メディナ Medina

シュテファン=ドーラ/ハンス・イム・グリュック

▼砂漠の都市メディナを再建するゲーム。4色の建物を皆で置いていきますがそれらは最初の時点では誰のものでもありません。自分の色の屋根を置いて始めて自分の所有となります。早いうちに自分のものにしてしまうと小さい建物になってしまいますし、じっくり育てようとすれば他のプレイヤーに横取りされてしまいます。ゲーム終盤には建設するスペースがなくなって小さい建物にしかならないこともあります。いつ自分のものにするか、各プレイヤーは虎視眈々と狙います。

▼さらに建物はヤギ小屋・人(大通りを表す)・城壁に接していることによって点数が上がります。小さい建物でもこれらを使って点数を高めることができますので、あきらめてはいけません。
各色でいちばん大きな建物の人にはボーナスのカードが与えられます。また、四隅から城壁をつなげた人にもボーナスのカードが与えられます。これらのカードは、後でより大きな建物を建設したプレイヤー・より新しい城壁をつなげたプレイヤーに横取りされることもあります。
▼建物の大きさ、ヤギ小屋・大通り・城壁にどれだけ接しているか、そして最大建物カードと最新城壁カードによるボーナスによって最終得点を計算し、点数の最も高い人が勝者となります。
▼建築のルールは至って簡単で、そのくせ他プレイヤーとの駆け引きが緊迫します。また色とりどりの美しい都市ができあがっていく様子は心踊るものがあります。雰囲気は「トーレス」に似ていますが自分の手番にできることは「コマを2つ置くこと」だけなのであまり迷いませんし展開もスピーディーです。大賞にはノミネートもされませんでしたが評判は非常に高く、ドイツゲーム賞で「カルカソンヌ」に続いて2位に輝いたゲームです。


メディナ公式2人ルール

1の塔から4の塔までの城壁部分をカラーコピーなどでコピーし、厚紙に貼り付けます。
ボードを折り曲げ、2と3の塔が見える方を表にします。その左端に先ほど用意した城壁を置きます。
この半分のボードでプレイします。ルールは通常どおりです。各プレイヤーは壁10、ヤギ小屋3、人8、建物各色20をもって始めます。

© 2001 Hans im Glueck Verlag


メディナ2人用ルール(30〜40分)

準備

両プレイヤーは以下のコマをとります。

ここで建物が各色2つずつ残っています。そこから各色1つずつの建物コマをボードのわきに上から灰色、黒、茶、オレンジの順で並べます。残りの建物コマは使いませんので、箱に戻します。

一方のプレイヤーは黄色と赤の屋根をとります。もう一方のプレイヤーは青と緑の屋根を取ります。黄色と青は点数になる屋根、赤と緑は妨害専用の屋根です。4つ並べた建物コマの片側に黄色と赤の屋根を置き、反対側に青と緑の屋根を置きます(右図参照)。両プレイヤーは屋根をここから取り、誰がどの屋根をどの色の建物に置いたかわかるようにします。

ゲームの流れ

建設:一方のプレイヤーがまず人間コマを1つ、ボードに置きます。それからもう一方のプレイヤーが好きなコマを3つ置きます。以降、自分の手番にはコマを3つ置きます。このとき通常ルールに加えて以下の制限があります。

●同じ色の建物・同じ色の屋根は1回の手番につき1つしか置くことができません。白木のコマは2つ以上置くこともできます。
例:○灰色の建物+黄色の屋根+赤の屋根
  ○ヤギ小屋2+黒い建物
  ×黒い建物2+黄色い屋根(同じ色の建物が2つ)

●1色か2色の建物・屋根しかなくて以上のことができない場合は、そのことを相手に示してから1つか2つのコマを置きます。

屋根:点数になるのは黄色・青の屋根がついた建物だけです。8枚のカード(塔と最大建物)によって点数がもらえるのもこの色だけです。赤と緑の屋根がついた建物でも建物を作ることができますが、建物からもカードからも点数はもらえません。どちらの色の屋根であっても、次の建物が建設できるのは屋根が置かれてからです。

屋根については以下の変更があります。

●一方のプレイヤーが同じ色の建物に対して2つの屋根を使ったとき、相手プレイヤーが妨害用の屋根をまだ手持ちにしていたら、ゲームから取り除かれます(箱に戻します)。
例:Aが赤い屋根の灰色の建物を持っています。その上黄色い屋根の灰色の建物を作りました。Bの緑の屋根(妨害用の屋根)をまだ置いていなければ箱に戻されます。

●「相手プレイヤーが屋根を持っていなければ毎ラウンド屋根を置かなければならない」というルールは適用されません。
(訳注:この2つの変更によって早い時期に屋根を2つとも使ってしまうとみすみす相手の建物を大きくしてしまうことになります)

ゲーム終了と点数計算:黄色と青の建物についてだけ建物のポイントとカードのポイントを計算します。計算方法は通常ルールどおりです。

© 2001 by Wolfgang und Brigitte Ditt


「メディナ」ハンス・イム・グリュック社/S.ドーラ

戻るインデックス