書けた?(Haste Worte)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

知識量よりも勢いだ!

ゲーム内容はこちら。もともとは1997年にF.X.シュミットから発売されたが、その後2003年にシュピールツァイトから、2009年にフッフ&フレンズから再販されているという隠れたロングセラー。大賞作家のクラマーとキースリングが作ったコミュニケーションゲームということでも注目度が高い。

今回遊んだのはゲームストアバネストがテーブルゲームフェスティバルやゲームマーケットで販売したもので、問題カードやハンディキャップカードも全て日本語化されているスグレもの。通販サイトでは見つからないので、今も取り扱っているかどうかは不明(9月18日現在)。

正解不正解はみんなで決めるというのと、言葉が部分的にでもかぶったらダメというルールで盛り上がった。「ベネチアに関するもの」というお題で、ジョジョを出してきた秋水さん。ギアッチョはセーフだったが、後続は知っている人がいなくてNG。ほかに「野菜」でスイカはOKだがキノコ類は全部アウトだったり。かぶったらダメというルールでは、ひとつ発表されるたび「言われた!」「もうダメだ」という声が次々に上がる。もう明け方だったことも手伝って変な空気が渦巻いていた。

強気で飛ばした私が、ハンディキャップでもちょっとずつ加点して逃げ切り。頭が冴えていた(というか、このゲームが始まってから冴えてきた)。

ムード』などと同様、直訳でなく、ローカライズしたお題で日本語版が発売されたらいいのにと思う。都道府県名で、余裕と思っていたら「山」で全部消されてしまうとか。

Haste Worte
W.クラマー、M.キースリング作/シュピールツァイト
3〜8人用/12歳以上/45〜60分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください