ギプフシリーズ、組み直し

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ベルギーのゲームデザイナー・K.ブルム氏が手がけ、2人用アブストラクトゲームの傑作とされるギプフシリーズ6作の内容が変更されることが分かった。6作の中で異彩を放つ『タムスク』がシリーズから独立し、代わって今年『ツァー(Tzaar)』という新作が追加される。

ギプフシリーズは『ギプフ(1997)』から始まり、『タムスク(1999)』、『ゼヘツ(2000)』、『デュボン(2001)』、『インシュ(2003)』、『ピュンクト(2005)』と発表されてきたアブストラクトゲーム。国内では桃源郷が輸入販売を手がけている。

このうち『タムスク』は砂時計のコマを用い、砂時計が落ちると動けなくなるという、時間の要素をもったゲームで、じっくり考えながら一手一手を打つほかのゲームとは明らかに系統が異なっていた。しかしこのたびギプフシリーズから外されるのは人気がないからではなく、ブルム氏の独立した作品として『インバース』などのように別立てするためである。

新しく仲間に加わる『ツァー』の詳細は未定だが、今年のエッセン国際ゲーム祭でプレリリース版が1000個、作者のサイン入りで発売され、来年、オランダのスマート社から正式に発売されるという。ギプフシリーズが終わってブルム氏の今後が心配されていただけに、新作の発表は嬉しいニュースだ。

Boardgamenews: Sixth Game in Project GIPF to Appear at Spiel 07

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください