子育て雑誌にドイツゲーム付録

 このエントリーをはてなブックマークに追加    



小学生ママの子育て応援マガジン『edu[エデュー]』10月号で、ドイツゲームのコンティニュオが付録になった。構成はオフィス新大陸。「足し算や図形認識力、発想の柔軟さを育てるドイツで大人気のボードゲームです」と紹介されている。


16マスが赤青黄緑のさまざまなパターンで塗られたタイル42枚を使う。手番には山札からめくって場札に隣り合わせておく。このとき、置いたタイルから同じ色でつながっているマス数だけ得点になるという、シンプルながら面白そうなゲームだ。見た目はブロックスのように華やかで、また自分がつなげた色を、さらに後の人に伸ばされるかもしれないという頭脳絶好調(天才一直線)のような深みもありそう。


日本では発売されたことがないようだが※、初版が1982年、以降アミーゴ社やシュミット社が再販してきたロングセラー(ギークのデータはこちら)。昨年オフィス新大陸が発売したヘキサゴはその姉妹編に当たる。オフィス新大陸の目のつけどころと版権交渉などの行動力には脱帽する。


エデューはこれまでにもイコールカードを付録につけたことがあり、ゲームの教育的価値を高く評価しているようだ。こうした動きから、子どもの教育に熱心な親がボードゲームを新しいツールとして発見し、親子で楽しみながら学ぶ機会が増え、運だけではなく考えどころのあるボードゲームが日本でも広がっていくことを期待したい。


※はるか昔(おそらく初版が)河田から輸入されていたそうです。


コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください