ニュルンベルク15の最近のブログ記事

ニュルンベルク'15新作情報:アレア

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:アレア 

ブルームサービス(Broom Service)
A.ペリカン、A.プフィシュター作、2~5人用、10歳以上、45~75分。
同社の『魔法にかかったみたい』(2008年)のボードゲーム版。『魔法にかかったみたい』はドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされ、日本ボードゲーム大賞を受賞しました。
魔法の飲み物を調合・配達し、勝利点を競います。選んだキャラクターが前の人とかぶった場合、リスク覚悟で奪うか、安全でも半分で妥協するかというシステムをそのままに、ゲームボード上で配達をするという要素が加わりました。ボード上には雲がかかっているマスがあり、配達を妨げます。また、ボードは両面刷りになっており、大陸と島の2つのマップが楽しめます。


ニュルンベルク'15新作情報:クイーンゲームズ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:クイーンゲームズ 

パフューム(Parfum)
M.ルスコウスキ、M.ズーセルベック作、2~4人用、8歳以上、45分。
香水の魅力的な世界にお連れします。香水が黄金と同じくらい高価だった時代です。香水師のマイスターとして、バニラやラベンダーなどの材料から高価なエッセンスを取り出し、世界で一つしかない香水を作り出します。しかしお客さんによってそれぞれ好みの香りが異なり、香水の成分を変えなくてはなりません。また、その調合もわがままなお客さんの嗜好に合わせなければなりません。エッセンスダイスをうまく選び、お客さんがほしがっているものに注意しましょう。最も成功した香水師になるには、それしかないのです。
『フレスコ』のデザイナーコンビが贈る新作です。

女王の建築家(Queen`s Architect)
V.シェヒテレ作、2~4人用、10歳以上、60分。
国中でやることがいっぱいあります。街、修道院、村はいろいろな建物を建てるのにみなさんの助けを必要としています。プレイヤーのみなさんは建築家となって、有能な職人グループを集め仕事を始めます。新築、修繕、あるいは農作業など、女王の名誉とひいきに結びつく道はたくさんあります。女王のひいきを受けたら、特権を得て、女王の宮殿を作ることが許されます。これが最も成功した建築家であり、このゲームの勝者なのです。

シェフのアルフレッド(Chef Alfredo)
M.シャハト作、2~4人用、5歳以上、15分。
コック長のアルフレッドは困っています。どの鍋でどのスープを料理しているのか? 彼を手伝って、ニンジン、ニンジン,豆、トマトを正しい鍋に入れることができるでしょうか? でもほかのプレイヤーも材料の正しい鍋を選んだのか、気をつけて見ておきましょう。調理台の上で入れ替わる鍋をよく観察できた人が、この楽しい料理ゲームの勝者となります。

プッシュモンスター(Push a Monster)
W.ディシャール、M.ラインドル作、2~4人用、5歳以上、15分。
モンスターアリーナでは、モンスターたちが戦いを始めました。しまいにはルールに従って、ほかのモンスターを怒らせることができます。押しのけ、送り出し、引っ張り、時にはちょっとたたくことすらあります。ひねりのきいたシステムと、エキサイティングな3Dボードの押し出しゲームです。

ニュルンベルク'15新作情報:ペガサスシュピーレ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:ペガサスシュピーレ 

キャメルアップ:スーパーカップ(Camel Up: Supercup)
S.ボーゲン作、2~10人用、6歳以上、30~45分。
ドイツ年間ゲーム大賞史上初めて、8人までできるゲームとして受賞した『キャメルアップ』は、さらにラクダの積み上げを高くします。この拡張セットにより、競争好きが10人までプレイできるようになり、砂漠でラクダのレースと、危険な賭けは益々激しくなります。もちろん人数が増えるだけでなく、新しいレースと新しいアクションが加わります。写真家チップを置けば、センセーショナルなレースシーンで儲けることができます。ヤシの森からとれたジューシーなココナッツは、くらびれたラクダを元気づけてくれるでしょう。
たいへんな成功を収めた『キャメルアップ』は、この拡張で新しいラウンドに入ります。スピーディーな展開と混乱したシチュエーションはそのままに、コースも券売所ももっとエキサイティングになるでしょう。

イスタンブール:モカとバクシーシ(Istanbul: Mokka und Bakschisch)
R.ドーン作、2~5人用、10歳以上、40~60分。
高価な布地、最高級のスパイス、新鮮な果物はイスタンブールでよい商いとなりました。しかし今度はバザールの客が新しい商品を発見しました。それはコーヒーです。香り高い飲み物の需要は増え続け、抜け目ない商人たちはお店にコーヒー豆を並べたいと思っています。この新しい仕事を成り立たせるには、それぞれの助手の能力を超えたサポートが必要となります。例えば居酒屋の客は、バクシーシを支払えば喜んで手伝ってくれます。
ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2014の受賞作である『イスタンブール』の初めての拡張には、4つの新しい場所タイルが加わり、プレイヤー間のインタラクションと、ルビーを手に入れる新しい方法が増えます。ゲーマーみんなが大好きなバザールがもっと魅力的なものになるでしょう。

私の村の人生(My Village)
I.ブラント、M.ブラント作、2~4人用、12歳以上、90分。
常に発展中の『村の人生』シリーズが新章に入りました。スタンドアローンのゲームで、各プレイヤーが自分の村で作業をして運とスキルを発揮します。前作でよく知られた場所とキャラクターが新しいシステムと融合し、おなじみでありながら完全に新しいプレイ感覚を生み出します。時間トラックや、村の歴史のような中心となる要素は、ゲーマーにはすぐになじめるでしょう。でもそのアクションは今回、洗練されたダイスシステムによって決められるのです。
ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2012の受賞作である『村の人生』と同様、このゲームはファミリーも戦略家も楽しめる家族の物語ゲームです。定評のあるシステムと新しさを融合し、新入りにも、村の長老にも楽しんでもらえるでしょう。

ロココの仕立屋拡張(Rokoko Erweiterung)
M.クラマー、L.マルツ、S.マルツ作、2~5人用、12歳以上、90~120分。
ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2014のノミネート作品に拡張セットが登場します。詳細はまだ明らかにされていません。

ブレインズ:日本庭園(Brains - Japanischer Garten)
R.クニツィア作、1人用、8歳以上、5~20分。
50のお題に従ってタイルを並べる1人用パズルゲーム。

このほかに、先に報じた通り、セレクタ社のキッズゲームねことねずみの大レース(Viva Topo!)、てんとう虫の仮装パーティー(Maskenball der Käfer)、ニーノ・コニーロ(Nino Conillo)、いかだ動物園(Zoowaboo)が新装版で発売されます。

ニュルンベルク'15新作情報:ハンス・イム・グリュック

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:ハンス・イム・グリュック 

マルコポーロの足あと(Auf den Spuren von Marco Polo)
S.ルキアーニ、D.タスキーニ作、2~4人用、12歳以上、90~120分。
『ツォルキン:マヤ神聖暦』のイタリア人デザイナーコンビの作品。2004年に同じタイトルで発売されたクニツィアの作品とは別物です。
1271年、マルコポーロは17歳で父と兄と中国に向かって出発しました。長く、骨の折れる旅はエルサレム、メソポタミアを通り、シルクロードに続き、1275年にクビライ・カーンの都に到着しました。プレイヤーはこの旅をたどっていきます。

エルグランデ・ビッグボックス(El Grande Big Box)
W.クラマー、R.ウルリヒ作、2~5人用、12歳以上、60~120分。
1996年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した作品の20周年記念版。スペインを舞台に領主たちが陣取りを繰り広げます。基本セットのほか、拡張セット『異端審問官と植民地』『王と参謀』『グランディッシモ』『プレイヤーエディション』が全て入っており、さらに追加のコンポーネントや記念版の拡張も付いています。

カルカソンヌ・スターウォーズ版(Carcassonne - Star Wars Edition)
K.J.ヴレーデ作。
カルカソンヌが有名映画とタイアップして、舞台を宇宙に移します。

ニュルンベルク'15新作情報:ツォッホ出版

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:ツォッホ出版 

クモのシンデレラ(Spinderella)
R.フラガ作、2~4人用、6歳以上、20分。
クモに捕まらないように、アリたちがゴールを目指します。森ではアリたちがマラソンを繰り広げており、各プレイヤーは自分の3匹のアリをゴールに向かって進めます。一方、2匹のクモの兄弟であるロベルトとクラウスが、妹のシンデレラを糸にぶら下げて森に下ろし、アリを捕まえます。シンデレラには磁石がついており、その下にいたアリが捕まってしまいます。切り株を移動して、クモから身を守りましょう。しかし切り株はコースを邪魔するものにもなります。
手番にはダイスを振り、アリか、クモか、切り株を移動させます。クモでアリを捕まえると、スタートに戻すことができ、自分のアリを進めることができます。最初に3匹のアリを無事ゴールに届けたプレイヤーの勝利です。風変わりなゲームを作るフランスのデザイナーの新作です。

オーノー!シュナッケルシュタイン!(Oh nein! Die Schnackelstein!)
C.クライナート、K.ツォッホ作、2~5人用、6歳以上、20分。
シュナッケルシュタインのルビーナ伯爵夫人が宝石を埋めました。しかしダイヤモンドを埋めたその場所は、モグラの丘だったのです。地面の下で、プレイヤーはモグラの穴を延ばし、穴の中からモグラの頭を見つけます。そこで伯爵夫人の宝石を取り戻すことができます。闇雲に探しても見つかりません。伯爵夫人も、虫を使って宝石を集めます。またモグラの間でも、決められた宝石を見つけたら「友達」に渡すという約束があります。大人も子どもも穴掘りと、きらめく宝石の輝きに夢中になるでしょう。ドイツ年間キッズゲーム大賞(2011年)の『カラフルミミズ』の続編です。

ヤク(Yak)
B.ライト作、2~6人用、8歳以上、20分。
スワンパナシア(台湾)から2013年に発売された『ほらふき動物園(Bluff in Zoo)』のドイツ語版。登場する動物がヒマラヤになっています。手札からカードを裏向きに出して、その動物と数字を言います。前の人と同じ動物で数を増やすか、同じ数で動物を変えるかしなければなりません。うそをつくこともできますが、ダウトがかかったらカードを全て表にして言った動物の総数を数え、総数が少ないと減点になってしまいます。さらに特殊カードもあり、思わぬ展開が待っています。

ドリームチーム(Dream Team)
W.ヴァルシュ作、4~10人用、12歳以上、45~60分。
「あなたが好きなものは何?」他の人が何を考えているか知りたい人は、超能力者でなくてもかまいません。全く知らない人でも、顔見知りでも、みんなでドリームチームを作りましょう。海岸で、レストランで、工事現場でといったお題が与えられ、そこで相手がどんな想像力をはたらかせるか考え、波長の合う人を探します。大人数でできる陽気なコミュニケーションゲームです。

ニュルンベルク'15新作情報:シュミットシュピーレ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:シュミットシュピーレ 

ウィーン(Vienna)
J.シュミダウアー・ケーニヒ作、3~5人用、10歳以上、30分。
19世紀のウィーンでは、できることの多さに驚きます。やがて重要な問題にぶつかります。自分のダイスをどこに置けば、最後に一番得点ができるか? 手っ取り早くお金を得るか、長期の後援者を獲得したほうがよいか? この選択にはもちろん、ほかのプレイヤーの計画と、ダイス運も加味されます。抜け目なく、見通しを立てて計画し、ダイスをうまく配置したプレイヤーが最後に勝ちます。

バッド・バニー(Bad Bunnies)
J.ゼメ作、2~6人用、8歳以上、20分。
スピーディーなカードゲームで、前のプレイヤーが、次にプレイされるウサギカードの数字を上げるか下げるか指定します。例えば4を出して「下」といえば、次のプレイヤーは3以下を出さなければなりません。戦術のうまさと、少しの運でほかのプレイヤーを追い込みましょう。出せなくなったらジョーカー(7に戻す)でしのぎます。ジョーカーがあればいいのですが、なければ脱落となります。でも次のラウンドにはきっとお返しが待っているでしょう。

クワークル・カード(Qwirkle Cards)
M.ロス作、2~4人用、8歳以上、20分。
ドイツ年間ゲーム大賞受賞作のカードゲーム版。コンパクトになって持ち運びやすくなりました。同じ色のシンボル6種類か、全て違う色のシンボル1種類でクワークルになります。ただしカードはたった1列に並べ、ほかの誰でも出すことができます。カードの並び替えができるので、クワークルを目指しましょう。ほかのプレイヤーが邪魔してくることもあります。

ニュルンベルク'15新作情報:アバクスシュピーレ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:アバクスシュピーレ 

カカオ(Cacao)
P.ウォーカー=ハーディング作、2~4人用、8歳以上、45分。
このゲームはプレイヤーを「神々の果実」のエキゾチックな世界に誘います。部族長となり、カカオ取引によって自分の部族に名声と幸せをもたらすことを目指します。ワーカータイルをうまく配置し、神々の力を駆使すれば、富がもたらされるでしょう。シンプルなルールと短いプレイ時間で楽しめるファミリー向け配置ゲームです。
手番にはワーカータイルを配置し、隙間が埋まるようにジャングルタイルを置きます。そしてワーカータイルのワーカーで、隣接するジャングルタイルのアクションを行います。隣接していれば、ほかのプレイヤーもアクションを行えるところが特徴です。アクションはカカオを収穫したり、収穫したカカオを換金したり、水を手に入れたりします。最後は所持金で勝敗を決めます。

マンモズ(MammuZ)
N.パガゾフ作、3~7人用、7歳以上、20分。
氷河時代にようこそ。サーベルタイガーやマンモス、恐竜を探しに行きます。自分の手札をできるだけ早くなくさなければなりません。いくらでもインチキをできますが、捕まらないようにしましょう。
手番には手札を1~4枚裏にして出し、どの動物をいくつか言います。ウソを付くこともできます。次の人は同じ動物で数字を上げるか、前のプレイヤーにダウトをかけます。ダウトをかけるときは前のプレイヤーが出したカードを1枚だけめくってチェックします。そのとき恐竜カードが出ると、カードを配り直したりリセットしたりといった効果が発生します。うまく罠にはめられるか、逆に自ら墓穴を掘ってしまうのか、相手がカードをめくるまで分かりません。さらに、手札に動物の種類がなくなると、そのことを示すカードを取らなければならず、ウソをつきづらくなっていきます。

ジャンボ・カンパニー(Jumbo & Co)
D.ヴェント作、3~6人用、8歳以上、15分。
イヌ、ネコ、ネズミ、そしてゾウ。各プレイヤーは、次のものを手に入れることを目指します。しかし獲物が大きすぎると、自らが捕まってしまうことが多いでしょう。楽しいカードのハンティングは病みつきになります。
一斉にカードを出し、イヌを出した人はネコ、ネコを出した人はネズミ、ネズミを出した人はゾウ、ゾウを出した人はイヌのカードを取ります。ほかの人も同じカードを出していれば、取れるのは数字の大きい方です。一番大きい数字がバッティングすると、次点の人に権利が移ります。こうして獲得したカードの得点合計を競います。

ニュルンベルク'15新作情報:コスモス

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:コスモス 

ルイージ(Da Luigi)
R.ドーン作、2~4人用、8歳以上、40分。
時は金なり。そしてお金を置いていくのは満足した客だけです。プレイヤーはレストランの経営者となり、客の注文に応えなければなりません。そしてみんなが素早く注文を取りたいと思っています。パスタ、サラダを客に出し、その合間に急いで市場に行って材料を手に入れてきます。テキパキとしなければなりません。さもないと注文した品がこないまま、客は出て行ってしまい、減点になってしまいます。一風変わったイライラゲームで、「他人の不幸は蜜の味」が楽しめます。

ねんどなぞなぞ(Knätsel)
K.トイバー作、3~6人用、10歳以上、30分。
『バルバロッサ』の作者によるリメイク。手番には、ほかのプレイヤーが作った粘土細工を1つ選びます。ヒントマスによって、質問を2回行ったり、アルファベットを訪ねたりできます。でも全員が聞いていることに注意しましょう。あからさまに聞くと、ほかのプレイヤーが当てるのを助けることになってしまいます。分かったらいち早く、自分のキューブを中央の箱に投げ込みます。正解者と、当ててもらった人に得点があります。クリエイティブなコミュニケーションゲームです。チーム戦を組むことで7人以上でプレイすることもできます。

ルミス(Lumis)
S.グレン作、2・4人用、10歳以上、30分。
2人または2対2のチーム戦で戦うゲーム。輝く火のコマで道を完成させましょう。塔のコマを同じ色の塔のマスに置き、自分の火のコマをマークします。そして火のコマで自分の塔のコマをつなげていきます。しかしすべて対応するカードが必要です。また常に自分自身が手番を行うか、チームパートナーに手番を譲るか考えなければなりません。しかも相手は眠っていません。塔を乗っ取り、つながりをブロックすることができます。こうして最後まで気が抜けません。

ウーゴ!(UGO!)
R.ヘクストラ、T.ヤンセン、P.ズイドホフ作、2~4人用、10歳以上、40分。
2013年のシュピールにプレイジスワン社(オランダ)から発売され、スカウトアクションで10位になったトリックテイキングゲームのドイツ語版。カードを1枚ずつ出して、数字の大きい人が皆のカードを取ります。それと同時に自分の王国で色別に土地も獲得します。土地は失点になることもありますが、好むと好まざるとに関わらず獲得してしまうのです。

クレイジーターム(Crazy Time)
アレックス・エ・サ・ギターレ作、4~7人用、12歳以上、30分。
ある時刻をいいながら時間カードをめくります。めくった時間カードに指示された時刻をいっていたか、タイムマシンカードが出たら、全員一斉にリアクションしなければなりません。ルールが変わっていきます。ひねくれ者のための愉快なパーティー・コミュニケーションゲームです。

パニックきのこ(Panik Pilze)
G,モラレス、G.ジェネ作、2~4人用、7歳以上、15分。
かごをきのこでいっぱいにすると得点になります。そのためにプレイヤーはできるだけいろいろなきのこを集めましょう。うまくいけば、ときにはほかのプレイヤーのかごに手を出すこともできます。イライラの要素をもった楽しいゲームです。

ドラゴンとヒツジで(Von Drachen und Schafen)
N.モーテンセン作、2~4人用、9歳以上、45分。
プレイヤーの1人がドラゴンとなり、色とりどりのヒツジを狩って宝物に交換します。しかしほかのプレイヤーも同じ目的でドラゴンを邪魔してくるので注意しなければなりません。1枚のカードにはヒツジの面と宝物+アクションの面があり、プレイヤーがどちらの面を使うか決めるところが新機軸です。簡単にプレイできるクレバーなカードゲームです。

チャッカ・ラッカ(Tschakka Lakka)
R,ドーン作、2~4人用、8歳以上、20分。
ジャングルの奥深く、未調査のマヤ神殿「チャッカ・ラッカ」があります。プレイヤーはアライグマのヨーネスと共に、価値あるお宝を神殿から手に入れるために出発します。お宝を取れるのは、ダイスで対応する神殿マークが出たときだけです。しかしダイスを振り直すたびにお宝を取るのは難しくなっていきます。運から見放されるのは誰でしょうか? そしてうまいタイミングで神殿から宝石を取れるのは誰でしょうか? 短いルールでプレイ時間の短いダイスゲームです。

ゾンビー(ZomBee)
K.クレオウスキ作、2~5人用、7歳以上、10分。
愉快な蜂のダイスゲームで、運試しをします。注意深く、合っているお花をめくりましょう。ゾンビーをめくってしまうと、せっかく集めた蜂蜜のしずくを失ってしまいます。手番にはダイスを3回まで振り、できるだけたくさんのダイスをほかのプレイヤーに押し付けます。ダイス1個につきお花タイルを1枚めくらなければなりません。

カタン・コンパクト(Catan - kompakt)
K.トイバー作、2~4人用、10歳以上、75分。
プラスチック製のケースで持ち運びに便利なコンパクト版。ボードの六角形を折りたたんでケースにしていますが、地形タイルのタイルの配置は変えられるようになっています。コマはボードに固定できるので、列車の中、山小屋、海岸など、どこでも遊ぶことができます。2人用のバリアントルール入り。

ニュルンベルク'15新作情報:アミーゴ

| コメント(0) はてなブックマーク - ニュルンベルク'15新作情報:アミーゴ 

ニュルンベルク国際玩具見本市(Spielwarenmesse Nürnberg)は、毎年2月にドイツで開かれるおもちゃショーです。ボードゲームの分野では、大手出版社がファミリー向けの新作を発表します。今年は1月28日(水)から2月2日(火)まで、6日間にわたって開催されます。10月のエッセン・シュピールとは違って業者限定の催しで、一般の愛好者は入場できません。

当サイトでは、ここで発表される予定の新作を、出版社ごとに紹介します。邦題は直訳で、日本で発売されるときには別のタイトルになる可能性があります。

バブルボム(Bubble Bomb)
H.ケルマレック作、2~4人用、8歳以上、15分。
いち早くチップを揃えて爆弾を爆発させるゲーム。全員同時プレイで、手札と場札のチップをめくり、交換します。爆弾タイルで指示されたチップを揃えたら、「バン!」といって得点できます。爆弾タイルは、例えば「緑のチップ」や「+マークのチップ」というように種類が指示されており、どのチップを集めるか素早い判断が必要です。

はじめてのボーナンザ(Mein erstes Bohnanza)
H.キーファー、H.ジームセン、U.ローゼンベルク作、3~5人用、4歳以上、30分。
『ボーナンザ』を子どもや初心者が遊べるようにしました。植えて交換して収穫するという流れは同じですが、最初は4種類の豆だけでプレイします。収入額も枚数によって変わりません。手札は全て自分の前に公開してプレイします。慣れたら、豆の種類を追加できます。ルールを段階的に増やしていき、最終的には通常のルールで遊べます。通常のボーナンザの拡張セットとしてプレイすることもできます。

クアント(Quanto)
M.フィッツジェラルド作、2~6人用、8歳以上、20分。
2012年にUSゲームズから発売された『スループ(Sloop)』のドイツ語版。手札からカードを出して、同じ数字か、合計でその数字になるカードを得点にできます。あるいは、手札と場札を組み合わせてわきにとっておき、後で取ることもできます。カードの組み合わせによって高得点が期待できます。数字の低いカードにはほかのプレイヤーからカードを取る、カードを2枚出す、3枚引くといった特殊能力が付いています。

ナイトキャップ(Schlafmütze)
M.ヴァーグナー作、2~8人用、6歳以上、25分。
自分の山札からカードをめくって、中央かほかのプレイヤーの場札に出します。カードを出すときは昇順か降順になるようにして、置けるところがなければ自分の場札をほかの場札につけて、そこにめくったカードを置きます。間違って置いたり、置くところを見過ごした場合、それを指摘されると全員のカードを引き取らなければなりません。自分の山札を先になくしたプレイヤーの勝利です。

ソロミノ(SOLOmino)
W.レプシッツ、A.シュタインヴェンダー作、2~6人用、6歳以上、20分。
場札のカードにつながるように、手札からカードを出していきます。出せるのは同じ色か同じ数字のカードです。出せなければカードを引きます。カードの中にはアクションのできるものもあり、次のプレイヤーを飛ばしたり、プレイ順をリバースしたり、ほかのプレイヤーと手札を全交換したりでき、大逆転が狙えます。最初に手札をなくしたプレイヤーが勝ちです。

カレンダー