オーストリアゲーム大賞に「頭脳絶好調」

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

墺 オーストリアゲーム大賞 オーストリア・ゲームアカデミーは17日、2004年のオーストリアゲーム大賞(Spiel
der Spiele、ゲーム・オブ・ゲームズ)を発表しました。4年目の栄冠にはR.クニツィア作の多人数アブストラクトゲーム、頭脳絶好調が輝きました。同時に発表された6部門11タイトルのヒットゲーム(Spiele Hits)には、サンクトペテルブルクサンファンなどが入りました。

 オーストリアゲーム大賞は一般応募で寄せられた候補作品から、ゲームやコミュニケーションのエキスパートが選出する賞。歴史の浅い賞ながら、受賞ゲームにロゴが印刷されるなど、ドイツ語圏で発表されるゲーム賞として愛好者やメーカーから注目を集めています。ドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞とは異なるゲームが多く選ばれており、今年の傑作ゲームを知る上で面白い資料となっています。

 受賞した頭脳絶好調プレイスペース広島から発売されていましたが、奇しくも受賞日の17日にメビウスからも発売となりました。ドイツ年間ゲーム大賞ノミネートと国際ゲーマーズ賞にもノミネートされており、また国内の評価も上々です。お買い求めはお早めに!(Spiel der Spiele

【オーストリアゲーム大賞】

 ・頭脳絶好調(R.Kinzia/Kosmos)

【ヒットエキスパートゲーム部門】

 ・サンクトペテルブルク(M.Tummelhofer/Hans im Glück)

【ヒット友達ゲーム部門】

 ・イグルーイグルー(B.Cathala&B.Faidutti/Goldsieber)

 ・トンギアキ(T.Rauscher/Schmidt)

【ヒット家族ゲーム部門】

 ・アストロスライド(F.Sindon/Hasbro)

 ・メイクンブレイク(A.&J.Lawson/Ravensburger)

 ・イエローストーン(U.Rosenberg/Amigo)

【ヒット子どもゲーム部門】

 ・密輸業者の島(A.Wrede/Haba)

 ・たんぽぽの綿帽子(H.Punke/Piatnik)

 ・ベンガベンガ(A.Steinwender&R.Hofstatter/Selecta)

【ヒット多人数ゲーム部門】

 ・クラニウム(R.Tait&A.Whit/Jumbo)

【ヒット2人ゲーム部門】

 ・サンファン(A.Seyfarth)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください