伸び悩むゲーム売上、子どもゲーム増加

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

● 主要メーカーから構成されるゲーム専門委員会(Fachgruppe Spiel)の発表によると、大手メーカーの2002年のゲーム・パズルの売上は前年比で11.4%の下落になったことが明らかになりました。特に前半期の落ち込みがひどかったとのこと。その中で子どもゲームは売上総数にして3%上昇したことと、年末に「ドクタービッダー(Dr.Bidder, Hasbro)」と「ヴィラ・パレッティ」の2作品がおもちゃのヒットリストに上がったことが救いとなりました。ドイツのおもちゃ市場において、ゲームは約15%を占めますが、おもちゃのヒットリストにゲームが上がることは少ないとのことです。(Spielbox

 ・関連リンク:ゲームの値上げ(当サイト)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください