エッセンの評価2:やはり小メーカー善戦

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

 ドイツ大手ゲームサイトSpielbarでは、エッセン国際ゲーム祭2002で発売された新作を対象に、メール投票を行いました。125通の応募の結果、76位までの順位が発表されました。上位は以下の通り。ドイツのメジャーメーカーは影を潜め、代わって中小メーカーと、ドイツ国外メーカーが入りました。(Spielbar

  1位 ルーミス(Rumis/Murmel) 1.54/13

 ★2位 ワーテルロー(Waterloo/Phalanx) 1.57/14

  3位 マグブラスト(Magblast/FFG) 1.60/10

 ★4位 キーセドラル(Keytherdal/R&D) 1.66/38

 ★5位 ハイヴ(Hive/Gen Four Two) 1.68/37

  6位 ローマ(Rome/GMT) 1.73/11

 ★7位 蒸気の時代(Age of Steam/Warflog) 1.86/37

 ★8位 ズーシム(ZooSim/Cwali) 1.89/80

 ★9位 フィッシュ・フルッペ・フリカデル(Fische Fluppen Frikadellen/2F Spiele) 1.89/74

  10位 サンタフェ・レールズ(Santa Fe Rails/GMT) 1.94/16

(カッコ内左:評価…1が最高・6が最低での平均 右:投票数。順位の左についた星印はフェアプレイ誌の現地投票でも上位に入った作品)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください