ロボラリーオプションカード

ロボラリーはWizards of the Coast社(アメリカ)と,Amigo社(ドイツ)の2種類が出ています.前者は2人から8人まで遊ぶことができ,マップも6枚あります.後者はそのリニューアル版で2人から4人までマップも4枚しかついていません.この減数は意図的なもので,前者がハチャメチャで大味な展開になりやすいのを,より戦略的になるように(また値段もリーズナブルに)したものだと思われます.またロボットもアメリカ版がメタル一色だったのに比べ,ドイツ語版はこまやかに着色されています.ドイツ版も追加セットの「クラッシュ&バーン」(マップ4枚,コマ4つ,オプションカード)があり,これによってアメリカ版(+アメリカ版「クラッシュ&バーン」―ボード2枚のみ)と同じ内容になります.中身ならアメリカ版(ついでに言うと,アメリカ版にはマップ配置例が5例載っていて,重宝する),コンポーネントならドイツ版といったところでしょうか.

さて,アメリカ版にはオプションカードが付いています.これは,スパナ2の修理工場でダメージを回復する代わりに受け取るというオプションルールで,レーザーを強化したり,ダイナミックに動いたりします.ここではそのカードの和訳を掲載します.お試しください.

<オプションカードのルール>

5番目のプログラムステップ終了後に2ポイントの修理場(スパナ2つ)にいるロボットは,2ポイントのダメージを回復する代わりに,オプションカードを受け取ることができる.そのロボットが死んだら全て捨てる.カードにあるカタログナンバーはゲームに関係ない.

選択兵器Optional Weapon

選択兵器はメインレーザーを撃つときならいつでも使える.ただしメインレーザーか追加兵器のどちらかしか使えない.

メインレーザー変更Main Laser Mod

メインレーザーをいったん変更したらずっと有効であり,元に戻すことができない.変更するかしないかという選択はできない.

追加兵器Additional Weapon

追加兵器は適当なときには常に使わなければならない.メインレーザーとの併用もある.

ラウンドプログラムTurn Programmed

ラウンドプログラムはプログラム前に提示したラウンドに限り有効である.

連続プログラムRun Time

連続プログラムは常に有効であり,プログラム前に提示する必要はない.

その他

Back