今年の新作アンケート、1位は『ノートルダム』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツのゲームサイトspielbarでは今年発売されたばかりの新作の評価アンケートを実施し、結果を発表した。各ゲームを6段階評価する形式で、262名が参加している。

1位にはアレアの『ノートルダム』が入った。オーバーホフ・ゲーム会賞プフェファークーヘル2007に続く1番人気で、目下のところドイツゲーム賞に1番近いゲームと言えるだろう。次点にはドイツ年間ゲーム大賞でノミネートされている『ズーロレット』。ドイツ年間ゲーム大賞は一般の人気を考慮せずにゲーム内容だけで選出するが、このゲームが受賞すればゲーム愛好者にも支持されたことになるだろう。

3位の『フィレンツェの匠』、4位の『チグリス・ユーフラテス』、6位の『キャントストップ』、13位の『メディチ』など、人気作のリメイクも目立つ。有名デザイナーの新作として注目された新作が厳しい評価に合っているのと対照的である。

【ボードゲームアンケート:2007年前半】
1位:ノートルダム(1.87/193票)
2位:ズーロレット(2.06/126票)
3位:フィレンツェの匠(2.15/129票)
4位:チグリス・ユーフラテス(2.31/134票)
5位:ヴァイキング(2.42/246票)
6位:キャントストップ(2.47/142票)
7位:カタンの開拓者:商人とバーバリアン(2.52/47票)
8位:タイド・オブ・アイロン(2.53/12票)
9位:ダイスビンゴ(2.54/49票)
10位:発見の時代(2.56/57票)

Spieleumfrage:Spieleneuheiten Frühjahr 2007

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください