わ行の最近のブログ記事

ワンナイト人狼(One Night Werewolf)

| コメント(0) はてなブックマーク - ワンナイト人狼(One Night Werewolf) 

一夜だけの疑心暗鬼

人狼ブームとはいえ、人を集めてゲームマスターをたてるというのは容易ではない。また、「ゲーム中にどんな会話をしたらよいか分からない」という声も聞かれ、敷居は高いようである。人数が増えると時間がかかるという難点もある。

こういった人狼の弱点をカバーした人狼系の作品が次々と発売されている。その嚆矢となったのが、昨年秋のゲームマーケットで発売された『ワンナイト人狼』である。3人から遊べ、ゲームマスター不要、プレイ時間は10分。それでいて、人狼の醍醐味を味わうことができる。人気が人気を呼び、すごろくやゲーム大賞を受賞。ゲームマーケット後も再版されているが、すぐに品切れとなり、需要に追いついていない様子だ。

人数が少なくても遊べる理由は3つある。第一に、参加者より多い役職カードを使い、どの役職が何人いるか(またはいないか)が分からないこと。各自、場から役職カードを取ると、場に2枚(7人プレイでは1枚)カードが余る。3人で遊ぶ場合、人狼は3人のうち2人いることもあれば、1人もいないことだってある。場に残ったカードは、占い師が見ることができる。

第二に、夜に犠牲者が出ないこと。人狼はお互いをアイコンタクトで確認するだけ。そして次の昼に、議論の上で処刑する1人を決める。その1人が人狼なら人間の勝利、人間なら人狼の勝利となる。

第三に、ここがこのゲームの最大の特徴だが、「怪盗」という役職(村人側)が場をかき混ぜること。夜の最後に、「怪盗」のプレイヤーは自分のカードをほかの人のカードと交換できる。交換された方は、そのことを知らないまま昼の議論に参加することになる。「彼、人狼だったけど、もしかして村人になった?」この可能性が、人狼同士を混乱させ、一方的な展開にさせない。

1ゲームが短いので、連続して何回も遊べる。役職の構成が毎回変わるので、遊ぶたびに違った展開が楽しめた。

ワンナイト人狼
akidelic作/ワンナイト人狼(2012)
3~7人用/10歳以上/10分
ショップ検索:ワンナイト人狼

ワンナイト人狼

ワンダーランド(Wunderland)

| コメント(0) はてなブックマーク - ワンダーランド(Wunderland) 

旅は道連れ

ドイツ・ハンブルクにあるジオラマテーマパーク「ミニチュアワンダーランド」。日本にも「東武ワールドスクウェア」(栃木県日光市)があるが、東武ワールドスクウェアが25分の1スケールで屋外展示なのと比べ、ミニチュアワンダーランドは87分の1スケールという精巧さと、室内展示ならではの照明を生かした展示が売りである。2020年に完成予定だが、できあがったところから一般公開しており、年間100万人以上が訪れる。

年々来場者が増えているミニチュアワンダーランドの関連グッズとして、DVDなどと共に販売されているのがこのボードゲームである。ミニチュアの写真をボードやカードにふんだんに使い、ジオラマ好きにはたまらない。ゲームとしては、ファミリー向けのシンプルなルール。それでいて「同行」というルールが考えどころを作っている。

各自コマをいくつかもっており、これをボード上の各地に効率よく送って、目的地カードを達成したり、絵葉書カードを集めたりするのがゲームの目的。全てのコマは、ミニチュアワンダーランドの仮想都市クヌッフィンゲンからスタートする。

ワンダーランド

手番には、1ヶ所選んで、そこにある自分のコマをいくつでも、2マスまで移動する。手札に配られる目的地カードの全ての場所に自分のコマがあれば、達成したことになって得点。達成したコマはまたクヌッフィンゲンに戻って、次の目的地を目指す。

ボードはドイツのほか、スイス、オーストリア、アメリカなどいくつかのエリアに分かれており、それぞれ絵はがきをもらえるスポットがある。ここからコマを引き上げると、絵はがきカードをゲット。たくさんのエリアで集めるほど、絵はがきの価値は上がっていく。目的地カードの達成を優先するか、絵葉書収集を優先するかはプレイヤー次第だ。

効率よく移動するのに重要なのが「同行」ルール。ほかのプレイヤーが選んだ場所に自分のコマがあると、一緒についていくことができる。このコバンザメ的な移動で、遠くを狙う。「Win-Winで行きましょう」「って自分は全然進めてないでしょ!」

相乗りで遠方にどんどん移動して目的地カードを達成しまくったnagaさんが1位。目的地カードのペースが早すぎて、絵はがき組は全く振るわなかった。目的地カードと絵はがきの両方に終了条件があるので、みんながどちらに注力しているか見極めて優先順位を考えることも必要そうだ。

Wunderland
D.ヒルブレヒト/ペガサスシュピーレ(2013年)
2~4人用/8歳以上/50分
ショップ検索:ワンダーランド

忘れられた惑星(The Forgotten Planet)

| コメント(0) はてなブックマーク - 忘れられた惑星(The Forgotten Planet) 

一手で変わる我が鉱床

最近『塩の海の上で』が注目されているジョーキクス・イタリアが昨秋のエッセン国際ゲーム祭で発表した作品。ブースにもたくさんの人が訪れてこのゲームをプレイしていた。このメーカーは、ほかにも『ラプラタ川』『俗語論』『ワンモアバレル』など、やりがいのある戦略ゲームを作っている。

宇宙の彼方でロボットを使って鉱床を探し、財産を競うゲーム。アクションポイント制で、運の要素がほとんどなく、先の先まで読まなければならないシビアなゲームだった。

忘れられた惑星

アクションは、タイルを置く、ロボットを新たに作る、移動する、基地を作るなど。最初は自分の基地が1つしかなく、その周りには何もない。タイルを置き、ロボットを移動して、その先にまたタイルを置くというようにして探索する。

鉱床タイルは、ロボットを置くと鉱石がゲットできる。鉱石は新たに基地やロボットを作ったり、得点にしたりできるのでたくさん取っておきたい。鉱床の種類はダイスで決まる。たまに外れて鉱床が出ないことも。自分の基地の近くに鉱床が出ないと苦しいが、いくらでも挽回できることが、ゲームが進むと分かってくる。

というのも、鉱床が誰に属するかは、基地からの近さ(タイル数)で決まり、遠くの鉱床でもそばに基地さえ作れば自分のものになるからだ。こうして数少ない鉱床をめぐってあちこちに基地が生まれ、熾烈な陣取りが起きる。

同じ距離の場合は誰のものでもない。しかし、壁を作ることで最短距離が変わり、自分のものになることがある。さらにロボットで壁を押して移動することもできるので、フロンティアの陣地は持ち主が転々とする。陣地を奪われたロボットはフリーズ。そのマスを取り返すか、ほかのロボットを送り爆破して再利用するしかない。

プレイ人数によってマップが変わる。3人プレイでは真っ先に中央の鉱床に突進した私は、karokuさんに途中を切られてロボットが死屍累々に。karokuさんと一進一退の攻防を繰り広げているうち、ふうかさんが斜めから侵入してくる。結局、中央の鉱床を最後に握ったふうかさんが勝利。私は両方から攻めこまれて陣地が縮小し最下位。

ゲームが始まってすぐ、相当重いゲームであることを悟る。アクションポイントをどう配分するか、ああでもない、こうでもないと悩みまくった。明らかにミスだったと後悔することもしばしば。その分、局面を一転させる妙手を打てると皆で大いに感心した。

The Forgotten Planet
M.クオンダム/ジョーキクス・イタリア(2011年)
2-4人用 / 12歳以上 / 75分
ゲームストアバネスト:忘れられた惑星
ふうかのボードゲーム日記:忘れられた惑星

ワイ・ディド・ザ・チキン(Why did the Chicken ...)

| コメント(0) はてなブックマーク - ワイ・ディド・ザ・チキン(Why did the Chicken ...) 

ふざけた回答が選ばれた

ランダムに生成された質問に対し、親に気に入ってもらえるような答えを作るゲーム。「笑点の大喜利のようなゲームだ」という評価を聞いていたが、回答をいくつでも書けるのと、選ばれた人以外はどの回答を書いたか分からないことにより、リラックスして好きな回答を出せるのがいい。

お題は質問カード1枚と名詞カード2枚で作る。「〇〇が△△になったらどうなる?」「〇〇と△△に関する格言は?」といった質問に、ランダムに言葉が入るわけだ。名詞は中学校の英単語レベルの簡単なものでも、組み合わせによってできるお題はもうぶっとんだものばかり。

砂時計を逆さまにして、その間に各自、メモ用紙に回答を書く。制限時間は結構長く、いくつ書いてもよい。じっくり考えて、親が喜びそうな回答を書く。もっとも、親の好みに合わせなくても、皆がウケれば選ばれやすくなるだろう。

時間が来たら、親のとなりの人が読む(筆跡で分からないようにするため)。親はその中から2つを選び、選ばれた人は得点になる。2つとも同じ人の回答なら一挙2点。

「王様と床屋にまつわる格言といえば?」に、「床屋の王様は1000円」は私。でも「王様、ソコ切っていいすか?」は、となりで読んでいた鴉さんが、読む前に大ウケしてしまうほどで、回答者のtomokさんはMVPとなった。でも1位はウィットの利いた答えを連発したぽちょむきんすたーさん。ノリのいいメンバーで、論理派、ぶっ飛び派など得意な方向性で遊ぶとすごく楽しい。

Why did the Chicken ...?
H.コーリー/プレイアゲインゲームズ(2004年)
4〜8人用/12歳以上/45分
ゲームストア・バネスト:ワイ・ディド・ザ・チキン

私の世界の見方:新世界(Neue Welten)

| コメント(0) はてなブックマーク - 私の世界の見方:新世界(Neue Welten) 

まだ見ぬ世界へ

スイスのワード系コミュニケーションゲーム『私の世界の見方』の拡張セット。単独で遊ぶこともできるし、カードのサイズは同じなので基本セットに混ぜて遊ぶこともできる。昨年のエッセンで発売されたものを、年末年始にかけて翻訳し、お正月のゲーム会に間に合わせた。

遊び方は前回と同じで、親がお題カードを読んで、空いている部分に入る回答カードを全員が出す。それに山札から引いたダミーカードと一緒に混ぜて、1枚ずつ発表。親は主観でベストと思うものを1点選ぶ。選ばれたカードを出した人がポイントで次の親に。ダミーカードを選んでしまったら減点。規定ポイントを最初に取った人が勝ち。とっても簡単である。

今回、お題カードも回答カードもさらに癖の強いものが入っていて破壊力抜群。回答カードを3枚要求するお題など、新機軸にも注目される。

写真のお題はミツバチの大量死の原因を問うもの。「催眠術」「こむらがえり」「なめめるような視線」などに打ち勝ったのは「退屈な日常」だった。そりゃみんな死ぬわ。
ほかにも、えさをやってはいけない動物園で動物たちを喜ばせるには―お金、南極の地下14kmで地球を操っているもの―エノキダケなど、今回も見事な回答が相次いだ。

『私の世界の見方』はヘビーローテーションで、ほとんどのお題を遊び終えてしまった今(毎回、回答は違うので楽しいことは変わりないが、「ああそれね」みたいな反応で少々盛り下がる)、こんな拡張が出てくれたことが嬉しい。

Neue Welten
U.ホシュテトラー/ファタ・モルガーナ(2010年)
2〜5人用/8歳以上/30分
国内未発売、テンデイズゲームズで発売予定

ワニに乗る?(Tier auf Tier)

| コメント(0) はてなブックマーク - ワニに乗る?(Tier auf Tier) 

ありえないアニマルサーカス

いろんな動物のコマを崩さないように積み上げるバランスゲーム。2005年のドイツ年間ゲーム大賞でキッズゲームの推薦リストに入った。それから5年、今や安定したロングセラーとなっている。

みんな各種1匹ずつ、7匹の動物をもってスタート。中央には邦題にもなっているワニを置く。自分の番にはダイスを振って、1か2ならその数だけ自分の動物を積み、最初に全部なくしたら勝ち。『スティッキー』に次ぐ分かりやすさで4歳でも十分遊べる。

ダイスにはほかにワニ(ワニの両脇に置いて土台を拡張する)、手(ほかの人に積んでもらう)、?(ほかの人に指定されたものを積む)があり、展開にメリハリがあるのもよい。丸々と大きくて積みにくいヒツジを指定されたらもう!

ポイントはぐにゃぐにゃと長いヘビ。この上には、アクロバティックに積める。まるで動物たちのサーカスを見ているようで楽しい(実際は、ヘビの上には乗れないだろうが)。大人だけならば、このヘビを上手く使うことで相当高く積み上がり、エキサイティングになるだろう。

崩したら引き取らないといけないが、3個以上でも2個引き取るだけでよい。残りは箱にしまい、もう出てこないので、どんなに不器用でもゲームが終わる。

遊んだ後は子供たちが動物を並べて動物園ごっこをしていた。それぐらい想像力をかきたてられる美しい造形とかわいい顔立ちである。

Tier auf Tier
K.ミルテンベルガー/ハバ(2005年)
2〜4人用/4歳以上/15分
ゆかいなさかな:ワニに乗る?

ワニに乗る?

私の世界の味方(Wie ich die Welt sehe...)

| コメント(0) はてなブックマーク - 私の世界の味方(Wie ich die Welt sehe...) 

スイス発のコミュニケーションゲーム。惜しくも絶版になってしまった『アップルトゥアップル』に類似したゲームながら、カードの多様性とダミーカードによって、大人が大笑いできるゲームとなっている。ドイツ年間ゲーム大賞推薦リスト、アラカルトカードゲーム賞3位。テンデイズゲームズで発売中。日本語版が待たれる。

Wie ich die Welt sehe...
U.ホシュテトラー/ファタモルガーナ(2004年)
2〜10人用/10歳以上/30〜45分

ワード・ウィツ(Word-Whiz)

| コメント(2) はてなブックマーク - ワード・ウィツ(Word-Whiz) 

できるだけ長い単語で母音稼ぎ

カードで指示された3つの子音で単語を作るワードゲーム。1996年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品。

各プレイヤーは母音(A,I,U,E,O)のコマが乗ったボードをもつ。目標はこれらのコマを一番奥まで進めること。場には3枚の子音カードがあり、山札から1枚めくって1つだけ変える。この3つの子音を含む単語を考えて、思いついたら中央の「マイクロフォン」(赤い棒)をいち早く取る。正しい単語がいえたら、その単語に含まれる母音の分だけ、コマを進める。ルールはこれだけ。

例えば写真ではB,S,Vの子音が出ているが、volleyballsという答えが出た。Oを1マス、Eを1マス、Aを1マス進められる。単数形、複数形、過去形、現在進行形などのかたちは問わないが、辞書に載っていないもの、2単語以上のものはNG。

できるだけ長い単語を出せば、母音も多く含まれるからたくさん進める。でも、最終的な目標は全部の母音をゴールさせることなので、あまり進んでいない母音を意識して使わなければならない。英語だとUが難しい。

妻とサシで1戦。F,Q,Cという子音に対して妻がfrequency(頻度)でスタートしたときは、勝てないかなと思ったが、S,M,Dでseemed(見えた)、T,H,Kでthank(感謝する)などの短い単語を出して勝利。怪しいときは辞書を引いたが、ブラウザーがbrowserという綴りだとは知らなかった。

このゲームは、ワードゲームには珍しく日本語でも遊ぶことができる。VやQやCなどのローマ字表記で使わない子音を予め取り除けばよい。3文字では簡単すぎるなら、4文字にしてもよいだろう。

Word-Whiz
H.ビュッケン/egシュピーレ(1996年)
2〜4人用/10歳以上/30分

ワイルドバイキング(Wilde Wikinger)

| コメント(0) はてなブックマーク - ワイルドバイキング(Wilde Wikinger) 

競りに乗るか乗らないか

アジトの島を目指して戻ってくる宝船に積まれた宝石を、競りで奪い合うゲーム。競りが入っている時点で対象年齢はずいぶん高めだと思うが、ハバ社のキッズゲームである。

アジトの近くには赤青黄3隻の船が列を作って寄港を待っている。ダイスを振って、赤なら赤い船、青なら青い船、黄色なら黄色の船、黒なら好きな船に宝石を1個積む。

ダイスの目はあと2つある。1つはカード補充で、全員が山札から1枚ずつカードを引く。そしてもう1つが寄港である。アジトに一番近い船が到着し、宝石が降ろされる。ここで競りスタート。手札のカードから、船と同じ色のカードか、ジョーカーカードを出して枚数を競う。

宝石を競り落とした人はその分のカードを捨てて、空になった船は列の最後尾へ。そしてまたダイスを振る。この繰り返しで、宝石のストックがなくなって積み込めなくなったら即終了。宝石の多い人が勝つ。

どの船に積まれるかはダイス目次第だから偏ることもあるが、寄港する頃にはほどよく貯まっている。しかし、その宝石を全力で競り落とすか、次回のために出し惜しみするかが悩みどころだ。

全力で競り落としてしまうと手札が激減するから、次の競りはもう勝てないかもしれない。しかしゲームは突然終わるから、手札を出し惜しみしていると次の競り自体がないかもしれない。また、船に積まれている宝石の数によっても判断は変わる。宝石が少ない、でも次はもうないかもしれない。さあどうする?

短いゲームだろうと思って序盤から全力で競り落としていたが、すぐ息切れしてしまった。宝石10個入りの船を競り落としたPsy+さんが逆転優勝。宝石が増えるのになかなか寄港しないのでどんどんテンションが上がった。

これだけミニマムな作りで、競りが楽しめるゲームなのがいい。見事。

Wilde Wikinger
W.ディルシェール/ハバ(2008年)
2〜5用/6歳以上/15分
国内発売:すごろくや

私の世界の見方(Wie ich die Welt sehe...)

| コメント(0) はてなブックマーク - 私の世界の見方(Wie ich die Welt sehe...) 

同じお題でもこんなに違うもの

実は私が年間で最も多く遊ぶゲームである。拡張セットが出てほしいと思っているくらい、このゲームが好きだ。

親がお題カードを読んで、ほかの全員がそれに合うと思われるカードを1枚ずつ出す。山札からダミーを1枚引いて混ぜ、親が読み上げる。もっとも気に入ったカードを出していた人にポイント。ダミーを選んだら親の失点。規定ポイントを集めたら勝ち。

ダミーがあるため、突飛な答えを選ぶことができないのだが、予想を上回る見事な答えがダミーから偶然出てくることがある。以下は今回の例。天然ボケの妙というべきか、ダミーを選んでしまったときはすごく盛り上がる。
「トライアスロンの選手は人知れず○○で妨害する」―「筋肉」
「私の心のふるさと○○」―「再春館製薬」

親の性格を読んだカード選びは、『アップルトゥアップル』にも共通するが、下ネタから哲学ネタまで対応できる幅広さは『私の世界の見方』が何枚も上手。「ガチャピン」「SEX」「サランラップ」「ヒヨコ豆」など、汎用性の高いカードが仲間内では強力とされている。

とはいえ、一見ぱっとしないカードでも、組み合わせによって大化けすることもあるし、何がツボに入るかは開けてみなければ分からない。ネタの方向性がバッティングすれば、地味なネタが選ばれることもある。いちいち突っ込んだり、笑ったりすることで一層盛り上がるだろう。

Wie ich die Welt sehe...
U.ホシュテトラー作/アバクスシュピーレ
2〜10人用/8歳以上/30〜90分
テンデイズゲームズで販売中
私の世界の見方

カレンダー