どっちの始末Show(Which Letter of Apology Goes First?)

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

切り札か大失点かの瀬戸際

どっちの始末Show

緊急性の高い始末書を早く提出して、優秀な管理職になることを目指すカードゲーム。ゲームマーケット2016春に発売された。

全員に10枚ずつ配られる手札は始末書カードで、1~12の緊急度がある。はじめに2枚を選んでそれぞれ左隣の人に渡す「PDCA(パッと見でダメそうなカードをあげる)サイクル」フェイズ。再びカードが10枚になったら提出フェイズを始める。

スタートプレイヤーから順番に1周、カードを出す。その際のルールは「緊急度が前の人以上か、手札の中で緊急度が最も低いカード」である。一番緊急度が大きかった人(緊急度が同じ場合は後に出した方)から、次の1周を行う。こうして最後に残った1枚の緊急度が最も大きい人が、このラウンドの敗者である。

もうお気付きになった方もいるかもしれないが、ここまでは『5本のキュウリ』と変わらない。しかしこのゲームの特徴は、複数枚出しができるという点になる。このおかげでゲームの進行が非常にスピーディになる。

同じ数字ならば、何枚でも一気に出してよい。後の人は、同じ枚数で数字がそれ以上のカードを出すか、手札の中で緊急度が低い順に同じ枚数を出さなければならない。ここで先の「PDCAサイクル」フェイズが効いてくる。ほかのプレイヤーが寄越しそうなカードをうまく読めれば、数字を揃えて一気にゲームを終わらせることが可能だ。

ラウンドの敗者はカードを受け取り、次のラウンドへ。同じ数字のカードが2枚になると失点になり、規定点を超えたところで失点の少ない人が勝つ。

3人プレイで15分ほど。1ラウンドは1分かからないこともあり、「よし次!」とやめられなくなる魅力があった。数字の高いカードはリードプレイヤーを取るのに、数字の低いカードはヒットポイントとして、どちらでもないカードは揃えて出すというように、数値に応じて役割が変わるところが面白い。

どっちの始末Show
デザイン・円卓P/イラスト・鍋野たま/グラフィックデザイン・長谷川登鯉/数寄ゲームズ(2016年)
3~5人用/10歳以上/20分

お寺でボードゲーム、8~9月に3回開催、山形

| コメント(0) このエントリーをはてなブックマークに追加    

やまがた長井観光局(山形県長井市)は、1泊2日の観光プラン「お寺でボードゲーム」を公開し、参加者を募っている。日程は日祝前日からで8月10日~11日、9月18日~19日、9月21日~22日の3回で、各回とも1泊2食付き5800円。

会場は、当サイトの管理人が住職を務めているお寺。近所の方々が集まって、地域おこしと観光を兼ねたものを考えているうちに生まれた滞在型観光プランである。お寺に集まり、ひたすらボードゲームを遊び、朝に解散する。

7月にはプレ会が行われ7人が参加。パーティーゲームを中心にプレイし、気がつけば26時を過ぎるという盛り上がりだった。

各回とも日程は1日目15:00に現地集合。夕食を挟んで本堂で就寝までボードゲームをする。本堂に宿泊。翌朝は朝のお勤め(任意)があり、朝食をとって解散となる。

東京から参加する場合、東京駅(11:00発)→(山形新幹線)→赤湯駅→(山形鉄道フラワー長井線)→長井駅→(市営バス)→会場前14:51着というルート。なお市営バスは日祝運休のため移動については応相談となる。駐車場は十分にあるので、自動車・レンタカーでの参加も可能だ。

この日程の直後(9月25日)には、先にお知らせした東北ボードゲームフリーマーケットも控えている。申込み・問い合わせは下記ウェブサイトから電話にて。

長井市観光ポータル:お寺でボードゲーム

カレンダー