坐禅

お正月で大般若経を読んでいて、ふと南直哉さんの言葉を思い出しました。

-----
数十年前までは、地域の暮らしで「お互いさま」という言葉が生きていました。実際、助け合わないと生きていけない毎日の中で、お互いに迷惑をかけたり・かけられたり、という関係が当たり前だったのです。この「迷惑」を折り込み済みの「和」であり、「ムラ社会」でした。
ところが、近代化の進展以降、「他人との軋轢・摩擦は最小限にしなければいけない」という倫理観は依然として根深いまま、次第に「自己決定・自己責任」が強調されるようになってきました。
このふたつが最終的に合体すると、「とにかく自分が他人に迷惑をかけてはいけない」となります。すると翻って、「他人に迷惑をかけられたら許せない」となるでしょう。
私はこの「迷惑」観が結果的に共同体を劣化させ、個人を生き辛くさせると思います。仏教は人間の実存を「苦」と喝破しました。だったらそれは、他人にとっての「迷惑」的実存ということでしょう。ならば、人間が人間として実存する限り、「苦」と「迷惑」は止むことはなく、それを許容しないということは、人間の存在を否定するのと同じことです。
「迷惑」を許し合う社会を再建する必要があると、私は思います。
(『「悟り」は開けない』)
-----

迷惑を許し合えるようになるには何が必要か。全て自分の責任と思って許す忍辱波羅密多か、迷惑をポジティブに捉える上機嫌さか、迷惑を迷惑と感じない平常心や鈍感力さが考えられます。

-----
「私だって昔、誰かに迷惑をかけたかもしれない。だから、かつて誰かに迷惑をかけた私が、これくらいの迷惑を被るのは当たり前である。」このように考えるならば、現在の苦痛を忍ぶことができます。苦しみは自分の過ちから起こったものなのに、どうして他人に対して怒るのでしょうか。
私に迷惑をかける人がいるのは、私のせいかもしれません。その人の心が汚れて不幸になってしまったら、私が不幸にしたことになるのではないでしょうか。
その人の迷惑を耐え忍ぶならば、私の過ちは全てなくなるでしょう。それでもその人は、心が汚れたままで不幸になってしまうでしょう。その意味で実は、迷惑をかけているのは私のほうであって、その人は私に恩恵を与えてくれる人なのです。それなのにどうして、私に迷惑をかける人を怒るのでしょうか。
ですから「生きとし生けるものは、仏様と等しく、幸せを生ずる原因である」とお釈迦さまは説かれたのです。
(『菩提行経』第4章)
-----

-----
数学者のマルシャル・ロサダは、10年間にわたって、業績のいいチームと悪いチームを研究した。そして、その膨大な数学的モデルに基づき、ビジネスチームに成功をもたらすためには「メンバー間のポジティブな相互作用とネガティブな相互作用の比率」が、最低でも2・9013対1でなければならないことを突き止めた。これは「ロサダライン」、または「3:1の法則」と呼ばれている。
一つのネガティブな意見や行動の悪影響を打ち消すのに、3倍の量のポジティブな意見や行動が必要だということだ。ポジティブとネガティブの割合がこのライン以下だと、チームの仕事ぶりは急速に落ち込む。ラインを上回る比率であれば、チームは能力を存分に発揮する。調査結果によれば、6対1くらいが理想だという。こういう点からすれば、上機嫌を周囲に振りまいてくれる人には感謝すべきであろう。一方、自分の感情のままに不機嫌を振りまいてしまう人は職場に対して大きな害を及ぼしていることになる。
-----
会社に必要なのは「やる気のある人」より「機嫌の良い人」
http://www.gentosha.jp/articles/-/7599

大般若経は煩悩なども結局のところは般若波羅蜜の現れであると肯定します。しかしその肯定は、ありのままでよいという肯定ではなく、仏の世界から見ればという肯定です。自分や自分の身の回りに起こっていることを、仏様の視点で見たらどうなるだろうと考えた上でポジティブに捉えられれば、上機嫌でいられるのかもしれないなと思いました。一年の計は元旦にあり、今年はそう心がけてやっていきたいと思います。

12月に徳島・海陽町の城満寺という禅寺で行われた法要に参加してきた。

By Kamikami70 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

城満寺は曹洞宗を日本中に広めた瑩山禅師が28歳のときに開かれたお寺である。翌年にここで「授戒会」という大きな法要を開き、宗門の教えを初めて四国に伝えた。梅花流ではこのことを「御年二十九宗門の大戒伝えしその年にお授戒法会をなしたもう」(太祖常済大師瑩山禅師修行御和讃)とうたっている。

お寺は300年ほど続いたが謎に包まれており、しかも江戸時代に入る前に戦火で焼失して廃寺になってしまった。大本山總持寺から住職が入り、復興したのは戦後のこと。さらに本堂が建立されたのが平成9年、現在の住職は五代目という、古くて新しいお寺だ。

その五代目の住職を務めているのが田村航也師である。神奈川の出身だがおばあさんの実家が栃木のお寺だったという縁で得度して、東大の大学院を出た後、大本山總持寺で修行。城満寺の兼務住職していた板橋禅師から譲られて2011年、瑩山禅師が開山された御年とほとんど変わらないくらいで城満寺の住職に就任した。

恩師である斉藤信義老師がご存命の頃、田村師とは東大印哲の同窓会でよく顔を合わせていたが、しばらくぶりに会ったのは大本山總持寺の法要に行くようになってからであった。彼は布教師寮に在籍しており、詠讃師をしている私とは法要のときよく隣り合わせになる。そのときはなぜ彼が徳島のお寺の住職をしているのか見当もつかなかった。

それからまた何年かしてこの度、法要でご詠歌を唱えてほしいというお招きを受けた。年末だったが何とかずらせる用事ばかりだったので、こんな光栄な機会も滅多にないだろうとお引き受けした。

行きは山形から大阪へ飛行機。田村師は関東で法事があるから、空港に迎えに行くという。徳島のお寺の住職がなぜ関東に?と思ったが、聞いてみるとおばあさんの実家である栃木のお寺のご住職さんが亡くなられたので兼務住職をしているのだという。そんな掛け持ち、聞いたことがない。

時間短縮のため伊丹から三宮に移動しておいて、田村師に神戸空港から車で迎えに来てもらい、一路城満寺へ。三宮から徳島までは淡路島を通って1時間半、徳島から城満寺までさらに1時間半の道のりである。途中食事をして、お寺に到着したのは23時近くだった。道中は、『甘露門』のサンマヤ戒は禅宗でどう捉えるべきかというような話などをしてきた。

お寺には得度して剃髪した田村師の奥さん、坐禅会がきっかけで得度したという尼僧のお弟子さん、大本山総持寺から来ているというアメリカ人の修行僧と若い修行僧、病気で寝たきりの東堂さんという全然血縁関係のない者同士が暮しており、ユニークなサンガを形成していた。翌日に大きな法要を控え、しかも住職が不在という中でてんてこ舞いである。

法要には30人以上の僧侶が参加するが、外部者で山内泊は私のみ。朝のお勤めの後、みなさんがばたばたしている中、私は午前中いっぱい、山に登ってお墓参りをしたり、部屋で「成道」について調べ物をしたりするほどの余裕があった。今月はお釈迦様が悟りを開いたとされる12月8日の記念日があり、初期仏典でお釈迦様が悟りをどのように説いているか、気になっていたのである。悟りの中心は十二支因縁であり、それが難しすぎたから梵天勧請があり、そこで四聖諦による初転法輪へとつながるわけである。

法要は午後からで、近くのお寺でご詠歌をなさっている方々も集まってきて、曲によって一緒にお唱えもした。独詠の曲目は任されていたが、開山忌御詠歌と、城満寺のことを詠んだ太祖常済大師瑩山禅師修行御和讃を選んだ。凍えるほどの寒さも身を引き締め、畳のない本堂にご詠歌がよく響く。

法要が終わるとすぐ、導師を務められた横浜の和尚さんと徳島へ行き、ホテル一泊。田村師も別の法要を務められた大本山総持寺の後堂老師を送って徳島で一泊。翌朝に会うことができたが、これから松山に行き、東京にいかなければならないという。大悲心陀羅尼のノラキンジー=青頸はシヴァみたいだけれど観世音菩薩はヴィシュヌから来たのではないかというような話をした。二人ともインドの哲学や宗教を研究してきたので、どうしてもインドの話になってしまう。

田村師の出発を見送って、私は大阪へ。大阪でもう一泊して山形に帰った。栃木、徳島、松山、東京と飛び回っている彼の忙しさと比べると私は暇すぎる。

「寺のイチョウの葉が全部落ちたら根雪(春まで消えない雪)」と地元の皆さんが口々に言いますが、異常気象のせいか最近あまりあてになりません。昨年は葉が落ちてから根雪になるまで半月ちかくありましたし、今年は落ちる前から根雪模様です。

teranoicho.jpg

死の随念

コメント(0)

先日、お寺のお供養で、何よりも生きて今日ここにいられるということがありがたいという話をしていたところ、その2日後、妻が自転車で右折車にはねられそうになったという。そのとき身分証ももっておらず、病院に運ばれても身元不明になっていたかもしれないとのこと。こちらも電話が通じなければ仕事があるんだろうなと思うくらいで翌日になってばたばたしていたことでしょう。

車に気をつけるのはもちろんのこと、気をつけていても寝ているうちに心臓が止まってしまう人だっているし、自分や家族が死ぬことは常日頃から想定しておかなければと妻と話をしたところです。

死随念(『清浄道論』)
① 命は奪われている:今もこうしているうちに身体は老化し、どんどん死が近づいている。
② 得たものは無に帰す:いくら健康でも、いくら若くとも、やがて病気になり、老い、死にゆく
③ ほかの人と同じく:自分もやがてお悔やみ欄に掲載される日がやってくる
④ 身体があるからには:同じ人間の身体をもつ以上、同じような病気や事故で死ぬ
⑤ 寿命がある:たまたま病気や事故に遭わなくても、老衰によりやがて心臓が止まる
⑥ 例外はない:全ての生命は、生まれ、病気になり、死に、遺体は朽ち、心は生まれ変わる
⑦ 時間の限界:人間はせいぜい100歳までしか生きられず、残された時間は短い
⑧ 一瞬一瞬の変化:心は瞬間瞬間に生滅を繰り返しており、それがいつ止むかは分からない

「男性を信じられない」30代女性の悩みを東大卒の天才僧侶小池龍之介が一刀両断(FUNDO)

「現代のように男女平準化した時代に、何も差し出さずに「ただ勇ましく庇護してほしいよー」と駄々をこねても、そんな人を心から愛し守ろうと思える聖人君子は、この世にいません」

小池氏が引いている法句経はこれです。

「他人の過失は見やすいけれども、自己の過失は見がたい。ひとは他人の過失を籾殻のように吹き散らす。しかし自分の過失は、隠してしまう。―狡猾な賭博師が不利な骰の目をかくしてしまうように。(sudassam vajjamannesam attano pana duddsam paresam hi so vajjani opunati yatha bhusam attano pana chadeti kalimva kitava satho.)」(ダンマパダ252)

難しいのは、「裏切られるような期待なら最初からしないほうがよい」という話になると無縁社会の推奨になってしまうし、「相手に期待するなら自分もそれに応じたものを差し出すべき」という話になると見返りを求めることになってしまうところ。

よぐござった 四季おりおり 洞松寺史 檀信徒の手引き リンク 森居山龍泉寺

アイテム

  • teranoicho.jpg
  • danjochallenge.jpg
  • hakuron.jpg
  • akitataikai.jpg
  • obonnokiji.jpg
  • kenmuryusenji.jpg
  • kenmuryusenji.jpg
  • 感謝状と委嘱状
  • 修証義(新)内容
  • 修証義(新)

アーカイブ

リンク用バナー