無言で通じ合う『ザ・マインド』日本語版、11月8日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

themindJ.jpgアークライトは11月8日、協力ゲーム『ザ・マインド(The Mind)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.ヴァルシュ、2~4人用、8歳以上、20分、1800円(税別)。カードのテキストはドイツ語だが、言語依存はない。

無言でタイミングをはかってカードを出すという異色のカードゲーム。切れ味の鋭いカードゲームを連発しているニュルンベルガー・シュピールカルテン社(ドイツ)から今春発売された。今年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされ、革新的な作品に送られる「イノシュピール」にもノミネートされ、作者ヴォルフガング・ヴァルシュの名を業界に轟かせた。

プレイヤーは1つのチームとなり、各自の手札をカードの番号が昇順になるように捨て山にプレイしていく。手番はなく、「いまが出すべきタイミングだ!」と思ったら出す。ゲームが始まったら無言を通さなければならず、誰がいつ出すかは相談できない。

出た順番が違うとヒットポイントを失い、規定のヒットポイントがなくなったら全員の敗北。ラウンド(レベル)ごとに指定された枚数プレイしきるとクリアとなり、次のレベルへと進んでいく。レベルごとに手札の枚数が増えていき、クリアするのは難しくなるだろう。全員が一番低い数字のカードを捨てられる手裏剣カードの使いどころも鍵となる。

ほかのプレイヤーとの心のシンクロと、集中力が要求される革新的なゲームだ。

内容物:数字カード100枚、レベルカード12枚、ヒットポイントカード5枚、手裏剣カード3枚、ルールシート1枚

リンクフリー このバナーをお使いください