オランダゲーム賞ノミネート

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

オランダゲーム賞(De Nederlandse Spellenprijs)審査委員会は、今年のノミネート作9タイトルを発表した。過去12ヶ月間に発売されたボードゲーム・カードゲームが対象で、一般投票で大賞が決定される。

ノミネート作品のうち7タイトルまでがドイツゲーム。いずれも発売時期は異なるが日本でも発売されているゲームばかりだ。ただし、オランダでは999ゲームズやQWGゲームズなど、国内のメーカーがオランダ語版を制作しているところが日本と異なる。

一般投票は好きなゲームを3位まで選ぶ方式で、1位4点、2位2点、3位1点として集計される。発表は10月8日の予定。

【オランダゲーム賞2007ノミネート】
アルカディアの建設(R.ドーン/ラベンスバーガー)
大聖堂(M.リーネック、S.シュタドラー/999ゲームズ)
フィレンツェの匠(W.クラマー、R.ウルリヒ/QWGゲームズ)
ファクトリーファン(C.v.モーゼル/クワリ)
ミスタージャック(B.カタラ、L.モーブラン/フリカン)
ブクブク(S.ドーラ/PSゲームズ)
将軍(D.ヘン/クイーンゲームズ)
タージマハル(R.クニツィア/QWGゲームズ)
郵便馬車(K.ザイファルト、A.ザイファルト/999ゲームズ)

De Nederlandse Spellenprijs 2007:nominaties

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください