IGDAテーブルゲーム交流会

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

8月9日(日)、秋葉原のUDXにて「IGDA日本第5回テーブルゲーム交流会」に参加。前回は家族の都合でドタキャンとなり、今回もお盆前で無理かなと思っていた。ところが、御仏の思し召しか、ぽっかりと用事が空いて念願が叶う。

とはいえ午前中は仕事で、その後に新幹線で上京したので、到着したのは夕方遅く。広い会場はテーブルがほとんど埋まり、参加者は思い思いにゲームを楽しんでいる。早速始まろうとしていた多人数ニムト卓につく。久しぶりに遊んだが、1つ差でアウトだったとか、セーフだったとか、ワイワイ盛り上がる楽しさは健在である。

続いてずーあーさんと『カルタッチョ』。エイベックスが出した2人用サッカーカードゲームで、ほかに野球とゴルフがある。このゲームは交互にドロー&プレイする方式。グラウンドを4つのエリアに分け、ボールがあるエリアのカードを出して奥のエリアに蹴りこむ。シュートカードを出せたら、捨て札を1枚めくってゴール判定する。きわめてシンプル。

ゴールが危なくなったら、反撃の手を休めて捨て札にシュート失敗のカードを捨てておくという戦略も考えられるが、とにかく相手側にボールを押し込み合うのが基本。押し込んでもすぐに返され、返されたのをまた押し込んでとめまぐるしい。緻密なパスサッカーではなく、小学生のバカ蹴りサッカーという感じだったが、スポーツゲームのスピード感がよく出ていた。ずーあーさんは盛り上げるのが上手くて、実況中継風の会話を交えながらバカ騒ぎする。

ところで左右サイドが分かれているのは単なるフレーバーだった。エリアだけでなく、サイドも同じでないとカードを出せないと勘違いしやすい。

ここで第一部が終了し、休憩を経て第二部の懇親会開始。ここでは美味しい料理と飲物に舌鼓を打ちながら(すごく美味かった)、ずーあーさんがDSに移植されたボードゲームの紹介を聞く。プレイ画面を大モニターで見せながらの説明で『クニツィア博士の脳トレ』『スコットランドヤード』『カタン』『怒るハリネズミ』を紹介。

DSは持っておらず、動くゲーム画面は見たことがなかったので、『スコットランドヤード』のスピーディな展開や『カタン』の交渉のやり方など大いに感心する。『ドラクエ9』の誘惑を何とか退けたのに、また欲しくてたまらなくなってしまった。『怒るハリネズミ』はキャラはキモいわ、BGMはないわ、バグるわで大失敗というオチ。しかもここで辺りを見回すと、みんなゲームを始めてしまって、聞いていたのはたった4人だったというオチも笑えた。ほんとずーあーさんは、盛り上げるのが上手い(?)。

その後で3人ドメモ。ちょっとした仕草や考える時間も相手へのヒントになるため、同じメンバーで繰り返し遊ぶと面白さが上がるといういいゲームだ。終了時間まで何ゲーム遊んだか憶えていない。

初めての参加だったが、ずーあーさんのほかにも知り合いが何人かいて、新しい情報も仕入れられた。草場さんはトランプ遊びの本の広東語版を見せて下さり、新大陸の坂本さんはARGという新しい遊びを紹介して下さり、タナカマさんからはショップの新入荷情報を伺い、ふぁみ(イカンガー)さんからは衰えぬゲーム制作の情熱を感じた。自分が遊ぶだけではなく、外に向かって発信している人に、私は強いシンパシーを感じる。

知り合いがいたとはいえ、大部分は見知らぬ人ばかり。もしかしたら、ゲームマーケットよりも知り合いの比率は小さいかもしれない。マニアックな感じの人は少なく、女性も結構参加していた。それだけ普通に楽しむ人が増えていることだろう。ボードゲームの広がりを肌で感じることができて幸せだった。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください