轟かせた。

プレイヤーは1つのチームとなり、各自の手札をカードの番号が昇順になるように捨て山にプレイしていく。手番はなく、「いまが出すべきタイミングだ!」と思ったら出す。ゲームが始まったら無言を通さなければならず、誰がいつ出すかは相談できない。

出た順番が違うとヒットポイントを失い、規定のヒットポイントがなくなったら全員の敗北。ラウンド(レベル)ごとに指定された枚数プレイしきるとクリアとなり、次のレベルへと進んでいく。レベルごとに手札の枚数が増えていき、クリアするのは難しくなるだろう。全員が一番低い数字のカードを捨てられる手裏剣カードの使いどころも鍵となる。

ほかのプレイヤーとの心のシンクロと、集中力が要求される革新的なゲームだ。

内容物:数字カード100枚、レベルカード12枚、ヒットポイントカード5枚、手裏剣カード3枚、ルールシート1枚

シュピール'18:モーゲル出版

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

mogel.JPG出展3年目となるドイツのカードゲーム出版社。昨年の『ランスロット』(TGiWレビュー)に続き通算5タイトル目の新作を発表する。

ベルラッティ(Belratti)
ゲームデザイン・M.ロート、イラスト・A.エールディヒ、M.パツコウスキ、3~7人用/9歳以上/20~45分。
贋作家のベルラッティは、何十年にもわたって得意な才能を発揮し、ほかの画家の作風で絵を描いていた。美術界を騙し、どんな画家の画風を盗んでいた。そのうちベルラッティは、贋作を美術館に送り込むことを考える。美術館長のネコが、美術館に2部屋増設するというのである。そのため画家のフクロウに絵画の調達を依頼した。そこで注意しなければならない。ベルラッティは今回も巨匠の贋作を押し付けようとするだろう。ベルラッティがネコとフクロウを騙せるかどうかは、あなた方にかかっている。
今年のヒッポダイス・ゲームデザイナーコンテストで1位に選ばれた協力ゲーム。プレイヤーはネコ役とフクロウ役となり、カード2枚をめくって今回のテーマが発表される。ネコ役が何枚出すかを決め、今回のテーマに当てはまる絵をフクロウ役が手札から出す。そこに山札からカード4枚を混ぜ込み、表にして、ネコ役がフクロウ役が出したものか山札から出た贋作かを判別。テーマも合っていれば全員に1点、贋作を除外できなかったらベルラッティに1点が入る。ベルラッティが6点取った(6回ミスした)時点で、得点に応じて成績を決める。
カードにはサッカーボール、羽根、テント、ハンマーなどが描かれており、絵と絵の関連付けがプレイヤー間で一致するか問われるコミュニケーションゲームだ。

Mogel Verlag: Belratti

icecool2J.jpgホビージャパンは11月上旬、『アイスクール2』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.ゴメス、イラスト・R.ペターソンズ、2~4人用、6歳以上、30分、4000円(税別)。単体で遊ぶことも、『アイスクール』と組み合わせることもできる。

昨年のドイツ年間キッズゲーム大賞を受賞したラトビア作品の続編でドイツ語版も今秋、アミーゴ社から発売となる。箱をつないで作った学校の中で、ペンギンたちがおはじきで鬼ごっこを繰り広げる。

このゲームでは壁を上から超える、2つのドアを一度にくぐり抜けるなどのトリックショットに挑戦する新たな魚カードが加わり、チャレンジングなゲームが楽しめる。さらに『アイスクール』と組み合わせてレイアウトすれば、8人までプレイ可能になる。

子供やファミリー、そして誰でも手軽に楽しめる、ユニークで魅力的なアクションゲームだ。

内容物:紙製ボックス5つ、プラスチック製ペンギン4個、カード62枚、プラスチック製トークン16個、ルールブック ほか

シュピール'18:ゲームブルワー

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

出展3年目となるベルギーのボードゲーム出版社。このほかにOkazu Brand『ジャングリラ』の英語版をはじめとするTMG社(アメリカ)との共同作品、ホビーワールド(ロシア)のローカライズ版など合わせて11タイトルを出展する。

故宮(Gùgōng)
ゲームデザイン・A.シュテーディング、イラスト・A.レーシュ、1~5人用、12歳以上、90分。
1570年の中国。明朝13代隆慶帝は長年にわたる悪政と腐敗で混乱した国を受け継ぎ、父親の治世が引き起こした混乱の深さを知って、父親が以前処罰した有能な官人を再雇用して政権の立て直しに着手した。現在では「故宮」と呼ばれる紫禁城で皇帝は死刑などによって官僚政治の腐敗の処罰に乗り出した。この改革はうまく行ったかに見えたが、高級官僚の間でお金を受け取る賄賂に代わって横行したのは、高価な品物と安い紙切れの交換であった。
ゲームではこの変わった習慣を用い、プレイヤーは強力な中国の一家となって影響力を増やすために官僚に賄賂を送る。皇帝の謁見を獲得したプレイヤーが勝利するが、複数いた場合は勝利点で勝敗を決める。

ピクシークイーン(Pixie Queen)
ゲームデザイン・R.センティエンス、イラスト・ジョグアート、2~5人用、12歳以上、100分。
「いたずらなピクシーたちよ、ここに来て女王に奉仕しなさい。言われたようにすれば悪くはしないわ......あんまりはね。バカな人間から甘い蜂蜜、ジューシーなリンゴ、暖かいパンを盗んできなさい。鉱山から輝く銀と金を掘ってきなさい。貴重な金から指輪だって作っていいのよ。その代わりに何がほしい? 欲しいものは何でもあげる!」
各プレイヤーは女王に仕えるピクシーの親方となり、ワーカープレイスメントで金銀や食料を集め女王に献上する。金貨や特別な貢物を捧げたり、王宮の召使いになればご褒美ももらえるだろう。しかし女王は簡単に満足せず、怠け者には罰を与える。この罰は報酬ポイントを打ち消してしまう。よい結果を出すことができるだろうか。

キャステルム(Castellum)
ゲームデザイン・E.シーレ、2~4人用、9歳以上、45分。
オランダ・マーストリヒトは過去2000年、いろいろな国に統治されてきた。ローマ帝国はミューズ川の西岸に武装した開拓地「キャステルム」を建設し、幾多の攻撃に耐えてきた。
このゲームでプレイヤーは資源を集めて砦を作り、訓練された軍隊を雇って街を防衛する。街を守るだけでなく、敵を打ち負かして手柄を立てたいところだ。賢い戦術によって自分が担当する外壁の部分を、ライバルより上手に防衛しよう。英雄と目されるのは誰か?

フェスト(Festo!)
ゲームデザイン・A.D.フューラー、イラスト・M.ヴェルドゥ、2~5人用、8歳以上、60分。
グルータマ王国の晩餐会に向けて、ハーフリング族が腕によりをかけてご馳走を用意している。そのため、食材を集めなければならないが、市場は王国の住人たちがみんな食材を売りに来て混雑している。トロルは美味しい肉を、ピクシーは飴色の蜂蜜(盗品)を、オークは南方から素晴らしいスパイスを、魔法使いは魔法の森から山いっぱいの素晴らしいキノコを、エルフはジューシーな果物を、ドワーフは不可欠なじゃがいもを持ってきている。これらの中から必要な食材を集め、ほかのハーフリング族を喜ばせよう。フェストが終わったとき、料理の親方の称号を勝ち取るのは誰か。
ワーカープレイスメントとエリアコントロールのゲームで、種族の特殊能力を生かしてできるだけ多くの食材を集める。その食材を使っていろいろな食事を作り、勝利点に変えて勝敗を競う。

Game Brewer:Essen Deals

東京・蒲田に10月1日、ボードゲームカフェ・バー「Eifer(アイファー)」がオープンした。JR・京急蒲田駅徒歩5分、19:00~29:00(現在は~24:00)、月曜休。

店名はドイツ語で「熱意」という意味。店主の鈴木氏が楽しめる飲食店を開業したいと考え、蒲田にはまだなかったゲームバーを開いた。重量級からパーティーゲームまで、100種類ほどのボードゲームを揃え、これからもどんどん増やしていきたいという。

席数はカウンター6席とテーブル7卓で合計34席。ドリンクに力を入れており、100種類近くをショットバーのように楽しめる。「ボードゲームとお酒の相性の良さを実感して頂けたら」と鈴木氏。料金はチャージ1000円+ドリンク代で、飲み放題3時間2500円。フードは乾き物のみの提供で、持ち込み・宅配注文可となっている。下の階がレストランになっているので腹ごしらえしてから行くのもよいだろう。

お酒の苦手な方や、一人での来店様も大歓迎。今後は来月ころから人狼会や特定のボードゲーム会を企画中で、イベント企画も募集中だという。

Eifer
大田区蒲田4-29-1楓葵ビル6F
[Web ] [Twitter ]

eifer.jpg

国際ゲーマーズ賞(International Gamers Awards)選考委員会は1日、今年の大賞作品を発表した。先月に発表されていた「一般ストラテジー部門」13タイトル、「2人用ストラテジー部門」7タイトルのノミネート作品の中から(TGiWニュース)、最終投票により『ガンジスの藩王』と『コードネーム:デュエット』がそれぞれ大賞に選ばれた。

『ガンジスの藩王』はブラント夫妻の作品で、16世紀のインドを舞台に領地を広げ、富と名声を獲得するボードゲーム。先日発表されたドイツゲーム賞では、『アズール』『テラミスティカ:ガイアプロジェクト』に次いで3位に入賞している。輸入版がホビージャパンから取り扱われている。『コードネーム:デュエット』はドイツ年間ゲーム大賞受賞作を2人専用にアレンジしたもので、場に並んだカードから2人でヒントを出し合って指定された単語を当てる協力ゲーム。ホビージャパンから日本語版が発売されている。

国際ゲーマーズ賞の表彰式は、ドイツで開催されるボードゲームメッセ「シュピール」会期中、ボードゲームギークのブースにて、各国から集まった選考委員の立ち会いのもと行われる。

【国際ゲーマーズ賞2018】

(一般ストラテジー部門)

ガンジスの藩王
(Rajas of the Ganges/I.ブラント&M.ブラント/フッフ)

(2人用ストラテジー部門)

コードネーム:デュエット
(Codenames Duet/V.フヴァチル&S.イートン/チェコゲームズ出版)

International Gamers Awards

camelup20J.jpgホビージャパンは11月下旬、ラクダレースゲーム『キャメルアップ(Camel Up 2.0)』のリニューアル日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.ボーゲン、イラスト・C.クィリアムス、3~8人用、8歳以上、30~45分、5600円(税別)。旧版拡張セットとの組み合わせ不可。

2014年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した作品がアートワークを一新し、追加ルールを加えてリニューアルされる。ピラミッドの中からランダムに出てきたダイスでラクダは進む。少しずつ差がついてくるラクダたちの中でどのラクダが1等賞を取るか、ほかのプレイヤーより先に予想しよう。

今度のレースには、最初から見当違いの方向に突っ走っていくイカレたラクダが2頭参加する。とんでもない大どんでん返しは、もう誰も予想がつかないだろう。ゲームボードから飛び出す立体のヤシの木、ボタンを押すとダイスを放出するプラスチック製ピラミッドもゲームの雰囲気を盛り上げる。

内容物:ゲームボード1枚、ダイスピラミッド1基、競走ラクダ5個、イカレたラクダ2個、競走ダイス5個、灰ダイス1個、最終予想カード40枚、協力カード8枚、投票チケット20枚、ピラミッドチケット5枚、観客タイル8枚、エジプトポンドコイン80枚、スタートプレイヤーマーカー1個、ルールブック1冊

アンケート:ボードゲーマーのメガネ率

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Q134:メガネをかけている?

A.メガネ 89票(56%)
B.コンタクト 23票(15%)
C.裸眼で見える 46票(29%)

ボードゲームという趣味をしていて思うのは、メガネをかけている人の多さです。メガネ率100%になることもしばしばあり、メガネをかけていない人が肩の狭い思いをすると言っていたこともあります。

アンケートでは半数以上がメガネをかけていると答え、コンタクトレンズと合わせると71%の方が視力補正が必要だと分かりました。「メガネは顔の一部となっていて、メガネをしていない自分の顔が好きになれないレベルです(ボードゲーム特捜隊さん)」というような方もいらっしゃいます。

ボードゲーム愛好者のメガネ率が高いのは、どういった理由によるものでしょうか?

ひとつは、日本人のメガネ・コンタクトレンズ率がそもそもそれぐらい高いという答え。日本人の7割ぐらいがメガネ・コンタクトレンズを使用しているという調査もあります。

もうひとつは、ボードゲームは近視者向けの趣味であるという答え。秀才くんのメガネ率が高いのは、勉強のし過ぎで視力が落ちたのではなく、近視だと文字を読みやすいからという説があります。これと同様、近視だとルールやカードテキストの細かい文字を読みやすく、趣味にしやすいということがいえるかもしれません。もっとも、長年の愛好者には「最近は、カード類の小さな文字を読もうとすると、老眼鏡が必要になりつつあるのが悩みの種です(わにのこさん)」というように細かい文字が読みにくくなって、テキストのないゲームを好むこともあるようです。

ほかにも、認知機能が高い人ほど近視になりやすい遺伝子をもっているという研究もあって、ここから難易度の高いボードゲームを遊ぶ人ほどメガネ・コンタクトレンズ率が高いという説明もできるかもしれません。ただしこのことはボードゲーム愛好者を差別したり、門戸を狭めたりするような話になってはならないと思います。

メガネには不便なことも多くあります。同卓のメンバーがメガネをかけていたら、長所短所含めて、ちょっとした親近感を覚えるぐらいがよいのではないでしょうか。

10月のアンケートは、エッセン・シュピールの新作チェックです。今月末の開催を前に、ウェブサイトでは新作情報がどんどん出てきています。近年はあまりに多すぎてフォローしきれない状況ですが、皆さんはどれくらいチェックしていますか? 3択の中から一番近いものでお答えください。

リンクフリー このバナーをお使いください