アラカルト・カードゲーム賞にサンファン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

独  ドイツのゲーム専門誌フェアプレイはエッセン国際ゲーム祭にて、アラカルト・カードゲーム賞を発表、1位には日本語版も発売されているサンファンが選ばれました。

 この賞はドイツゲーム界を代表する50人の選者が3〜5つのカードゲームを面白い順に挙げて集計するもの。今年は1位のサンファンが33名から195ポイント、2位のサンクトペテルブルグが29名から148ポイントを獲得して拮抗。3位は16名、49ポイントに激減するのでここに大きな開きがあります。サンクトペテルブルグがカードゲームとして売り出されていたら、結果は違ったかもしれません。

 商業ベースからどうしてもボードゲーム偏重になりやすい各アワードで、カードゲームに限定された賞はお金をかけずに手軽にゲームを楽しみたい方に有用。大部分が日本に入ってきていますのでお試しあれ。

【アラカルト・カードゲーム賞2004】(数字は左が選者数、右が得点)

 1位:サンファン(A. Seyfarth / alea) 33/195

 2位:サンクト・ペテルスブルグ(M. Tummelhofer / HiG) 29/148

 3位:ゴキブリポーカー(J.Zeimet/ Drei Magier) 16/49

 4位:七つの印(S.Dorra / Amigo) 14/40

 5位:ブルームーン(R.Knizia / Kosmos) 6/26

 6位:魔剣と竜の卵(J.Schwinghammer / Adlung) 8/25

 7位:コヨーテ(S.Albertarelli / Kidultgames) 7/18

 8位:壺の悪魔(G.Cornett / Bambus Spiele) 7/16

 9位:カイピラニア(O.Igelhaut / Abacus) 3/15

 10位:マウゼン(D. Wendt / Abacus) 4/12

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください