ジャンク―タイルゲーム

Das Legespiel
ちょっとややこしいタイル置きゲーム
2人用,8才以上,プレイ時間約30分
イラスト:クリストフ・ティシュ&ヨルグ・アッセルボーン
ゲームの用具:商品の板(42),スタートの板(1),ルール(1)

ゲームの目的
アジアの水上の市場は活気があふれています.ジャンク船には世界中からやってきたエキゾチックな商品がはちきれんばかりに積まれています.2人の商人は売り出すために商品を積みます.そのとき相手の商品は下敷きにしてしまうのがよいでしょう.どちらが上手に商品を並べたかは,最後に明らかになるでしょう.

タイルの準備
2枚のイラストをそれぞれA4用紙に印刷し,だいたい2mm厚の厚紙に貼り付けます(裏紙)。そのあとカッターと定規で白い線に沿って切り離します.

ゲームの準備
スタートの板(中央にSマーク)を中央に表向きに置きます.周囲にスペースがあるようにするとよいでしょう.残りの板はよく混ぜて裏返しにし,1つか2つの山札にしておきます.

ゲームの流れ
交代に手番を行います.手番にはまず山札から2枚の板を取り,次にそれを好きな順序で置きます.そして次の人の手番になります.ゲーム終了時に1人は赤い商品とネズミが,もう1人は青い商品とネズミが点数になります.どちらの人がどちらの色にするかは,最初に決めておきます.赤の色にした人から始めます.
注意:最初の手番(第一手)と最後の手番では,板を1枚だけ置きます.つまり赤の人ははじめ1枚だけ引いて置き,以降は2枚ずつ置いていきます.青の人でゲームが終わりますが,その時は1枚だけ板を置きます.

置き方のルール
以下のルールが守れない場合は,板を置けないこともあります.
板は長い辺か短い辺のどちらかが,必ず辺どうしで接していなければなりません.

板の上に板を乗せることもできます.

(1枚の板で3つの袋をつぶしたところです.)
ただし1枚の板の真上に置いてはいけません.必ず1マス以上ずらさなければなりません.

板は下に全てあるところに置かなければなりません.つまり一部が宙に浮いているように置くことはできません.
ゲームの終了と点数計算
最後の板が置かれたらゲーム終了です.同じ色かつ同じ種類で,縦横につながっている商品だけが得点になります.そのとき板の階層は考慮せず,上から見てつながっていれば可とします.得点は以下のようになります.

単独の商品は点数になりません.ネズミは1匹につきマイナス1点となります.
プラスポイントの多い人がゲームの勝者です.

得点計算の例

青の人は袋で+10点,ネズミで−1点.赤の人は米で+3点,ナスは縦横につながっていないので点数になりません.

グラフィックのダウンロード
(2枚の画像をそれぞれクリックして下さい.ホームページの画像にリンクしています)


(C) Michael Schacht 2003
Japanese Translation: Takuya Ono
Vielen Dank Herrn Michael Schacht fuer das Einverstaendnis die Bilder und Texte zu benutzen.