カール=ハインツ・シュミール
Karl-Heinz Schmiel

ミュンヘン在住。1948年ザクセン地方の都市ドーベルンのパン屋に生れる。ミュンヘンの工業専門学校で電気工学を学んだ後、ミュンヘン大学で教員免許を取得。ジーメンス社でエンジニアとして2年働くが、教育施設に転職し現在にいたる。1987年にBernd Brunnhoferと共にハンス・イム・グリュック社を設立。しかしまもなく分裂し翌年、自身の会社モスキート・シュピーレを設立する。趣味は「シヴィリゼーション」「Dune」「1835」「ディプロマシー」など重めのゲーム、音楽、ダンス、ゲーム対戦、水泳、太極拳、瞑想。
 「アラカルト」「引越し騒動」などのアクションゲームを出す一方で、ディーマッヒャー、アッティラなどの本格的戦略ゲームも作る多彩派。アクションゲームも含めてよく練りこまれており、飽きがこない。

ゲーム大賞ノミネート回数:2
ドイツゲーム賞入賞回数:5
フェアプレイカードゲーム賞入賞回数:1

受賞作品

原題 邦題 ゲーム大賞 ドイツゲーム賞 フェアプレイカードゲーム賞
a la carte アラカルト   2位(1990)  
Attila アッティラ      
Extrablatt エキストラブラット   8位(1992)  
Die Macher ディーマッヒャー ノミネート(1998) 9位、羽根(〃)
Tribun 護民官   5位(2008)  
Was sticht? バスシュティッヒ ノミネート(1994) 6位(〃) 2位(〃)

ゲームリスト

(原題アルファベット順・冠詞を除く)

原  題 邦  題 発売年 メ ー カ ー レビュー
a la carte アラカルト 1989 モスキート EJF
Attila アッティラ 2000 ハンス・イム・グリュック、リオグランデ EJF
Das regeln wir schon みんなで決めたこと 1994 モスキート EJF
Democrazy デモクレージー 2000 ユーロゲームズデカルト  
Dippi Totale   1985 ハンス・イム・グリュック  
Extrablatt エキストラブラット 1991 モスキート EJF
Das Grosse Mm-Zeitungsspiel   1995 シュピールアーゲントア  
Kunststuecke 芸術化の祭典 1995 モスキート  
Lieber bairisch sterben   1988 モスキート  
Die Macher ディーマッヒャー 1997 ハンス・イム・グリュック('86)、モスキート  
Packen wir's 引越し騒動 1992 モスキート EJF
Radar-Flop   1984 シュピールボックス  
Sing Sing   1996 モスキート  
Suppenkasper   1987 マテル  
Till Eulenspiegel ティル・オイレンシュピーゲル 1987 マテル  
Tribun 護民官 2007 ハイデルベルガー EJF
Tyranno Ex ティラノEX 1990 モスキート、アバロンヒル(1992) EJF
Was sticht? バスシュティッヒ 1994 モスキート EJF
Zong   1994 ラベンスバーガー  

もどるインデックス