バトルライン、完全日本語化

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

山口県のゲームショップ・クロノノーツゲームは8月19日、R.クニツィアの2人用傑作ゲーム『バトルライン』の完全日本語版『日本版バトルライン2007』を発売した。税込み2,100円。

シミュレーションを主力商品とするGMT社が英語版を発売したのが2000年。ほどなく絶版となり、幻のゲームになりかけていたところをクロノノーツ社が2004年8月に日本版を電撃発売した。箱とルールが日本語になったものの、カードが英語のままであったため、「日本語版」改め「日本版」と称されていた。しかし再販を渇望していたゲーマーが殺到、昨年に売り切れたものと見られる。

今回発売されたのは、懸案であったカードのテキストも日本語にした完全日本語版。その他のコンポーネントは原版のままの作りで、価格が2,205円から2,100円に値下がりした。

現在、クロノノーツ社から通販で入手できるほか、メビウスゲームズ、ゲームストアバネストなどでも取り扱いが始まっている。クロノノーツ社では8月31日まで送料無料キャンペーン中。

クロノノーツゲーム:バトルライン日本版2007
TGW:バトルライン日本版、電撃発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください