オリジンズ2004、注目のリメイクが続々

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

米  アメリカ最大の非電源ゲームイベント、オリジンズ2004が6月24日から4日間に渡り、オハイオ州のコンベンションセンターで開催されました。RPG、CCG、ボードゲームなど各社が出展したほか、セミナー、オークション、展覧会などのさまざまなイベント。ゲストとしてR.クニツィア氏(頭脳絶好調)、A.ザイファルト氏(サンファン)が参加し、質問会や愛好者とのゲーム交流を行いました。

 アメリカのボードゲームメーカーはドイツゲームの英語版ほか、独自に制作したゲームを多数発表、発売時期も明らかになっています。注目されるのは根強い人気がある絶版もののリメイク。新作ではデザイナーでは世界級のデザイナー、アラン・R.ムーン氏が数多く発表しています。従来アメリカで好まれている長時間・重厚なゲームとは別に、ドイツゲームに影響されたファミリーゲームも増えています。日本への入荷が楽しみです。(Origins


【主要メーカーの動向】(ドイツ系のみ、赤字は注目作)


フェイス2フェイス Face 2 Face Games

スルース(S.サクソン / 7月中旬)、ブームタウン(A.R.ムーン&B.フェドゥッティ / 9月)

ウォリアーズ・拡張ドラゴンホーズ(A.R.ムーン&R.ボルグ / 10月)

ラインレンダー(リメイク、R.クニツィア / 2005年)、アムレット(リメイク、A.R.ムーン&A.ワイスブルム / 2005年)、ロイヤルターフ(リメイク、R.クニツィア / 2005年)

メトロポリス(S.サクソン / 2005年)、ワープト(S.サクソン / 2005年)


メイフェア Mayfair Games

モダンアート(箱・カードを小さくして安価に、チップの数字は印刷、オークションハウスのブランクスクリーン付→写真。R.クニツィア / 6月末)ほか


ジョリー・ロジャー Jolly Roger Games

クロックタワー(カピトールのシステムを使ったカードゲーム、A.R.ムーン&A.ワイスブルム
/ 9月)

ノック・ノック(B.フェドゥッティ&G.ブーキン / 9月)


チーパス Cheapass Games

地球への誤った一歩(人類の誤った一歩の続編、J.エルンスト / 8月)ほか


リオグランデ Rio Grande Games

グローリア・ムンディ(衰退したローマ帝国から逃げるゲームでドイツのメーカーからも発売。J.エルンスト
/ 秋頃?)

トーレス(リメイク、W.クラマー&M.キースリング / 秋頃)、電力会社追加マップ(F.フリーゼ / 秋頃)

カルカソンヌ3(秋頃)、カルカソンヌ拡張3(秋頃)、ボーナンザ拡張セット(秋頃)、ボーンナンザ新拡張(秋頃)

アドアクタ(リメイク、A.マイアー / 秋頃)


プレナリー Plenary Games

ジェット・セット(S.グレン / 10月)ほか


ファンタジーフライト Fantasy Flight Games

砂漠を越えて(再販、R.クニツィア / 未定)ほか


ユーバープレイ Uberplay

フォーセール(リメイク、S.ドーラ / 秋頃)、ラー(リメイク、R.クニツィア / 年末)ほか


ダンシング・エッグプラント Dancing Eggplant Games

今月の雇用者(A.R.ムーン&A.ワイスブルム / まもなく)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください