ニュルンベルク13の最近のブログ記事

ニュルンベルク'13新作情報:ハリカン、リベルー

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:ハリカン、リベルー 

フランス系の出版社の新作で、ホビージャパンが以下の2タイトルの発売を発表しました。いずれも日本語ルール付きの海外版です。

アウグストゥスアウグストゥス(Augustus)
P.モーリ作、ハリカン社、2~6人用、8歳以上、30分、5,250円、3月上旬発売予定。
初代皇帝アウグストゥスの命により、自分の軍団を用いて属州と元老院を支配し、ローマ執政官の座を目指します。最初に渡されるのは、自分の配下の7個の軍団コマと88枚ある目的カードから3枚。目的カードはローマ属州と元老院に分かれており、その目的を果たすのに必要な条件と、得られる利益が記されています。このほかに帝国が求める目的として、全プレイヤーの前に6枚が表向きで控えています。
毎ラウンド、7種類全23枚ある動員トークンから1枚ランダムに引き、自分の目的カードに、手元の軍団を1個派遣するか、転進させるかします。目的カードのすべての条件に軍団を配置できたら、その目的は達成され、表向きになっている6枚の新たな目的カードから1枚を選びます。
目的カードは必要な条件の種類も、派遣する軍団の必要数も異なり、その見返りも異なります。また、動員トークンも種類ごとの比率は異なるため、自分にとって重要視すべき目的は異なり、またその組み合わせによりさまざまなボーナスがあります。穀倉地帯を押さえて、ローマの胃袋を満たすことでボーナスを得るのか、元老院議員の特殊効果を得るべきなのか、アシアを完全に抑えるのか、帝国の求める目的を多くこなすことで評価を得るのか――何れかのプレイヤーが7つの目的を達成するまでに、帝国の評価を最も得たプレイヤーが、執政官となれるでしょう。

アウグストゥス(コンポーネント)

レディース&ジェントルメンレディース&ジェントルメン(Ladies & Gentlemen)
L.ラミィ作、リベルー社、4~10人(2~5チーム)用、14歳以上、30分、5,880円、4月中旬発売予定。
華麗なる上流階級の世界で、お金を貯める方と使う方に分かれて協力する斬新なゲームです。プレイヤーは紳士役と淑女役の2人で1チームとなり、お互いの容姿を栄えるものにし、舞踏会で最も有名なペアとなるのが目的です。そのために、紳士たるプレイヤーは、淑女であるプレイヤーが身を飾りたてるのに必要なドレスや宝石やアクセサリーを購入するために必要なお金を稼ぎ出す義務があります。
それぞれのチームには、この目的を成し遂げるため、お互いの行いを表したアクションカードを使用します――つまり、軽薄で流行を追いかまわすのにご執心のご婦人と、裕福で傲慢で見栄っ張りな紳士らしいアクションカードです。お互いの役割もゲームのルールも違う2人が協力して、社交界で一番のペアとなれるでしょうか? 

レディース&ジェントルメン(コンポーネント)

このほかに、ホビージャパンは、ペガサスシュピーレの新作『ワンダーランド』(5,040円)を3月下旬、『リアルト橋』(5,880円)を4月中旬に発売予定しています。

ニュルンベルク'13新作情報:ツォッホ出版

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:ツォッホ出版 

ツォッホはキッズゲームとパーティーゲームのラインナップで来ました。

地獄の果てまで地獄の果てまで(Auf Teufel komm raus)
T.エンゲル、S.エンゲル作、2~6人用、10歳以上、40分。
地獄の釜にある炭チップを1枚ずつ裏返していきます。裏返すと10~100の数字が書いてあり、めくった分だけ得点が増えます。しかし悪魔がめくられると、それまでにめくった分を全部失ってしまいます。ほかのプレイヤーは、手番プレイヤーがいくつまでめくるか、ポーカーチップを握って賭けをします。賭けに当たれば得点が入りますが、高すぎる賭けはバーストするリスクが高まります。

地獄の果てまで

花嫁キャベツ(Brautkraut)
C,カンツラー、A.ヴレーデ作、2~6人用、10歳以上、15分。
ドイツには「赤キャベツは赤キャベツのまま、花嫁衣裳は花嫁衣裳のまま」という早口言葉があります。絵を見て、かまないように、この早口言葉の応用をしゃべります。似たような響きの言葉が連続するので言い間違えやすくなります。

花嫁キャベツ

ムッカ・パッツァムッカ・パッツァ(Mucca Pazza)
I.ロスバッハ作、2~4人用、4歳以上、15分。
クーピター星から10匹の動物がやってきましたが、牛さんがテレポーターのボタンを誤って押したために、顔と胴体と足が混ざってしまいました。プレイヤーはDNAのスペシャリストとして、3列に並んだタイルをスライドさせ、動物たちを元に戻します。

ムッカ・パッツァ

 騎士のロースト騎士のロースト(Ritter Rost)
K.ツォッホ作、2~4人用、8歳以上、30分。
今年1月にドイツで封切られた映画がボードゲーム化されました。鎧や馬などを入札で手に入れ、その装備に応じたダイスを振って、馬上試合に出たり、ドラゴンと戦ったり、城を攻めたりします。最初に3つ全てのタスクを達成した騎士が勝者です。

騎士のロースト

ヴォラ・ロカ(Vora Loca)
I.ロスバッハ作、3~6人用、6歳以上、15分。
宇宙からきた動物のタイルがばらばらに並んでいます。1枚めくって、対応する動物のタイルに真っ先に手を置きます。間違うと失点になるので注意しなければなりません。

 ポテトマン(Potato Man)
G.ブルクハルト、W.レーマン作、2~5人用、10歳以上、20分。
毎トリック各色1枚ずつしか出せないトリックテイキングゲーム。一番大きい数字を出した人がトリックを取りますが、最弱のポテトマンが揃うと強弱が逆転します。トリックを獲得した色の得点カードを取ると、その下からさらに大きい数字のカードが出てきます。そのため同じ色で、後で取るほど得点が上がりますが、手札がそうは許してくれません。 

ニュルンベルク'13新作情報:アスモデ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:アスモデ 

アスモデは、フランス語圏の出版社を束ねて国外に販売しています。日本ではホビージャパンが扱っており、以下の作品が全て発売決定しています。

怪盗紳士怪盗紳士(Gentlemen Thieves)
P.ペルマン、C.シェヴァリエ、C.デュマ作、ボンビクス社、2~5人用、8歳以上、45分、5,040円。
ルパンの世界をテーマとした、正体秘匿とはったりの華麗なる盗みのゲーム。目的は最も多くのお宝を盗むことです。プレイヤーは、アルセーヌ・ルパン、カリオストロ伯爵夫人、ドロレス・ケッセルバッハなどのいずれかのキャラクターとなってゲームを進めます。毎ラウンド2つの陣営に分かれて、パリの主要な場所にある宝物を盗むべく、暗躍します。自分の手番にパリの5か所、金目の物のある場所に、泥棒道具のトークンを1枚置いていきます。泥棒道具は各プレイヤーの色ごとに、手袋、鉤縄、ランプ、マスク、聴診器の5種類があり、それぞれお宝がある場所に5種類揃ったら、その置かれた泥棒道具の色で見て、多い陣営が盗み出すことに成功し、宝を山分けします。 ただし、ゲームの終了時まで各プレイヤーの正体はわかりません。さらにトンネルや自動車、協力者などの特殊トークンを使用して出し抜いたり、あえて協力者と思われるプレイヤーを失敗させたりするなど、駆け引きを楽しめます。

怪盗紳士(コンポーネント)

魅ノ国十二季節の魔法使い -魅ノ国-(Seasons - Enchanted Kingdoms)
R.ボネセー作、リベユー社、2~4人用、14歳以上、45分、3,675円。

好評のカードドラフト・ダイスゲーム、『十二季節の魔法使い』に拡張セットが登場します。基本セットと混ぜて使用できる40枚の新たなパワーカード、10枚のエンチャントメントカードがゲームに変化を与え、12枚の特殊能力トークンは、この試練に挑む魔法使いたちに個性を与えてくれます。この拡張セットを遊ぶには、『十二季節の魔法使い』本体が必要です。

フォーミュラD:拡張セットIV(Formula D: Circuits 4 - Baltimore & India)
アスモデ社、2~10人用、8歳以上、60分、3,990円。
変速ギアダイスを使ったレースゲーム『フォーミュラD』の拡張マップボードです。今回加わるのは、2011年から開催されているF1インドGPのコースで、長いピットレーンが特徴的な「ブッダ・インターナショナルサーキット」と、インディカーレースのボルチモアGPで知られる、「ボルチモア市街地サーキット」です。このボードを遊ぶには、『フォーミュラD』本体が必要です。

フォーミュラD拡張4

世界の七不思議:ワンダーパック(7 Wonders: Wonder Pack)
A.ボザ作、ルポ・プロドゥクシオン、2~8人用、10歳以上、30分、2,520円。
『世界の七不思議』の最新拡張セットが登場します。「万里の長城」、「アブ・シンベル神殿」、「ストーンヘンジ」に加えて、2010年の新発売時にプロモーションとして配布された「小便小僧」の新バージョンの、計4つの七不思議(ワンダー)を追加します。この拡張セットを遊ぶには、『世界の七不思議』本体が必要です。

ワンダーパック

ニュルンベルク'13新作情報:クイーンゲームズ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:クイーンゲームズ 

クイーンゲームズは、ドイツゲーム的な作品から、ファンタジー、キッズ、拡張まで幅広く取り揃えてきました。

アッピア街道アッピア街道(Via Appia)
M.フェルトケッター作、2~4人用、8歳以上、45分。
ローマ帝国で最も有名な街道を建設します。石切り場から石を切り出し、加工して街道に敷き詰めていきます。価値の高いエリアを作り、都市を早く結ぶことで、ローマで最も有名な建築家となることを目指します。

アッピア街道(コンポーネント)

ロストレジェンドロスト・レジェンド(Lost Legends)
M.エリオット作、3~5人用、10歳以上、70分。
英雄となって仲間を集め、モンスターに立ち向かうファンタジーゲーム。能力の異なる英雄を1人選び、退治すべきモンスターが登場します。ドラフト方式で装備を集めて、モンスターと戦いますが、無理そうだったら、となりの英雄にパスしてもかまいません。でもそうした場合、次に引いたモンスターとは強制的に戦わなければならなくなります。

ロストレジェンド(コンポーネント)

十字路キングダムビルダー拡張:十字路(Kingdom Builder: Crossroads)
D.ヴァッカリーノ作、2~5人用、8歳以上、60分。
新しい地形ともに、新しいタスクが登場します。タスク通りに家を作れば、得点が入ります。車や船という移動手段に加え、戦士も登場して、ゲームは一層奥深くなります。

 

 

バナナパーティーバナナパーティー(Banana Party)
S.ドラ、M.ラインドル作、2~4人用、5歳以上、20分。
ジャングルでサルのギャングたちからバナナを奪うキッズゲーム。

バナナパーティー

クライシス・アナログエディションクライシス・アナログエディション:ボードゲーム(Crysis Analogue Edition: The Board Game)
S.クロイツ、D.ラウ作、2~8人用、14歳以上、60分。
パソコンやプレステのシューティングゲーム『クライシス』のボードゲーム版。さまざまな武器を装備して未知なる敵に立ち向かいます。

江戸:拡張1(Edo: Expansion #1)
L.マルツ、S.マルツ、W.パニング作、2~5人用、12歳以上、60分。
5人目のプレイヤーセットと、3つのモジュール(寺院、特権、浪人)が入っており、自由に組み合わせて遊ぶことができます。

エスケープ:クエスト(Escape: Quests)
K.A.オストビー作、1~5人用、8歳以上、10分。
同時プレイダイスゲームの拡張第2弾。2種類の部屋が登場し、プレイヤーにはクエストの達成が課されます。

このほかに、秋のエッセン・シュピールで、D.ヘンの株ゲーム『スペキュレーション(Spekulation)』リメイク再版、スペイン人デザイナーの探検ゲーム『法律家(Templar)』、S.フェルトの航海ゲーム『アメリゴ(Amerigo)』、『キングダムビルダー』と『フレスコ』でそれぞれこれまでの拡張が全部入ったビッグボックスをのリリースを予定しています。

ニュルンベルク'13新作情報:ペガサスシュピーレ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:ペガサスシュピーレ 

ペガサスシュピーレは自社製品だけでなく、エッガートシュピーレなど提携出版社の製品も一緒に扱います。

リアルトリアルト橋(Rialto)
S.フェルト作、2~5人用、10歳以上、45分。
ヴェネツィアを舞台に地域の影響力を競うゲーム。毎ラウンド8枚1組のカードが並べられ、好きな組みを取って収入、評議員の配置、建物の建設などのアクションを行います。建物は価値に応じて、特殊能力をもたらします。橋やゴンドラも作ることができます。ゲーム終了時には、地域ごとに評議員の多い順に得点が入りますが、橋でつながっているエリアは連結して得点が入り、ゴンドラがあるエリアは得点が上がります。橋をどこにかけるかが勝敗の鍵となるでしょう。

リアルト橋

村の人生:宿屋村の人生:宿屋(Village Inn)
I.ブラント、M.ブラント作、2~5人用、12歳以上、80分。
『村の人生』の拡張セット第1弾。新しい工房としてビール醸造所が加わり、ここでビールを生産できます。宿屋ではさまざまな特殊能力を持った人物(カード)がおり、お金・ビール・時間を費やして仲間にします。人物はゲーム中に1回しか使えず、得点になったり、条件を達成していればボーナスをもたらしたりします。
このほかに5人目のプレイヤー用のコンポーネントが入っています。

村の人生:宿屋(コンポーネント)

ワンダーランドワンダーランド(Wunderland)
D.ヒレブレヒト作、2~4人用、8歳以上、50分。
ハンブルクにあるミニチュアテーマパーク(東武ワールドスクウェアのような施設)がボードゲームになりました。スカンジナビア半島からアメリカ、海岸から高山まで、世界中を回って決められた目的地を訪れると得点になります。また各地では絵はがきカードを獲得でき、これもゲーム終了時に得点になります。

ワンダーランド(コンポーネント)
 

ニュルンベルク'13新作情報:アバクスシュピーレ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:アバクスシュピーレ 

アバクスシュピーレの新作は2タイトルと、リメイクが3タイトルです。

ゴミ箱ポイ(Ab in die Tonne)
C.ロッシ作。2~5人用、6歳以上、30分。
1~10の数字が書かれたカードから1枚を選んで、全員一斉に出します。数字の小さい人から、その数だけ、ゴミ箱にゴミを入れます。崩してしまったら人はペナルティーマーカーを取らなければなりません。ゴミ箱を空にして次のラウンドを始めます。こうして、6回ゴミが崩れたときに、ペナルティーマーカーの一番少ない人が勝者です。
ゴミ箱ポイ

チーズが全て(Alles Käse!)
M.ルーヴィア作。2~6人用、6歳以上、15分。
 チーズカードを6枚並べて、サイコロを振ります。チーズカードのチーズ穴と同じ数字が出たら、そのカードを取ることができます。ただし、穴が多いチーズほど、ネズミ捕りが多く仕掛けられています。ネズミ捕りだと思ったら、取らないで捨てることもできます。チーズ穴と同じ数字が出なかったら、1枚こっそり見て、チーズが安全か確認できます。こうして、3回ネズミ捕りを取った人は負けとなり、残った人でチーズの穴が多い人が勝ちです。
チーズが全て

ズーロレット・ライオン版(Zooloretto Löwenedition)
M.シャハト作。2~5人用、8歳以上、30分。
 新たな動物としてライオンが登場します。

コロレット記念版(Coloretto Jubiläumsedition)
 M.シャハト作。2~5人用、8歳以上、30分。
 発売10周年を記念して、ロシア版のイラストで発売されます。

斬‐サムライソード‐斬‐サムライソード‐(Samurai Sword)
E.スキアラ作。3~7人用、8歳以上、40分。ホビージャパンからまもなく日本語版が発売されます。
イタリアのダビンチ社から2002年に発売された西部劇カードゲーム『バン!(Bang!)』の和風リメイク。将軍・侍の幕府側、幕府転覆を目論む忍者、そして無頼の浪人に分かれ、お互い正体を隠してゲームを進めます。プレイヤー同士で正体を探りながら、自分の勢力に勝利をもたらすべく、表の顔である信長、武蔵、千代女などのキャラクターの特殊能力を駆使して闘わなければなりません。
ホビージャパン、『斬‐サムライソード-』を発売
斬‐サムライソード‐(コンポーネント)

ニュルンベルク'13新作情報:ドライマギア

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:ドライマギア 

ドライマギア社は魔法ゲームを2タイトル用意しています。

魔法にかかった大男魔法にかかった大男(Die verzauberten Rumpelriesen)
 C.E.ランザヴェッキア、W.オベール作。2~4人用、5歳以上、15~20分。
 森の番人をしている大男が眠っている間に、魔法使いたちが子鬼を集めます。ボードの穴にインプタイルを入れ、その上を85枚の葉っぱカードで覆います。砂時計が落ちるまでに、魔法の杖で葉っぱをどかして子鬼を探します。四隅に大男コマがおり、魔法の杖で動かすこともできますが、コマが倒したり、葉っぱカードをボードから落としたりすると、大男が起きてそのラウンドお休みになってしまいます。一番多く子鬼を集めた人の勝ちです。

リヌス小さな魔法使いリヌス(Linus, der kleine Magier)
W.ディシャール作。2~5人用、3歳以上、10分。
子供の魔法使いがおもちゃに魔法をかけました。どのおもちゃに魔法がかかっているかを探します。テーブルに並んだおもちゃタイルの上に魔法使いコマを置いて、磁石でくっつけば魔法がかかっていることになります。どのおもちゃがハズレか、場所を覚えて置かなければなりません。

ニュルンベルク'13新作情報:シュミットシュピーレ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:シュミットシュピーレ 

シュミット社の新作は『禁断の島』の続編です。

禁断の砂漠禁断の砂漠(Die vergessene Stadt)
 M.リーコック作。2~5人用、10歳以上、30分。アメリカのゲームライト社、オランダのホワイトゴブリン社と同時発売ですが、パッケージサイズが会社によって異なります。
 砂漠の街の廃墟にあると伝えられている飛行船を修理し、砂漠から脱出する協力ゲーム。同じ作者の『禁断の島(Forbidden Island)』の続編です。
 禁断の島は水だらけでしたが、今度は水が全くない世界です。砂漠の灼熱と砂嵐に気をつけながら、飛行船のパーツを掘り当てて修理します。ボードはつねに移動し続け、飛行船の位置も変わるというように、『禁断の島』とは違ったシステムが用いられています。

ニュルンベルク'13新作情報:ハンス・イム・グリュック

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:ハンス・イム・グリュック 

ハンス社は初めて、新進気鋭のゲームデザイナー、S.フェルトを起用しました。

ブルージュブルージュ(Brügge)
S.フェルト作。2~4人用、10歳以上、60分。
 15世紀のベルギーの街ブルージュは、文化と商業が栄え、ハンザ同盟の都市としてヨーロッパ有数の繁栄を築きました。プレイヤーは商人となって、街の有力者とつながり、影響力・権力・地位を競います。静寂は見せかけにすぎないかもしれません。劇的な事件が忍び寄り、豊かさを脅かすのはほかのプレイヤーだけではありません。エキサイティングな権力と富の競争を制するのは誰でしょうか。
 手番には、手札から1枚を選び、7つのアクションのうち1つを行います。基本的に、どのカードでも全てのアクションができますが、カードの色によってアクションの強さが変わります。例えば青いカードは働き手(リソースの1つ)が増えます。全てのアクションは名声を獲得するのにつながり、最も名声の高い商人が勝者となります。

ニュルンベルク'13新作情報:コスモス

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:コスモス 

コスモス社は今年もたくさん新作を用意しています(伝統ゲーム、クイズゲーム、ワードゲームは省略しました。全新作リストはこちらをどうぞ)。

ラ・ボカ(La Boca)
ブラント夫妻作、3~6人用、8歳以上、40分。
2人ずつパートナーとなり、積み木で街を作ります。向かい合わせになり、それぞれ横側から見た地図が渡されます。両方の地図を満たすように、相談して積み木を並べます。早く出来上がるほど、得点が上がります。パートナーを入れ替えることで個人戦も楽しめます。

カタンの開拓者たち:発見者と海賊(Die Siedler von Catan - Entdecker & Piraten)
K.トイバー作、2~4人用、10歳以上、90~120分。
『カタンの開拓者たち』に久しぶりの拡張セットの登場です。3つのシナリオが入っており、自由に組み合わせて遊べます。新しい島を発見したり、海賊と戦ったり、カタン評議会の命令で漁や貿易や海賊征伐を行ったりします。遊ぶには基本セットが必要です。

アサンテ(La Boca)
R.ドーン作、2人用、12歳以上、40分。
『ジャンボ』『ワカワカ』に続くR.ドーンのアフリカ商業ゲーム。今回は『ジャンボ』と同様2人専用です。「アサンテ」とはスワヒリ語でありがとうという挨拶です。アフリカの商人となって、毛皮、布、装飾品、果実、茶、塩を売買して儲けます。さまざまな特殊能力を持った人物の助けを借りたり、アイテムを使ったり、動物で相手を妨害したりします。

ハンガー・ゲーム(Die Tribute von Panem)
作者不明、2~4人用、10歳以上、30分。
映画にもなったS.コリンズのシリーズ小説がボードゲームになりました。12の地区から選ばれた若者がサバイバルゲームを繰り広げます。食料、衣服、燃料、医薬品をを集めていきますが、絶えず捨てなければいけない場面に襲われます。ゲーム終了時にくじ引きで敗者が決まり、残ったプレイヤーで食料などを最も多く集めた人が勝者となります。

ザ・ワールド(Die Welt)
G.ブルクハルト作、3~6人用、8歳以上、40分。
ロサンゼルス、ベイルート、モンブラン、福島などの街や名所が世界地図上のどこにあるかを当てます。6大陸のボードには座標が書いてあり、各自どのボードの、どの座標にあるかをコマを置いて推測します。カードを裏返すと解答が書いてあり、当たった人にポイントが与えられます。

ダイスデビル(Dice Devils)
R.メンゼン作、3~6人用、8歳以上、30分。
地獄がだんだん寒くなってきたので、悪魔たちが熱いアイテムを集めます。各自ダイスを振って、ほしいアイテムを選びます。ほかの人とかぶっていたら出目の合計で勝負です。悪魔には様々な特殊能力があり、ダイスの目を変えることができます。悪魔はどんどん変わっていくので、特殊能力をうまく使いこなさなければなりません。

ウボンゴダイス(Ubongo - Das Würfelspiel)
G.レヒトマン作、2~4人用、8歳以上、20分。
1人がダイスを振って、その中から各自黒いダイスを1つと白いダイスを1つ取ります。そのダイスの目の図形を組み合わせて、自分のお題カードを満たしたらウボンゴ宣言。最初に宣言できた人から得点します。

シンサラ・ホップ(Simsala Hopp)
ブラント夫妻作、2~4人用、5歳以上、20分。
魔法の城で魔法使いたちのコンテストが始まりました。魔法の杖でボードを下から叩き、その振動でできるだけ多くのカエルをウサギに変えます。しかし強く叩き過ぎるとカエルは城から飛び出してしまいます。

カタツムリのかくれんぼ(Versteck dich, kleine Schnecke!)
K.クレオウスキ作、2~6人用、3歳以上、15分。
子供たちが大好きなかくれんぼ。カタツムリコマをどこかに隠して探し出します。ヒントはチップで、その色のところにカタツムリがいます。家の中でも外でも遊ぶことができます。

プリモ(Primo)
W.クラマー作、2~6人用、7歳以上、30分。
6列ある場札に合うカードを出して、手札を早くなくした人が勝つゲーム。1回の手番に何枚でも出すことができ、一発逆転も狙えますが、列をずらされたり、特殊カードで邪魔されたりすることもあります。

メメント(Memento)
P.モリ作、2~5人用、10歳以上、30分。
カードを取って、今まで取ったものを覚えていくゲーム。カードにはマークと色がさまざまなパターンで書いてあり、組み合わせの難易度に応じて得点が変わります。さらに難易度を上げる上級ルールもあります。

ラビッズ・ボードゲーム(Rabbids - Das Spiel)
M.トイブナー、U.パイゼ作、2~6人用、8歳以上、60分。
ビデオゲームのキャラクターがボードゲームになりました。60のミニゲームが入っており、器用さや思考やスピードや運を競います。どのゲームも2分以内で終わるシンプルなものばかりです。

ラビッズ・カードゲーム(Rabbids - Das Kartenspiel)
R.ドーン作、2~5人用、8歳以上、15分。
全員が同時にリアクションするスピーディーなゲーム。カードをめくって、得点計算カードが出たら、そのカードに示されたラビッズを場からできるだけたくさん取ります。紛らわしい絵を間違わずに取れたらほうびがもらえます。

モンスターが住む家・コンパクト(Monsterfalle Mitbringspiel)
ブラント夫妻作、2~4人用、5歳以上、15分。
ドイツキッズゲーム賞を受賞したゲームのコンパクト版です。

ウルル・コンパクト(Uluru Mitbringspiel)
L.ルショー作、1~5人用、8歳以上、30分。
条件にそってコマを並べるパズルゲームのコンパクト版です。

アンドールの伝説:星の盾(Die Legenden von Andor - Der Sternenschild)
M.メンツェル作、2~4人用、10歳以上、60~90分。
昨年秋に発売されたファンタジーゲームの拡張セットです。

ニュルンベルク'13新作情報:アミーゴ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'13新作情報:アミーゴ 

ニュルンベルク国際玩具見本市は、毎年2月にドイツで開かれるおもちゃのショーです。ボードゲームの分野では、大手出版社がファミリー向けの新作を発表します。今年は1月30日から2月4日まで、6日間にわたって開催されます。

当サイトでは、ここで発表される予定の新作を、出版社ごとに紹介します。邦題は直訳で、日本で発売されるときには別のタイトルになる可能性があります。

お城の幽霊ヒューゴお城の幽霊ヒューゴ(Hugo - Das Schlossgespenst)
W.クラマー作、2~8人用、7歳以上、30分。
『ミッドナイトパーティー』のリメイクです。舞踏会に訪れた紳士淑女を、おばけが追いかけます。ダイスでオバケの目が出るたびにオバケが地下から出てきます。階上に現れたら、部屋に逃げ込みましょう。オバケに捕まったら、地下牢に閉じ込められて恐怖ポイントを受け取ります。しかし自分の番には、地下牢から脱出することができます。オバケは建物を一周するたびに足が早くなり、捕まりやすくなります。7周して朝になるか、誰かの恐怖ポイントが46点になったとき、恐怖ポイントの最も小さい人が勝者です。

クレイジーラボクレイジーラボ(Crazy Lab)
G.モラレス、J.ジェネ作、3~5人用、10歳以上、20分。
トリックテイキングゲームです。10枚の手札を見て、各自、自分が点数になる色を選びます。選ばなかったカードは一緒にして混ぜ、毎回その中から切り札の色が決まります。全員1枚ずつカードを出して強い人が総取りしますが、1枚のカードには複数の色で数字が書いてあります。10トリックを行った後に、得点になる色の数字を合計し、失点になる色の数字を引いて、合計の多い人が勝ちます。

ボクのどうぶつボクのどうぶつ(Alle meine Tiere)
R.シュタウペ作、2~6人用、6歳以上、15分。
動物カードを3×3枚の列に並べます。自分の番になったら、大きさ、重さ、絶滅危惧種か否か、単独で行動するか群れで行動するかのカードが指示されます。並んでいる動物の中からタテ・ヨコ・ナナメに、条件に合うようにカードを置きます。動物カードの裏には体長、体重などのデータが書いてあり、めくって答え合わせをして、当たっていればもらえます。先に5枚集めた人の勝ちです。

オバケの塔オバケの塔(Gespensterturm)
H.マイスター作、2~6人用、5歳以上、20分。
オバケの子供たちを時間までに探す協力ゲーム。1人1枚ずつタイルをめくっていって、同じオバケが3枚揃えばお部屋に返すことができます。揃っていないと時計が5分進みます。時計は22時からスタートし、24時になるまでに全てのオバケを揃えて見つけなければなりません。見つけられなければ全員の敗北になってしまいます。

ボクの子ガモボクの子ガモ(Alle meine Entchen)
H.マイスター作、2~4人用、3歳以上、10分。
子ガモたちがレースをしています。並んでいる池タイルから、一番後ろにいる子ガモのタイルをめくります。当たったら、タイルをもらってその子ガモは先頭に行きます。外れたらタイルはもらえず、裏返して次の人の番になります。こうしてタイルを一番多く集めた人の勝ちです。

クッデル・ムッデルクッデル・ムッデル(Kuddel Muddel)
H.シャフィール作、2~4人用、5歳以上、15分。
3つのアイテムが書かれたカードを裏返しにしてテーブルに広げ、全員同時に1枚ずつめくっていきます。前にとったカードと同じアイテムがあるカードのみ取ることができ、取ったら並べて次のカードを探します。7枚のカードが揃ったら、中央のベルを押しましょう。間違っていなければ、そのカードをもらえます。最後にカード枚数が一番多い人が勝者です。

セットセット(Set)
M.J.ファルコ作、1~8人用、8歳以上、20分。
3枚のカードに共通する色、形、模様、数をいち早く見つけて言い当てるパターン認識ゲーム。1988年に発売されて以来、ロングセラーを続けています。ドイツでは、2005年のラベンスバーガー版以来8年ぶりの再版となります。

ザクティカザクティカ(Xactika)
M.J.ファルコ作、2~10人用、12歳以上、45分。
『セット』の会社がリリースした派生作品のトリックテイキングゲーム。オリジナルは2002年に発売されています。カードには1~3個のシンボルが4種類ついており、最初に出す人が「丸が3こ」などと指定します。その条件に合うカードのうち、数字の最も大きい人がトリックを取ります。

カレンダー