人生ゲーム 紆余曲折

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲーム用VISAカード「人生ゲーム」も「脱お金」 米製造元、新版発売へ(asahi.com)

先月に開催されたニューヨーク国際玩具見本市で、ハズブロー社が新しいタイプの人生ゲームを発表した。タイトルは『人生ゲーム 紆余曲折(The Game of Life: Twists & Turns)』。クレジットカード大手のVISAと提携し、カードを使ってキャッシュレスでゲームに臨む。

もうひとつの特徴は、勝敗がお金でなく「人生ポイント」で決まるところ。ボードはこれまでの一直線ルートではなく冒険・家族・大学・キャリアの4つのコースに分かれており、お金だけでなく旅行や勉強などによっても「人生ポイント」を増やすことができる。同じコースに留まるもよし、いくつかのコースをまたにかけるもよし、自由度の高い人生を送ることができる。

マーケティング課長のM.コリンズ氏は「人生ゲームは、1960年の発売以来、現代的な生活にマッチするようにバージョンアップしてきました。今回、完全に新しいバージョンを作り始めたとき、今の人たちが収入や支出を自由に選ぶのを取り入れる時期でもあると思いました。あと現金をカードに替えるのは絶対必要であると。」という(Business Wire)。

ゲームは、ライフポッドという機械にカードを入れて進める。ライフポッドは人生ポイントを記録するだけでなく、ルーレットの代わりにもなり、コマを進める数を指示するようになった。そのほかにもプレイヤーのステータスを記録するなど個人秘書のような役割をもつ。

コンポーネントの写真はこちら(about.com)。

発売は8月の予定で、タカラトミーがほぼ同じ時期に日本版を発売するという。価格は機械が入る分アップして35ドル。アメリカで19ドル(2,200円)の人生ゲームが日本では3,780円で販売されていることを考えると、単純に計算して7,000円程度になるが、タカラトミーがどれだけ値段を抑えられるかが、売れ行きのカギを握りそうだ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください