『お邪魔者』日本語版

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

お邪魔者ゲームショップ、メビウスゲームズ(水道橋)とすごろくや(高円寺)は今月、共同で『お邪魔者(Saboteur)』の日本語版を発売した。3〜10人用(6人以上推奨)、8歳以上、プレイ時間30分、1500円。

『お邪魔者』は2004年にドイツのアミーゴ社から発売されたカードゲーム。カードを並べて金鉱を掘っていくが、予めひそかに与えられた役割によって金鉱を目指すか邪魔するかの2チームに分かれる。そのカードは邪魔するために置いたのか、それとも? お互い正体を隠した攻防が楽しいカードゲームだ。

4〜5人までしか遊べないゲームが多い中で、10人まで遊べるという幅の広さと30分という時間の短さ、そして読み合いの楽しさから各所のゲーム会で定番ゲームになっている。

カード自体は外国語のテキストがほとんどないが、このたびの日本語版ではボックスとルールが日本語化され、ボードゲームになじみのない人でも手に取りやすくなった。メビウスゲームズが言語依存度の少ないゲームを日本語化するのは『ニムト』『ごきぶりポーカー』に続いて3作目。今後も『カルカソンヌ』の日本語版が予定されているという。

すでに所有しているゲーム愛好者にとっても、このゲームが相当なロット数生産され、当分の間絶版の心配がなくなったことを喜びたい。

高円寺0分:ゲーム紹介:お邪魔者
メビウスおやじ:「お邪魔者」日本語箱

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください