コクヨから『アリスメトリックス』など3作発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

全国有名書店で遊びながら学習できるエデュケーションゲーム「オルダゲームシリーズ」を展開しているコクヨから、7月6日に新作3タイトルが発売される。イスラエルのオルダ社のゲームを日本語版で発売。2006年の8月以来、これまで6種類が発売されており、通算9タイトルがシリーズに並ぶ。

『アリスメトリックス』は数・演算記号・イコールのカードを組み合わせて等式を作るラミィ系ゲーム。場札を加えつつ、最初に配られた手札を早く使い切るのが目標。『イコールカード』や『トリンカ』と同じコンセプトだが、カードには数字のほかに風船のイラストもあり、より低年齢でも遊べるようになっている。7才〜大人向き、2〜4人、3,780円。

『テンズ・コネクション』は数字が書かれた三角形を、隣り合う数字が合計10になるように並べていくタイル配置ゲーム。つながるカードがなければ引いて、先に手札をなくした人が勝ち。「合計10」をテーマにしたゲームとしては『テンプラス』があるが、幾何学的視点を持ち込んでいるのが新しい。6〜10才向き、2〜6人用、3,570円。

『ステップアップ・フラクションズ』は『テンズ・コネクション』の発展型で分数が書かれた三角形を、合計1になるように配置するゲーム。7〜12才向き、2〜6人用、3,570円。

コクヨでは、オルダゲームシリーズの2007年度の売り上げ目標を1億円としている。上記のゲームが各1万セットという計算だが、教育と遊びの両立をはかりたい親の需要が相当大きいことを睨んだものと見られる。

コクヨ:オルダゲーム
日経プレスリリース:コクヨ、算数の基礎力を磨くカードゲーム3種類を発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください